2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

日本人は、歴史的事実を簡単に忘れる

kage

2016/06/25 (Sat)

 【 選挙が多すぎる原因とは 】

 参議院選挙が始まりました。
それが終わるや否や、東京は都知事選も行われます。
日本は、何故こんなにも頻繁に選挙をすようになったのでしようか。

 1985年3月にソビエト連邦共産党書記長に就任したミハイル・ゴルバチョフは、経済が不測の事態に陥っている原因である共産主義の閉鎖的だった政治家や国民の考えを改めるべく、ペレストロイカとグラスノスチを行い、ヨーロッパや敵対するアメリカの民主主義を支持するという大改革を成し遂げました。

 これに影響を受けた東ドイツは急激に民主化運動が始まり、1989年11月9日にドイツを分断させていた壁を反共産主義、反社会主義の民衆が粉砕する事件が起こります。
これこそが、ベルリンの壁崩壊と呼ばれる歴史的出来事でした。

ソ連からの独立宣言国 反共産反社会主義の波はソ連に取り込まれていたリトアニアが1990年3月に独立宣言すると、共産主義や社会主義国は、次々と崩壊していきます。

ソ連の崩壊を宣言 そして、共産社会主義のトップでリーダーでもあったソ連は1991年12月25日のクリスマスの日に崩壊しました。
これを期に、各国の共産党や社会党は激減して行くのです。


 日本でも社会主義はただの理想非現実主義、共産主義はそれを実現させるための恐怖体制の源として認識されて行きました
自民党に次ぐ政党であった社会党は分裂縮小し、共産党はソ連や中国の共産主義とは一線を画すものとして違いを示すのに躍起になります。
口をつぐみ、政治運動がおとなしくなった共産主義の共産党は崩壊するであろうとまで言わしめる事態に成りました。
多くの国民がこの事を支持し、メディアや評論家の中には共産党の消滅を予測する人たちまで現れたのです。

 しかし、現在のマスメデイァにその時の有名評論家達が登場することは無くなりました。
日本では、共産主義が悪であることを正面切って言う人がいなくなり、過激な活動が再開しつつあるのはどうしてでしようか。
ソ連崩壊や共産主義国が次々と滅びていった理由や真実を全く知らない国民が増えたせいでしようか。

 民進党や共産党などの野党が、総理をを辞めさせることだけに躍起になって、日本はどうあるべきであるという政策を示さないのは、なんら解決策を持っていないからで他ならないでしよう。
それは、ただ単に、日本を混乱に貶めるだけの行為としか思えません。

 A案よりもB案というものがあるからA案は止めてもらいましよう。
B案がないままに、A案を止めさせてはいけません。
Aを引き摺り落としてからBを探すやり方程愚かなものはないのです。

 Aである舛添辞任要求にしても、彼よりも優秀なBがいるから、問題を起こしたAには辞めてもらいましようが正論。
猪瀬さんを辞めさせてから、代わりの舛添さんを選んだやり方を繰り返していることに気付かなければ、こんなことが永遠に続き、何十年経とうが政治が良くなることは有り得ないでしよう。

 与野党問わず、何かあれば選挙に訴える政治家ほど能力のない者であることは間違いありません。
いちいち国民の指示を仰がなくても解決していくのが国民の代表者であるべきであり、国民に真偽を問うという聞こえはいいセリフを盾に、自分らの統率能力のなさと国の行く末を国民に押し付けるのは止めていただきたいものです。

 政治家は、どんなやり方をしようが国民に平和と利益をもたらすのが使命と認識できず、その時の行き当たりばったりの出来事に自分たちに対する利益をもたらしてくれている人かどうかを考えていない、道徳心よりもモラルを優先するモラルモンスターが多くなってきているせいなのかも知れません。





にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
 


世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 

関連記事

この記事へのコメント

kage

こんにちは。
うっとおしい季節ですが
お元気にされてますでしょうか(´w`*)
我が家にも 
このあいだ選挙の黄色い封筒が届きましたe-446

るどるふくん(さん)の
「B案がないままに、A案を止めさせてはいけません。
Aを引き摺り落としてからBを探すやり方程愚かなものはないのです」
という件。
e-451 読みながら全くその通りだなと
思わず頷いてしまいました。

Posted at 15:11:38 2016/06/28 by みけ

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

コメント、ありがとうございます。
そうですね。
じめじめ曇天の空を見上げれば、うっとうしくもなりますね。

 物事の本質というかか、事の順番が違います。
相手をひきずりし下ろそうとするばかりで、自分だったらこうするんだと言う主張や政治目的がはっきりしません。


Posted at 22:30:24 2016/06/28 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック