2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

② いとこの事

kage

2013/09/28 (Sat)

 【 行方不明 】

 私が6歳の頃の事です。
親戚の中で ちょっと強面の人がおりました。
いとこ達の中で一番年が上であった彼は、見た目がぐれた感じの人です。
近くに住んでいた彼は、たまに 私の家に来る事がありました。

 私は、家から出て 外で遊ぶ事が少なかった子供です。
その日も中庭で地面に絵を描き、ひとりで遊んでいました。
そこに、彼が やって来たのです。

 まだ、二十歳前なのに くわえタバコでやって来ました。
私は無意識に、彼にニコッと微笑みます。
彼は、玄関に続く登り階段で立ち止まり、微笑を 返してくれたのでした。
そして私を 手招きで 呼び寄せます。
 
 私が近づくと、二度三度、手の平に何かを差し出すそぶりをしました。
何かをくれるのかと期待した私は、手の平を 彼の前に差し出します。
すると、彼は口にくわえていたタバコを、火の付いたま手の平に置いたのでした。

 呆気にとられた私は、数秒間 そのまま 動けなかったのです。
激痛に耐え切れず 手を 何回も振りましたが、中指と薬指に貼りついた吸殻は なかなか取れませんでした。
このあと、一週間ほど指の痛みは 続きます。
彼は用が終わると、何事もなかったかのように 澄まして帰って行ったのでした。

 一時間ほどして 庭で痛みに堪えてうずくまっていた私を見つけた父は、やけどと知るや否や、水道の水で随分と長い間冷やし続けます。

 彼はこの後、家出をし、行方不明になりました。

 消息が判って、再び 彼と会ったのは、その日から 三十年近く経ってからの事です。
やや緊張気味に彼の元を尋ねた私が見たその姿に、その緊張はあっという間に消え去りました。
あれだけ強面(こわおもて)でイカツイ風貌が、微塵も無かったのです。
その生活環境や物腰に、悲哀さえ感じてなりませんでした。
どんな苦労とどんな生活をして来たのか解らないけれど、彼の祖父や祖母、そして自分の父親の死ですら知らずに生きてきた人生が、切なくも寂しく思えてきたのです。

 この時のヤケドの痕は、薄くはなっても未だに残っていて、この事が原因で、彼のその後が決まってしまったのかも知れないと考えると、更にやるせない気持ちになるのでした。
この痕を見るたびに その事が 甦るのです。

 次回は、三角ベース野球のことです。





人気ブログランキングへ
関連記事

この記事へのコメント

kage

タバコを手に置いたって事は押し付ける様に
置いたって事でしょうか?

6歳の子供にそんな事ができるなんて!
悪ふざけだと言えないですよね

家出して30年以上たった後に会えるなんて
ちょっとした奇跡だと思いましたよ

Posted at 10:30:09 2013/09/28 by みどり

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 14:14:22 2013/09/28 by

この記事へのコメント

kage

こんにちは、サンデーランチと申します。
先日は嫁のブログにコメントをありがとうございました。
ルドルフ君さんが男性だと気が付いたのは、プロフィールの写真が変わってからです。それまでず~っと女性だとばかりおもっていました。
手のひらのやけどは、さぞかし痛かったことでしょう。
嫁も生まれてから20歳になるまで病弱な子供でした。殆ど毎日病院通いは2年間。このおかげで今元気なんですが…
これからもよろしくお願いします。

Posted at 15:08:14 2013/09/28 by サンデーランチ

この記事へのコメント

kage

もしかしたら

るどるふ様が可愛いらしかったから?
好きな子にイジワルするみたいな。
るどるふ様の記事は怒っているようには
感じないのですが。むしろ、その方を
心配しているような気がしました。
失礼なこと言ってごめんなさい。

Posted at 18:02:31 2013/09/28 by TYPE MM04

この記事へのコメント

kage

みどり  さんへ

 押し付けてはいません。
火の付いたタバコを置いたのです。
火の付いた部分が中指と薬指に貼りついたんですね。

 彼の両親や親戚がずっと捜していました。。
私は30年近く後ですが、彼の家族には 結婚したと連絡があり、その何年か前から居場所は分っていたみたいです。

Posted at 23:02:13 2013/09/28 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

み*** さんへ

 子供だったので、渡された瞬間 ビックリして固まっちゃったのかもしれません。
ただ、“痛い”とか 声は 上げませんでした。 
なぜか、叫んじゃいけない気がしたんですね。
だから、私の親も 痛みを堪え うずくまっている私を見るまで 気が付かなかったんだと思います。

Posted at 23:15:19 2013/09/28 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

サンデーランチ さんへ

 そうですか。
女の人かと思いましたか。
年齢不詳というサイトはありますが、性別不詳というサイトはないので、意識して どちらか分らないように気をつけて書いていました。
ただ、るどるふくんと“くん”を付けていたので 、皆さん分るかなぁと思っていましたが、しっかり 思惑通りの反応して頂き嬉しいです。
ずっと、このまま行く予定でしたが、あるキッカケで 顔出しをしてしまいました。
女性と勘違いされた方、申し訳ありません。

サンデーランチさん 毎日病院通いとは さぞ大変だったでしょう。
元気になられて 良かったですね。
 こちらこそ。
また 伺います。

 

Posted at 23:47:36 2013/09/28 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

TYPE MM04  さんへ

 会った時、 あの時の話をし始めると、小さく笑いながら「覚えてないないんだよ。」と、話しを 遮られてしまいました。
親戚の何人かで行ったので、他の人や奥さんに聞かれたくなかったのか、思い出したくなかったのか・・・。

 ただ、あまりにも狭い安アパートで暮らしている姿を見て、失礼ながら、肩身の狭さから 実家に帰ることもなく、身内の死も知らず、苦労した可愛そうな人生だったのかも知れないと思ってしまいました。

 彼は もういません。

 家を出たのは 私とのあの事が原因なのか、今年 私の母とそのことを知る義伯母さんが 相次いで亡くなったので もう誰も知る者はいません。

Posted at 00:16:56 2013/09/29 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

記憶ってそういう事は鮮明に覚えているもんですよね。
その行為も、その後のいとこさんの行動もショックで不可解な出来事でしたね。
いとこさん何を思ってそんな事されたのか…
でも、その事が原因で行方知れずになったのではないような気がします。
なんとなく(⌒-⌒; ) 勝手な推測ですが。
気になりますね…

Posted at 07:11:23 2013/09/29 by きり

この記事へのコメント

kage

なんとなく、その方の日々の鬱屈が、そんな形で小さな従兄弟に向けられたのかもしれませんね。
何かで発散する器用さを持ち合わせていなかったのかも。
そんな、ちょっと嫌な思い出を、まったく感情を込めずに淡々と語る るどるふくんも、文章を書く私には興味深いです。
またおじゃましますね。

Posted at 09:52:40 2013/09/29 by lime

この記事へのコメント

kage

きり さんへ

この事の後、父が怒って伯母さんの家に文句を言いに行った事は、覚えています。
ひょっとしたら、彼の弟、妹がいるので 知っているかもしれませんが、
ただ、彼らも 昔一緒に遊んだ記憶が無いといっていたので 知らないかもしれません。
良い思い出ではないので、今更ぶり返して 聞く気はないのです。

 お気遣いありがとうございます。

Posted at 13:36:25 2013/09/29 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

lime  さんへ

 そうなのかもしれません。
最初からそうするつもりはなく 顔を見た時、とっさにやってしまった 無意識の行動ではないかと 思っています。
まぁ、昔の事を思い出しながら 記事にしているので、その時のリアルな感情が沸きあがってきていないからかも知れません。
 でなければ ただ単に、誇張表現が上手くないだけかもしれません。

Posted at 13:57:24 2013/09/29 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

こんにちは。

旅以外のお話もなかなか興味深いです。
勝手ながらリンクさせていただきました。

Posted at 14:03:02 2013/09/29 by 桃千佳

この記事へのコメント

kage

よ**** さんへ

 拍コメ ありがとうございます。
また、長男さんの絵もちょくちょく載せてください。

Posted at 14:08:34 2013/09/29 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

桃千佳  さんへ

 ありがとうございます。
勉強 はかどっていますか?。
あまちゃん 終わっちゃいました。
北のあまではないけれど、あまさん観れてよかったですね。
私も、リアルで観てみたいものです。

Posted at 14:25:10 2013/09/29 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 22:48:06 2013/09/29 by

この記事へのコメント

kage

こんばんは。

僕の場合は親戚でなく同級生でした。
ただ彼は他の者にはきつかったのですが
僕にだけは優しかったです。

僕が彼の家の前を通ったら微笑んであげて頷いていたのが
彼にとっては心地よかったのかもしれません。

彼はお決まりどうり任侠の世界へ入り
遥か昔に抗争で殺害されたと聞きました。

この記事とは何の関係もないのですが
ぐれた感じという言葉から思い出してしまいました。

その友人の名は藤村正行、寂しい人生だったのだろうな~

Posted at 02:15:14 2013/09/30 by 孝ちゃんのパパ

この記事へのコメント

kage

ううー

そんな怖いことを小さい子に。一体何を考えていたんでしょう、または何も考えていなかったのか…。お父上がお怒りだったのももっともですよ。
未遂ですが、脅されたことがあるので他人事とは思えませんでした。
きっと、出ていったこととの関連はないでしょうけれど、印象付けたかったのかなあ…。

Posted at 07:02:43 2013/09/30 by momo

この記事へのコメント

kage

お** さんへ

 思ったより 早かったですね。
後ほど訪問いたします。

Posted at 09:29:24 2013/09/30 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

龍ちゃんです。  さんへ

 拍コメありがとうございます。
昔、出願しようと問い合わせた事があります。
費用が15万円程かかりますと言われ、当時 お金のなかった私は、断念しました。
後に、そのアイデアと似た商品が 何年かあとに出たときは、ややショックを受けました。

Posted at 09:43:17 2013/09/30 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

孝ちゃんのパパ  さんへ

 キッカケひとつで人生変わっていたかもしれません。
私もその道の幹部方と知り合いが何人かいました。
堅気の人生を歩む事のすばらしさを 諭された事があります。
その方の人生は、どうだったのでしょう。
孝ちゃんのパパ さんも いろいろ事件や事故に遭遇されているようで、このシリーズの後の記事が そういった関係の事なので、孝ちゃんのパパ さんの遭遇に比べると、記事にするか ちょっと躊躇してます。
それより、その人の名前出し 良かったんですか?。

Posted at 10:02:46 2013/09/30 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

momo  さんへ

 なにも考えていなかったんだと思います。
その時の私よりは一回り程上でしたが、今の私から見ればまだまだ子供の年齢です。
今時の若者の馬鹿さ加減の行動を見れば、似たようなものだったのかも知れません。

 momo さんは、怖い経験をなされたんですね。
ご無事でなによりです。

 関連があったかどうかは分りませんが、キッカケのひとつにはなっていたと 考えています。

Posted at 10:22:00 2013/09/30 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

こんばんは。

先日は、コメントありがとうございました!

ヒッチハイクの記事あたりから、興味深く拝見させて頂いています!
次回は、三角ベースですか~。
どんなコトと綴ってくれるのか、楽しみです!

Posted at 23:02:01 2013/09/30 by マヤリモ

この記事へのコメント

kage

マヤリモ さんへ

 毎日帰ってくるのが 楽しくてしょうがなくなりますね。
バンバン可愛がってあげてください。
15年後には、小生意気になってしまうかもしれませんけれど。v-410

Posted at 07:19:32 2013/10/01 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック