2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

え~っと、誰だったけ、・・・あっ、思い出した

kage

2016/02/03 (Wed)

 【 とんだ失礼を・・・ 】

 度忘れすることって、ありますよね。
特に、人の名前を。
忘れてしまったからと言って、人に迷惑をかけたりしなければ、別に問題はありません。
しかし、本人を目の前にして間違うことはいけませんね。
間違われた本人がどれだけ傷つくか、考えも及びません。

次回の話は 歴史的凶悪事件と・・・  です。
内海好江 前を歩いていた大柄な女性たちが、ビューティーペアの二人かどうか、顔を確認しようとしていた時だったからでしょうか。
突然前からやって来た、十数年来、私がファンになっていた有名人の登場に焦ってしまったのでしょうか。
彼女が一人で歩いていたのなら、握手やサインを求めていたかもしれません。

 ビューティーペアの二人は、今、世界的に有名になっているASUKAこと華名さんの数倍の人気を誇った女子プロレスラーでした。
そんな二人だったら、もちろん、握手を求めるでしよう。
しかし、そんなタイミングで、女性漫才師として最も好んでいた彼女が現われたのです。
優先順位が替わってしまったのかも知れません。
ところが、度忘れをしてしまったのでした。
友人の問いかけに、すぐさま答えられないどころか、名前を思い出さない不始末。  


 彼女は、私達の目前に迫った瞬間、私たちが見つめる眼差しに応えるように、ニコッと微笑んでくれたのです。
私たちの前に近づくにつれて歩みを遅くしてくれていたのでしよう。
連れの男性が、突然歩みの遅くなった彼女に、気付いたようでした。
彼女は、『何でもないわよ』と言っているような手振りをします。

 声を掛けたそうにしている素振りが判ったのでしよう。
私の顔をちらりと見て、顔を赤らめながら通り過ぎてしまいました。
その瞬間、彼女の名前を思い出します。
そして、友人に教えたのです。

 『思い出した、庄司敏江さんだ!』
思わず、大きな声を発してしまいました。

 やはり、彼女は私達を気にしていてくれたのでしよう。
私のその言葉を聞いた途端、その言葉に反応し、右肩を大げさにガクッと落とし、コケる真似をしたのです。

 それを見た私は、
『あっ、間違っちゃったんだ』
と、気付きます。

 びっくりしたのは、彼女の連れの男性でした。
本当にコケかけたと思ったのでしよう。
肩に手をやり、気遣う様を目にします。

 そして彼女は、こちらをチラ見し、うつむき加減になりながら、去っていくのでした。
絶好の遭遇のチャンスに、ファンとは呼べそうもない大失態をやらかしてしまった訳です。

ビューティーペア それだけでは、ありません。
反対側にいたはずの女子プロレスラーらしき二人も、見失ってしまいました。
はたして、ビューティーペアの二人だったのか。
確かめることは出来なかったのです。

小堺一樹 それからだいぶ経った頃、人気テレビ番組に彼女がゲストで登場しました。
残念ながら、今年3月一杯で終わってしまう小堺一樹さんのお昼の番組です。
この番組の中で、彼女の話したエピソード。
それは、まさしく、私と彼女が出会ったあの浅草での出来事そのものでした。
全く同じ経験を他でしていない限り、この出来事であるに間違いはないでしよう。

 そして、この番組に出演したほんの数年後に、天の国へと彼女は召されてしまったのです。 



 さて、次回の有名人は・・・。

有名人とのエピソードは、しばらく後に・・・。
そして次回は、事件や事故との遭遇話を。
浅草橋襲撃同時多発テロ事件や、蔵前橋交差点首なし事故、四ツ目通り夢の中のおじさん登場事故等、大きな出来事に遭遇してしまっている私ですが、これらよりも更に大きな事件に遭遇した話を。

 さて、次回の遭遇話は、
  歴史的凶悪事件と…した事です。




にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
 

世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 
関連記事

この記事へのコメント

kage

No title

人の名前が出て来ない事が
最近増えてきて
ダンナと競争しながら思い出し合ってる私です(^^ゞ

内海桂子さん
そういえば よく小堺さんの番組でお見かけしてました。
まさかあの番組の中で
るどるふくん(さん)のこのお話をされてたとは…
この番組は 以前良く観てたので
もしかしたら 実際テレビでお話された時
リアルタイムで観てたかもしれないなぁ…
なんて この記事を読みながら
思ってしまいました(●´ω`●)

Posted at 15:41:21 2016/02/04 by みけ

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

 物忘れは痴呆の始まりと言われてきましたが、思い出さないのとやろうとしたこと自体を忘れるのとは健忘の意味や症状が違うようです。
物や言葉を思い出さないのは、知識の蓄積のせいと解ってきたようですね。

 三味線漫才師の内海好江さんです。
何気なく見ていた小堺さんの番組で、この時の話をされていました。
彼女は超有名人ですので、私以外でも似たようなことがあった可能性もありますが・・・。

 私からこの話を聞いていた人たちは、私のことに間違いないと言っていますが。

 ( ^ω^ )

 この番組の動画があればと探しましたが、見つかりませんでした。
みけさんが御覧になっていて、その内容まで覚えていらしたのなら、物凄いワンダーな縁を感じていたかもしれません。

  (^○^)

Posted at 00:56:56 2016/02/05 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

こんにちは

とってもとってもお忙しい師匠が
るどるふくんさんのことを、覚えていらっしゃって
テレビでエピソードを披露して下さるなんて
すごいことですね!!
小堺さんの番組が無くなってしまうなんて
とっても淋しいです。

Posted at 11:26:51 2016/02/05 by すももどーる

この記事へのコメント

kage

すももどーる さんへ

 普通、芸能人の方等、人の名前を間違える時は一瞬のうちに終わる出来事ですが、この時の間違いは、お互いに数十メートル前か眼が合い、なんとなく意識してしまったために起こったことで、どちら側からしても笑えてちょっと恥ずかしい思い出となったと思います。

 やはり、彼女顔が赤らんだことからも、印象に残っていたんだと思います。

 そうですね~、残念です。
せめて、あと5年間くらいは続けて欲しかったですね。

Posted at 02:44:08 2016/02/06 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

ミサイル発射

どうなっちゃうんでしょうね~心配です。

Posted at 17:07:56 2016/02/07 by もも

この記事へのコメント

kage

もも さんへ

 今問題の政治の問題ですね。
北朝鮮やイスラム国の問題は、世界の指導者たちと世界の人達が、きれいごと優先になってしまった結果でしょうね。

 使うことも出来ないお飾りの核兵器を何百発持っていようか、彼らは怖くもなんともありません。
絶対に攻撃してこないという確信の基のミサイル実験と言えます。
以前の記事に書きましたが、日本にもアメリカにも、飛んでくるミサイルを100%落とせる技術がない事を彼らは知っているので怖くありませんし、その正確さを調べる為の実験ともいえるのです。

 アンドレ・ザ・ジャイアントでもブロック・レスナーでも、バッキャオでも、こちらがいくら挑発しても攻撃してこない事が判っている以上、全く効き目はありません。
また、経済制裁が効き目のないことを未だに理解していない世界中の指導者や専門家が愚かすぎますね。

 彼らは、チャンスさえあれば必ず核兵器を持つし、攻撃も仕掛けてくるでしようね。
破壊兵器使用せず民間人の巻き添えもせずに、平和を勝ち取った戦いは、世界に一つたりとも存在しません。

 夢物語満載の世界の人達は、夢から覚める努力をするしかないでしょうね。

真面目に答えてしまいました。 w( ̄Ω ̄;)ゞ

Posted at 01:39:58 2016/02/08 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 14:58:51 2016/02/08 by

この記事へのコメント

kage

**** さんへ

とんでもありません。
わざわざ、ありがとうございます。

 記事内に一言も名前を書いていない為、多くの方が間違えておられるかもしれません。

 ( ̄Ω ̄;)ゞ

Posted at 00:05:27 2016/02/09 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

意見を聞いて

デスノートがいりますねっ!

Posted at 15:05:03 2016/02/09 by もも

この記事へのコメント

kage

もも さんへ

 死んだ後の地獄行きが無ければ、最強で最高の武器と言えますね。

もし存在したら、
世界中の国で争奪戦が始まり、第三世界大戦になるかも。

(。-`ω´-)ンー.結局戦争に ...、d(- ∀-*)。o○な~んてネッ☆

Posted at 00:55:52 2016/02/10 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 18:36:53 2016/02/14 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック