2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

詰め込みと、いじめと、ゆとりと共産思想

kage

2015/10/10 (Sat)

 【 詰め込み世代のノーベル賞連続受賞が始まった 】

・2002年 田中 耕一(たなか こういち) 1959年(昭和34年)8月3日生 化学賞
 |      |         |
・2012年 山中 伸弥(やまなか しんや) 1962年9月4日 ノーベル生理学・医学賞
・2014年 赤﨑 勇(あかさき いさむ) 1929年1月30日生 物理学賞
・2014年 天野 浩(あまの ひろし) 1960年9月11日生 物理学賞
・2014年 中村 修二(なかむら しゅうじ) 1954年 5月22日生 物理学賞
・2015年 梶田 隆章(かじた たかあき) 1959年3月9日生 物理学賞
・2015年 大村 智(おおむら さとし) 1935年7月12日生 ノーベル生理学・医学賞
* 敬称略


 【 ノーベル賞受賞者からみる自殺といじめと共産思想の検証 】
 
 1949年の湯川博士の受賞以降、1999年までのノーベル賞受賞者は50年間でたった8人でしたが、2000年以降のノーベル賞受賞者が、僅か16年間でなんと16人にもなりました。
それは、どうしてなのでしょうか。

 しかし、この連続受賞も後10年持たないかも知れません。
それは、詰め込み教育世代から次の世代へと移行するからです。


 1958年、GHQの指導の下の戦後教育と呼ばれた新教育が終わります。
この年に、日本古来の躾(しつけ)等を重視した道徳教育が生まれました。

 世界の先進諸国に遅れをとっていた日本は、科学教育を重視する「学習指導要領」が生まれます。
アメリカ統治の植民地教育のような戦後教育を止め、今までの付属的参考程度の教えから、強制力のある教育制度になりました。

 十年後の1968年になると、科学や化学、物理等を中心にしたカリキュラムが導入されます。
この分野(科学、化学、物理、数学)では、質も量も覚えなければ成らない事が圧倒的に増えて行く事になるのでした。
1992年の教育改革に至るまでこの教えは続きます。
1984年に、アメリカ式大学入学システムを目指した当時の中曽根康弘首相の主導で公布された臨時教育審議会設置法でしたが、日教組や詰め込み教育を好く思わない人達によって出来てしまった1992年のこの改革で、詰め込み教育は終焉の道をたどる事になるのでした。

 ちょうどこの詰め込み教育を受けた人達が、1946年生まれから1986年生まれになります。
そして、この詰め込み教育を大きく受けた世代は1955年生まれから1972年生まれと云う事になるでしょう。
更に、この教育を最大に受けた世代が1959年生まれから1962年生まれなのです。

 2002年、週五日制や教育内容を三割削減し、総合的学習の時間等が新設され、多くの子供達を常識知らずとか無知と揶揄(やゆ)されるゆとり教育が始まりました。

 最大に詰め込み教育を受けた時の一部の教科書の厚みが、ゆとり教育世代の教科書の5倍近くあった事は、語り草となりそうです。

 詰め込み教育によって、勉強についていけない児童・生徒が増加し、それらの生徒達を馬鹿にするなどのいじめが横行したり、馬鹿にされたりいじめられた生徒達が校内暴力などを起こす事件が多発した事により、詰め込み教育の弊害とされてしまいました。

 実際は、マスメディアを中心とした共産思想の人達が、子供なのに遊ぶ時間も惜しんでいる姿が子供らしくないし可哀相だと宣伝します
落ちこぼれとされる子供達をけしかける番組作りや、勉強一筋の子供をガリ勉と揶揄して馬鹿にする番組作りをして行きました。
子供達が好く観るテレビマンガや特撮物の子供向け番組なども、勉強する子が悪で遊びまわる子供が善のような番組ばかりになって行きます。

 実際の学校生活においては、勉強が好きな子供や運動が苦手な子供の方がいじめられていると言う真逆の事が起こっていました。
先生までが、休み時間に教科書などを開いている生徒達を「子供らしくない」と批判や注意をする人が増えていったのです。
当時の大人たちの印象がこれらのメディアなどの影響に侵され、政府の教育の考え方まで変えさせてしまいました。
 
 そして、子供達の自殺者は、勉強の出来る子供達のほうが多かったのです。
しかし、本質と事実を確かめない教育者と呼ばれる人達は、真逆の対処をして行き、ゆとり教育を生み出すのでした。


 その証拠とも言えるように、増え続ける子供達の自殺する割合が増えている原因の本質を探る有識者と呼ばれる人を、未だに見かける事はありません。
入試などの学業の不審の悩みを、そのまま勉強のし過ぎと捉えているのです。
世の中の教育が、勉強をしない生活を推奨させられていたのに、実際は、入試が迫ると成績が上がらない為の勉強中心の生活をするしかないギャップを恨み、なかなか成績の上がらない自分にジレンマを感じている子供達が多い事を解っていません。

 遺書等による自殺のきっかけを学業不振が原因と、本質を知らずして、未だに勉強時間だけを減らす事を提言する教育者が多い事に、情けなさを感じてやみません。


クリックで拡大します。
日経デジタル2014/12/2 6:30参考画像
10代の自殺者推移
  自殺者の推移をご覧ください。
詰め込み教育が始まると自殺者が減り、詰め込み教育が終わると自殺者が増えているのです。

 この表で確認するほど、日本人の殆どが共産思想に洗脳されてしまった悲惨な結果となってしまっている事が判断出来ます。

 日本人の世界に誇る学者を生み出す方法や子供の自殺者を減らす最大の得策は、まさしく詰め込み教育の復活と言えるでしょう。  



下のバナーをクリックすると
現在のランキングが分かります。
そして、私が感謝します。







にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 

関連記事

この記事へのコメント

kage

こんにちは

このたびの大村先生と、梶田先生のダブル受賞は
素晴らしいな~!!と思いました。
お二人の気取らない謙虚なお人柄に
感激しました。
私が子供の頃は、東大受験に失敗したことで
毎年、自殺者が出てしまっていましたが
どの場所であっても
コツコツと、まじめに学問に取り組めば
研究の道が開けることを
国も応援していただけるといいなと思います。


Posted at 12:05:21 2015/10/10 by すももどーる

この記事へのコメント

kage

No title

またまたざーっと記事を読ませていただいての感想でスミマセン★
そうですね。。
「ゆとり教育」教育の上では「みんな平等」とかで運動会のかけっこにも順位を付けないとかいう「笑っちゃう制度」もその一環だったのでしょうか。。??
世の中に出れば、様々な事で生き抜いて行かなければならないのに、いきなり社会で「出来ない自分」に行き会った場合、どのように対処して良いのか戸惑うばかりでしょうね。。
大人になったんだから、自分で責任を取りなさい!って言う事でしょうが、こういうのは子供の頃から「練習」しておく必要性がありますね。
それに、勉強が出来る子、運動が出来る子と相対的な能力を示してあげた方が、その子の将来への指針になるでしょうね、ましてや現代みたいに価値観の相対性が幅を利かせている世の中ではですね。。

今の職場でも、「教え育てる」とい姿勢は皆無ですね。
どうかしたら自分のテリトリーを犯されるのがイヤでワザと仕事を教えなかったり。。とかは何処の世界でも「日常茶飯事」でしょうね。。
これは、会社の為にならないばかりか、日本の経済衰退にもつながるし、脱落館を感じさせられた人間を社会から放逐してしまう。。という恐ろしい事にもつながりかねません。

心を強く持つ教育や躾、そしてイケナイ事はイケナイという重要な価値観の教えをしないと、日本国民総精神病化になりかねないでしょうね。。
精神疾患車の割合がここ10年程で3倍にもふくれあがって来ているのは、人間性の成長を育む教育をしていないセイだと考えて居ります。
どんなに能力がなくとも、「なにをやっても自力で遣るんだ!」っていう物を昔の人間は持っていたでしょう。
そういう人間をきちんと育てる事が大事だと思うんですよ、
モチ、その延長線上にノーベル賞とかなんとか素晴らしい人材の成長もあるんでしょうけどね。

Posted at 23:17:24 2015/10/10 by ぺるしゃ

この記事へのコメント

kage

すももどーる さんへ

 コメント、いつもありがとうございます。

 ノーベル賞、日本の受賞者が多い事に海外も驚いているという報道が増えています。
戦後教育に於いて、世界に対して最も詰め込み教育がなされた効果が証明されていると言っても
良いでしょうね。

 短絡的に自殺者の動機を考えれば、有識者や専門家の指摘通の原因となります。
しかし、そのプロセスにを追求する事によって、真実が見えてくると考えます。

 仰るとおりなのですが、その経緯を知らなければこれからの教育水準が落ちて行くし、今現在の国は、援助をする場所を間違えてしまっている現状と言えるのです。

Posted at 01:44:58 2015/10/11 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

ぺるしゃ さんへ

 いつも、コメントをありがとうございます。
知識や技術を習得する事は、多ければ多いほど良いのは当たり前と言えます。

 “知らない”は、“恥ずかしい”にも匹敵する場合も出てくる事も多々あります。
日本における教育課程において、共産思想が功であったことは皆無かも知れません。
未だに混乱を招き、日本人を低レベル化していると言えるでしょう。

 世の中が、恐ろしいほどの競争社会である事を知らないまま、友達ごっこ教育で育てられた人は理想を語り続け、学校の低レベルの教育では、世間についていけなくなり10代以上の20代の自殺と云う安易な方法を選んでしまうと考えられます。

 100個(100%)の詰め込み教育受けて落ちこぼれてしまった、赤点30点(30%)の人達の知識は30個です
 100個(100%)のゆとり教育で20%しか習わなかった、100点という満点の成績の子の知識は20個だけしかないと云う現実を理解しない教育者が多い事に、現代の子供達の不幸を嘆きたくもなりますね。

Posted at 02:14:37 2015/10/11 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

No title

立て続けにノーベル賞のうれしいニュース。
何よりですe-446e-420
最初は おおーーと言う驚きでしたが
最近は え!また!という驚きに変わってきてます(^^ゞ

詰め込み教育のお話。
どんどん読み進めていくと
なんと e-451自分がストライクゾーンになる事が判明!
あ、年がわかっちゃいますね(笑)

Posted at 16:10:06 2015/10/11 by みけ

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

 いつも、コメントありがとうございます。
世界でも、圧倒的に受賞人数が増えている日本人。

 もの凄い事なのですが、立て続けに受賞者が出ると、今までに受賞した人の名前を忘れてしまいまいそうなくらい慣れてしまいます。
あの田中さんの受賞から、詰め込み世代が次々と受賞し始めました。

 えっ、ストライクゾーンなんですか?。
きっと、ど真ん中ではなくて、フォークボール(後半)なんでしょうね。

 どちらにしても、40歳を過ぎてしまえば、ひと回り差までは同年代と言っても良いでしよう。(^∀^)

Posted at 01:23:23 2015/10/12 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

No title

おはようございます。

そして初めまして!

わかるような気がします。
今は 目上の人を敬うという事はほとんで無くなってしまったような気がします。
先生も両親も皆 友達。
褒めて育てられて社会に出た時とのギャップが大きすぎて会社には行けない。
結果大人になっての気持ちの病気 引きこもりが発生してしまいます。

風邪などもそうですが 大事にしすぎて抗生物質で 早く辛さから解放させて 免疫力を養わない。結果風邪をひきやすくしてしまう。。。
こんな 悪循環を 断ち切らなければいけないような気がします。

誰でも同じではなく 得意とする分野を見極める。
勉強が得意 運動が得意 芸術面が得意 それを誰も認めてあげる そんな環境の学校があれば少しは 変われるようなそんな気がしています。

Posted at 06:42:43 2015/10/12 by けい

この記事へのコメント

kage

けい さんへ

 訪問、コメントありがとうございます。
テンプレートも新しくなって、すっきりした落ち着いた感じになりましたね。

 敬うと云った考えを否定して、友達づきあい推奨していながら、逆らったりされると怒る先生や親達がいっぱいいました。
友達というものは、仲良く行動するだけでなく、文句を言い合ったり喧嘩をしたりするものです。
もちろん、友達同士で敬語を使う事は稀です。

 当然、同等ですから敬う気持ちなど、前提にあるはずもありません。
お仰るとおり、先生も親も敬意を払う相手と思っていないので、相手の言動によっては 文句や見下した言い方さえする事でしょう。
なにせ、友達なんですから。

 昔よく言われた “箱入り娘”状態の子供たちだらけになってしまいましたね。
もちろん、いらない知識だけは豊富ですから、世間に出た時の対処に戸惑ってしまうのでしよう。
世の中は、全てといって良いほどの“競争と闘いの場”ですから。
自殺を考える人達の多くが、教わってきた事と世の中の現実が違う事の矛盾に悩む人達が多い事が根底にあります。

 ただ、芸能人やスポーツ選手など一芸に秀でたものがお金を稼せぎ過ぎる世の中になってしまいました。
そう云った方々の中の一部に、専門外の事にも秀でていると勘違いをしてしまい、自分達の世間に与える影響力も考えず、理想を語ってしまう愚かとも言える人たちが増えてきたせいもあると言えるでしよう。

 基本的には、全体的に成績優秀な良識派が増える事の方が、望ましいと考えます。

Posted at 01:37:44 2015/10/13 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック