fc2ブログ

世間の事 ~ハラハラドキドキ~

産まれたときから 波乱万丈、本質を知れば真実が見えてくる

 >  世間の事 >  世間の出来事 >  数分後には、あなたもこれで達人と呼ばれる・・・

数分後には、あなたもこれで達人と呼ばれる・・・




○   にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ 


🔵下の動画が、合気道の神様の指導風景ですが、この技が出来たら凄いと思いませんか。
塩田剛三の技の指導

この神技を数分で覚える

 いかがでしたか、今日は力のありそうなガタイの良いお弟子さん達も苦労しているこの技のコツを伝授しましょう。
両手の方が理解しやすいので、両手を掴まれた時の小手返しのやり方です。
合気道や古武術の指導を受けても出来なくて、その道で上手くなる事をあきらめた方も、まだまだ間に合う事でしょう。

従倒術の小手返し

相手に両手や両手首を掴まれた時
小手返し 両手① 慌てずに、掴まれた両手を相手の手首の外側から巻き込み、手のひらを相手の手の上に乗せます。

相手の手首か手の甲の上に乗せましたか
小手返し 両手② 相手の手の甲の上に乗せた時、相手の腕が伸びているのがベストですが、曲がっていても構いません。
ここから両手を下げて行く訳ですが、体の固い人は効き足を前に少し出して下さい。

相手の手首か手の甲の上に乗っていますか
小手返し 両手③ 相手の手の甲に乗せた手のひらが外れないようにして、両手を矢印の方向に伸ばすだけです。
素早く伸ばすと相手に与えるダメージがかなり大きくなるので、練習の時は必ずゆっくりと伸ばして下さい。
それでも充分効きます。

甲の上に乗せた手を下げます
小手返し 両手④ 自分の腕が真っ直ぐに伸びていなくても大丈夫です。
合気道と違って、従倒術は自分の両腕が伸びてなくても効きますし、その方が相手を思った方向に動かす事を可能にします。

これが一番大事、最も重要なポイント
小手返し 重要ポイント 自分の腕を下げる時、肘より前に力を入れてはいけません。
下げる時に相手の両腕を少し開くようなフェイントをちょっと掛けると、成功率が上がります。
但し、フェイントを掛けた手を戻してはいけません。
その時点で、技が解けてしまう可能性が高く成ります。
前に習い(まえならい)をイメージして下げると、力まずに自然に出来る事でしょう。

 この技が成功したあなたは、その日から達人と呼ばれるかも知れません。

sPhhWnWl1QI4HDgPmEwn1652681362-1652681414.gif
 どうでしたでしょうか。
これも従倒術の体重移動の一つです。


次回は、倒術知名度の低い理由等々。

注意 くれぐれも相手に怪我をさせないように、軽くゆっくり練習して下さい

 この無名の従倒術の動画を公開中です。

従倒術的体重移動のスウィングの解説動画の視聴、チャンネル登録も是非。


●質問がある、従倒術を覚えたい、指導を受けてみたい方はコメント欄まで。

* 申し訳もなく思いますが、まだ、こちらからの訪問は滞っています。



●この記事を引用する時は、記事のULRを引用元として明記してください。

世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 今日も ありがとう。
関連記事
これならできそう * by ひねくれくうみん
これなら物覚えの悪い私でもできそうです。
しかし、こうやって相手の手を外したら、すぐに逃げなくてはなりません。
わたしにとって、一瞬の技と逃げ足の速さはセットです。

技を知ると… * by 直感馬券師
 試してみたくなるのが「人の常」ですか? まずは友人に実験台になってもいらってテストしてみます(^^♪

ひねくれくうみん さんへ * by ゆうじ・K・ブリス
 この技だけでも使えるようになれば、他の技の習得も早くなります。
実戦でこの技を使って成功した時点で、相手は追いかけて来る事の出来ないくらいのダメージを負っていると思いますから、くうみんさんの走力なら、逃げる切ることは容易だと思います。

直感馬券師 さんへ * by ゆうじ・K・ブリス
 練習の時に絶対に気を付けなければならない事は、相手が痛がった時点で技を直ぐに解いてください。
初心者のやりがちなダメな事のトッ2は、痛がってるのに技をかけ続ける。
痛いのに我慢して抵抗をしてしまうです。

 お互いに慣れないうちは、掛けられた側は痛いときは大げさに痛がり、抵抗をしない。
掛ける側は、相手が痛がったらすぐにやめる。

 この条件を確認してから練習してください。

ゆうじ・K・ブリスさん * by Rei*
ゆうじ・K・ブリスさん
こんにちは♪

小手返しの技は動画で拝見するように、外側から返した相手の腕に、こちらの手のひらが乗る形になることで、相手の力を抑え込むことになる技なのですね。相手のかたも押される手のひらで重心が下がってしまいますね。

何気なく普段動かしている身体の関節も、肩・肘・膝・足首どれも従倒術の技に、大きな力を発揮することに驚きます(^o^)

Rei* さんへ * by ゆうじ・K・ブリス
 ありがとうございます。。
手の甲に乗せた手のひらに力が入り過ぎると、相手の力の反発が手のひらに来てしまうので気をつけないといけません。
相手の両腕に自分の全体重を均等に乗せるイメージですね。

 仰る通りです。
普段通りの動きこそ、最強の力を発揮すると言えます。👍 グッド!

No Subject * by ももPAPA
こんにちわ♪

動画を観ると私にもできそうです。
でもやはりかけられる人がいて、やってみて初めてわかるんでしょうね。
イメージとしては掴めたような気がします。

ももPAPA さんへ * by ゆうじ・K・ブリス
 こんにちは。

出来ると思います。
手品(マジック)だと思ってやれば、最初は上手くいかなくても慣れてくれば成功する確率が高くなると考えます。
直接指導できれば、殆どの方が上手く出来る様になると思います。

 失敗する方の殆ど、手のひらや腕に力を入れてしまう事です。

こんばんは * by ichan
これならできそうですが、相手がいないと
練習になりませんね。
一応、頭の中に入れておくことにします。

ichan さんへ * by ゆうじ・K・ブリス
 実際にやったことがないと、シャドウも合っているか判りませんもんね。
一人では、難しい事は否めません。
では、次回記事に一人で出来る練習方法を少し。

No Subject * by ミドリノマッキー
確かに分かりやすいです。
これで本当に効くのだろうかと思うほどでした。
誰かにやってみないと分かりませんね。
相手が痛がったらやめる。
中学生のころに教室でプロレスの技をかけ合って
遊んだことを思い出しました(^^♪

ミドリノマッキー さんへ * by ゆうじ・K・ブリス
 ありがとうございます。

 >これで本当に効くのだろうかと思う
 これが問題なんです。
掛けてる方は痛がっている相手が大げさと思って掛け続けてしまう例が多くあるのです。
相手が痛がったら直ぐにやめる
これが、もっとも大切です。

 プロレスごっこ、私も遊んでいました。(~~

コメント






管理者にだけ表示を許可する

これならできそう

これなら物覚えの悪い私でもできそうです。
しかし、こうやって相手の手を外したら、すぐに逃げなくてはなりません。
わたしにとって、一瞬の技と逃げ足の速さはセットです。
2022-05-17 * ひねくれくうみん [ 編集 ]

技を知ると…

 試してみたくなるのが「人の常」ですか? まずは友人に実験台になってもいらってテストしてみます(^^♪
2022-05-17 * 直感馬券師 [ 編集 ]

ひねくれくうみん さんへ

 この技だけでも使えるようになれば、他の技の習得も早くなります。
実戦でこの技を使って成功した時点で、相手は追いかけて来る事の出来ないくらいのダメージを負っていると思いますから、くうみんさんの走力なら、逃げる切ることは容易だと思います。
2022-05-17 * ゆうじ・K・ブリス [ 編集 ]

直感馬券師 さんへ

 練習の時に絶対に気を付けなければならない事は、相手が痛がった時点で技を直ぐに解いてください。
初心者のやりがちなダメな事のトッ2は、痛がってるのに技をかけ続ける。
痛いのに我慢して抵抗をしてしまうです。

 お互いに慣れないうちは、掛けられた側は痛いときは大げさに痛がり、抵抗をしない。
掛ける側は、相手が痛がったらすぐにやめる。

 この条件を確認してから練習してください。
2022-05-17 * ゆうじ・K・ブリス [ 編集 ]

ゆうじ・K・ブリスさん

ゆうじ・K・ブリスさん
こんにちは♪

小手返しの技は動画で拝見するように、外側から返した相手の腕に、こちらの手のひらが乗る形になることで、相手の力を抑え込むことになる技なのですね。相手のかたも押される手のひらで重心が下がってしまいますね。

何気なく普段動かしている身体の関節も、肩・肘・膝・足首どれも従倒術の技に、大きな力を発揮することに驚きます(^o^)
2022-05-17 * Rei* [ 編集 ]

Rei* さんへ

 ありがとうございます。。
手の甲に乗せた手のひらに力が入り過ぎると、相手の力の反発が手のひらに来てしまうので気をつけないといけません。
相手の両腕に自分の全体重を均等に乗せるイメージですね。

 仰る通りです。
普段通りの動きこそ、最強の力を発揮すると言えます。👍 グッド!
2022-05-17 * ゆうじ・K・ブリス [ 編集 ]

No Subject

こんにちわ♪

動画を観ると私にもできそうです。
でもやはりかけられる人がいて、やってみて初めてわかるんでしょうね。
イメージとしては掴めたような気がします。
2022-05-17 * ももPAPA [ 編集 ]

ももPAPA さんへ

 こんにちは。

出来ると思います。
手品(マジック)だと思ってやれば、最初は上手くいかなくても慣れてくれば成功する確率が高くなると考えます。
直接指導できれば、殆どの方が上手く出来る様になると思います。

 失敗する方の殆ど、手のひらや腕に力を入れてしまう事です。
2022-05-17 * ゆうじ・K・ブリス [ 編集 ]

こんばんは

これならできそうですが、相手がいないと
練習になりませんね。
一応、頭の中に入れておくことにします。
2022-05-17 * ichan [ 編集 ]

ichan さんへ

 実際にやったことがないと、シャドウも合っているか判りませんもんね。
一人では、難しい事は否めません。
では、次回記事に一人で出来る練習方法を少し。
2022-05-17 * ゆうじ・K・ブリス [ 編集 ]

No Subject

確かに分かりやすいです。
これで本当に効くのだろうかと思うほどでした。
誰かにやってみないと分かりませんね。
相手が痛がったらやめる。
中学生のころに教室でプロレスの技をかけ合って
遊んだことを思い出しました(^^♪
2022-05-19 * ミドリノマッキー [ 編集 ]

ミドリノマッキー さんへ

 ありがとうございます。

 >これで本当に効くのだろうかと思う
 これが問題なんです。
掛けてる方は痛がっている相手が大げさと思って掛け続けてしまう例が多くあるのです。
相手が痛がったら直ぐにやめる
これが、もっとも大切です。

 プロレスごっこ、私も遊んでいました。(~~
2022-05-19 * ゆうじ・K・ブリス [ 編集 ]