2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

【昭和世代には考えられない友人関係】

kage

2017/06/20 (Tue)

 【新しい友人関係】
 
 昔から友人関係と言えば、親友に始まり、飲み友、釣り友等々いっぱいありました。
しかし、男女間の友達関係に於いては、危険が伴う可能性を秘めている事に間違いはありません。

 最近の出来事として、ベッキーさん、中村橋之助、田中哲治さん、小出恵介さん等多くの有名芸能人の方々がいろいろと世間を騒がしているようですが、これらを未だに浮気とか不倫とか呼ぶのが正しいのか疑問になるような友達関係が存在する世の中になって来ているようです。

 桂春団治じゃありませんがそういった事が芸の肥やしになっているのも否めないかも知れませんが、事最近では殆ど一緒くたに不倫や浮気で片づけられています。

 昭和後期になって流行り、これらを正当化するような友人関係が色々生まれました。
例えば、セフレという友人関係です。
この関係は、浮気でもなく不倫でもない肉体関係を持つ友達と認識されました。
はたして、この友人達は、不適切な関係と呼ぶのでしようか。

 それでは、多くの昭和世代の人達にとって、全く理解に苦しむ友人関係を紹介しましよう。
セフレよりは柔らかい意味合いを持つを友人関係です。

 ① ソフレ
 ② キスフレ
 ③ カモフレ
 ④ サンフレ

 ビリフレ等々…

幾つお分かりになりますか。


 は、添い寝をするまでの友人関係を言います。
添い寝フレンドの事で、性的な関係を持たない友達の事。
もちろん同性同士だけでなく、男女間でもアリですね。

 公然とこの関係を肯定しているインスタグラム投稿でトップを走るお笑いタレントの渡辺直美さんは、お笑い芸人の吉村崇(平成ノブシコブシ)さんとのお泊りなどを告白していますが、批判されたことは聞き及びません。


  軽いキスなら許し合う関係です。
これも、男女間だけでなく同性同士もアリ。

 まぁ、ヨーロッパやアメリカなどの国々では当たり前の光景なので違和感は少ないですが、不思議な事に、日本人同士だと〝やめろよ!”と、つい言いたくなるように見えてしまうのは何故でしようか・・・。


  それほど好きな関係でもない者同士が、一人で過ごしたくない時に恋人のように振る舞う関係で一日を楽しむ友達の事。
要するに、カモフラージュされた友達関係の事で、〝カモフラージュフレンド”の略称です。


  一方的に自分が惚れられている相手を、ぞんざいに扱う事で満足する友人関係。
ボクシングや格闘技の練習に使うサンドバッグのような存在。
要するに暴言や暴力を振るっても許される友達関係で、サンドバックフレンドの略称です。

 自分は想ってもいないけれど、、相手は自分に惚れてしまっている為、お嬢様かお姫様、ご主人様か王子様のように扱ってくれる友人の事。
傍目からは、単なる下僕にしか見えていないでしょうが・・・。



*参考記事
ソフレ、キスフレ、カモフレ……新しい恋愛のカタチ?


 追記
相手が、その状態で満足しなくなった時の事を考えていない、危険をはらんだ友達関係と言えるかもしれません。





にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ


世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 


関連記事

この記事へのコメント

kage

セフレは知ってましたが
①~④は
どれも さっぱりわかりませんでした(●>ω<●)i-201

もはや すっかり時代についてけてないなと
ちょっと しょんぼりです(〃 ̄ω ̄〃ゞ

Posted at 13:48:01 2017/06/21 by みけ

この記事へのコメント

kage

 いろいろな友達の形があるものだと思いましたが、サンフレって友達なのかな?
 おっしゃるとおり、あまり人を馬鹿にしていると、とんでもないことになるかも…

Posted at 17:15:57 2017/06/22 by ひねくれくうみん

この記事へのコメント

kage

みけ  さんへ

 お忙しい中の訪問コメント、ありがとうございます。
理解に苦しむ現象ではありますが、我々の時代との教育や生活環境の違いせいで考え方が変わってしまったのでしようね。

 時代の考え方のギャップではなく、言葉や肉体的に戒められなくなった分、なんでもかんでも規則規則と窮屈な事を言われ続けて来た人たちの安らぎ方が変わってきたのかも知れません。

 (・_・)……ン? 

 (*・ω・)oO(理解不能…)

Posted at 18:26:40 2017/06/22 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

ひねくれくうみん  さんへ

 いつもコメント、ありがとうございます。
九州旅行など、相も変わらない歯に着せぬ記事は 感心しきり。

 まるで、リアルで軽快な〝くうみん物語”!
何故か、(((o(^。^")o)))ワクワク

 この友達現象が、怖い面を秘めているのは間違いないでしょうね。
それにしても、これら男たちの草食化は深刻なようです。

Posted at 18:39:01 2017/06/22 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

るどるふくんさん、こんにちは^^

どれも初めて聞きました~。
①や②は、草食男子が増えているからなのでしょうか?
危険をはらむ関係でもあるし、誤解もされそうですね。
よくは分かりませんが、最近の若い人たちって、何だか他人に立ち入らないところがあるので、そういうところと関係しているのかな、という気がしなくもありません。
つまり、傷ついたり嫌な思いをしたり、面倒な思いをしたくないから恋人にはならないけれど、でもどこかに寂しさがあって、誰かにそばにいて欲しいという気持があって、こういう友人関係として済ませるのかもしれない、ということなのですが・・・。
それにしても、④はひどいですね^^;

Posted at 22:43:27 2017/06/23 by Ariane

この記事へのコメント

kage

Ariane  さんへ

 訪問コメント、いつもありがとうございます。

 ①や②は、仰る通りかも知れませんね。
ひょっとしたら、草食というか、相手を異性としてみていないのかも。
多くの私たち世代の感覚ならば、相手に対して失礼とも取れる行為にしか見えませんが。

 ④は、典型的な一人っ子時代の弊害かも知れません。

Posted at 09:23:22 2017/06/24 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

ヤバいかも!

8/14の記事『暗闇の世界への誘い』を読んで……。

この症状は、(((ʘ ʘ;)))ちょっと、ヤバいです。
網膜中心動脈閉塞の疑い、あると思います。
一過性で改善したとのことですが、
早急に眼科へ!
繰り返すうちに、最悪、失明の恐れあります。(´-﹏-`;)

コメント欄、閉じてるみたいなので、
このページにかきました。(*^▽^*)

Posted at 08:03:05 2017/08/17 by 風子

この記事へのコメント

kage

風子 さんへ

 訪問コメント、ありがとうございます。
網膜中心動脈閉塞を検索しました。
本当に繰り返すとヤバイ病気のようですね。
再び同じ症状が出たなら、病院へ行くことにします。

 お気遣い、ありがとうございました。

Posted at 16:30:19 2017/08/19 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック