2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

【中核派の起こした事件】

kage

2015/09/18 (Fri)

 【彼らは、テロを日常に起こす】

 いつもは朝の6時半くらいに起きるのに、その日にかぎって、5時前に目が覚めてしまいました。
ちょっとひんやりした空気に、体が反応して目が覚めてしまったのでしょうか。
いつもは、起きて直ぐにテレビのスイッチを入れるのに、たまたま早く起きてしまったせいか、テレビも付けずに朝食の準備をし始めたのです。

 しばらくすると、パタパタとヘリコプターの音が聞こえてきました。
こんな朝早くからうるさいと思いながらも、それ程気にもしていませんでしたが、そのヘリが遠ざかる気配が無い事に気付きます。
すると、朝の静かな一時(ひととき)を劈く(つんざく)ようなパトカーのサイレンの音が鳴り響きました。
そして、裏手にある消防団の車庫からも消防車のサイレンの音が鳴り出したのです。

 これは、どこかで近くで大きな火事が発生したに違いないと思いました。
だから、このサイレンをそれ程気にもしません。

 そして、いつものように歯磨きをして、いつものように朝食をとるのが一人住まいの私にとっての日課の始まりです。
インスタントコーヒーを入れ、、いつものように朝刊を取りに建物の入口のドアにの大きなカーテンと大きな入り口のドアを開け、新聞受けに向かいます。
外に出ると、もはや、朝の肌寒さを実感する季節になっていました。

 建物の前の道路は、向かって左からの一方通行道路です。
新聞を取ろうとしたその時に突然、けたたましいサイレンの音が鳴り響きました。

 その直後、背広を着たひとりの男の人が、脇道から慌てた様子で出来たのです。
しかし、その姿に違和感を直ぐ感じました。
見た目はサラリーマン風でしたが、頭には白地のヘルメットです。
顔は手拭で隠し、右手には角材を持っていたのでした。
その直後、彼の後から、白い自転車に乗った警官がやってきます。

 彼を追いかけてきたのでしょう。
自転車を乗り捨て、警棒で立ち向かおうとしていました。

浅草橋襲撃事件犯人現行犯逮捕の瞬間 目の前の出来事に、呆気に取られていると、彼の視線が私に向いたのです。
ひょっとしたら、私を人質にするつもりなのかも知れないと、一瞬の間に察知しました。

 私が身構えた瞬間です。
サイレンを鳴らしながら一方通行を逆走して、パトカーが進入してきました。

 彼は、私のほうへ向かいかけていた足を止め、もう一方の脇道に逃げようと体を一回転させます。
一瞬の躊躇が彼の判断を鈍らせたのでしょう。
その脇道からも警官がやってきていたのです。

 角材を振り回し抵抗するも、警官たちに囲まれた彼は、観念したように角材を捨てました。
結局、私の前に現れてから、僅か5,6分の間に取り押さえられたのです。 

 躊躇(ちゅうちょ)せず、もう一方の脇道に逃げるか、私を人質にする行為をしていたならば、もうしばらくは逃げ果せた(逃げおおせた)かも知れません。


まぁ、向かって来ても私が取り押さえていたかも知れませんが  (=`^´=)エッヘン!

 1985年11月29日、国鉄総武線浅草橋駅炎上(国電同時多発ゲリラ事件)当日の朝の出来事でした。



下のバナーをクリックすると
現在のランキングが分かります。






にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ



世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 



関連記事

この記事へのコメント

kage

No title

ええー e-451
そんな怖い事に遭遇されてたんですか?!

文を読んでるだけでも 緊迫した様子が伝わってきました。
るどるふくん(さん)の大立ち回り(笑)も見たいような気がしますが
やはり 何事もなく終わって良かったなと思いました(●´ω`●)

Posted at 15:14:01 2015/09/18 by みけ

この記事へのコメント

kage

No title

こんばんは!
るどるふくんさんのブログタイトル通りに
ハラハラドキドキな出来事でしたね(>_<)
中核派とか過去の話のように思ってましたが
安保改正の今、再び表に出て悪い事をしそうな気がして
心配になります。

Posted at 23:24:28 2015/09/18 by アクアマリンちゃん

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

 今回も、訪問をありがとうございます。

 これだけの事件や事故、災害が起こっているので、多くの人達がこれらの目撃者になっていると思います。
私の場合は、特に大きな事件に遭遇しているのです。

 この事件のときも、逮捕の瞬間を目撃してしまいました。
犯人と目線があった時に、私も事件に巻き込まれるのかと思い、犯人と対峙した時に迎え撃討つ態勢を整えたのに、彼が向かってこなかった事に、安心感よりもちょぅとしたガッカリ感のようなものが生じましたね。

Posted at 00:20:43 2015/09/19 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

アクアマリンちゃん さんへ

 結構な割合で、こういった大きな事件現場に遭遇しています。
中核派は、現在も活動をしていますが、公安の人達が随時監視しているので、なかなか行動に移せないでいるようです。

 ただ、ネットウヨに紛れて、右よりの人達の評判を落とす書き込みをしたり、街宣車を購入し、右翼のふりをして左翼活動をしている人達もいるようですね。

 だから今回のような時に、普通の日本人のふりをして、反安保を煽っている運動家の中にもいるかもしれません。

Posted at 00:31:07 2015/09/19 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

No title

こんにちは。

以前も述べましたように
僕の学生寮は革マル派の拠点でした。

大学時代に浅間山荘事件が起こりました。
僕の歳がわかりますよね(笑)

僕も当時の日本教職員組合による左翼教育を受けた人間でした。
国旗掲揚反対、君が代斉唱反対、天皇制廃止!
この教育は大学を卒業するまで僕の心に根付いていました。

大学時代に左翼が暴力的な闘争に転換していくときに
違和感を感じ始め
自分の考え方を再考する方向に向かいました。

1985年!
このころには家族を養うことに必死になっている頃でした。
この頃には、ほぼ左翼的思想は僕の頭からは一掃されていました。

たくさん書きたいことはありますが
またの機会に!

Posted at 15:34:52 2015/09/20 by 孝ちゃんのパパ

この記事へのコメント

kage

すももどーる

先日のJR施設の放火事件の時
活動家と言う言葉が繁茂に出ておりましたが
今、いるのかな?と思いましたら
孤独な芸術家が犯人で、驚きました。
官邸のドローンの犯人も、孤独な人でしたので
最近は、組織や仲間を持つことを嫌う
孤独な人が増えてきているような気がしました。

Posted at 19:54:19 2015/09/20 by すももどーる

この記事へのコメント

kage

こんばんは!

緊迫の瞬間でしたね!もしも…と思うとぞっとします。一瞬の差でパトカーが来てよかったです。

まったくあの事件はひどいもので浅草橋駅焼き討ちのおかげで私は会社に行けなくなり、のちに解雇の原因となりました。
考えるだけで、思い出すだけで腹の立つ事件です。
それにしても彼らはひそやかに人の背後に忍び寄る、そういう印象があってとても怖いと感じます。

昨日は全くコメントも何もできなくて参りました(;´Д`)、時折あるみたいな気がしますが…しょうがないのかしら??でもホント参っちゃうな~~。

Posted at 21:38:23 2015/09/20 by 見張り員

この記事へのコメント

kage

孝ちゃんのパパ さんへ

 浅間山荘事件の重森房子、永田洋子の名前は今でも忘れません。
元々共産党員だった彼女らの事を考えれば、未だに反日本の活動をしている過激派はもちろんですが、共産党自体が政党としてある事自体、日本の国民達の良識を疑いますね。

 反安保運動をしている人達は、これらの組織に加担しているといっても過言は無いかも知れません。
戦争を一番好んでいる人達が”戦争反対”といっている様は、全くもっておかしくもあります。

 日本の歴史における日本人の心を平気で踏みにじる行為をしている彼らが、未だに存続を許している不思議な国ですね。

 パパさんは、若くして結婚されたのですね。
今と違い、年功序列だったその頃の若者の給料の事を考えれば、いかに大変だったかが解ります。

 パパさんと天国に居るであろう奥様との史記が、無事本として出版されたなら、パパさんの若き時代の出来事を執筆される事を期待したいです。

Posted at 23:33:33 2015/09/20 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

すももどーる さんへ

 ギフ画像がだんだんリアルになってきていますね。
感心しきりです。

 そうですね。
JR放火犯を共産党思想の人間と呼んで報道したマスメディアは希少でした。
これが、右翼思想の人間だったら、これ見よがしにその事を大きく報道したかも知れません。

 彼らの組織は未だに、日本のあちらこちらで活動を続けています。
いつ何処で巻き添えになるか、心配しないではいられません。

 組織に入るのが嫌と言うより、私の時代以前と比べれば、平等という名の押し付け的な責任を順番に負わされてきた今の若者達は、面倒くさい事から逃げる性格が出来上がってしまっているのでしょう。

Posted at 23:43:56 2015/09/20 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

見張り員 さんへ

 見張り員さんにとってのこの事件は、とんでもない災難を呼んでしまいましたね。
今と違い、遅延証明書をしょうにんする会社は極希少でしたから、心中察するところです。

 次回も、これらの組織に対する捕り物劇の目撃談を、記事にしたいと考えています。

 いろいろある最近のfc2は、リニューアル等を繰り返し、印象を好くしようと頑張っているようですが。
お知らせなどでの事前連絡が欲しいものです。

 この前は、復旧後に記事の「本文の編集」欄の顔文字機能が付いていました。
今回は、訪問履歴のリンク跡など青色がなくなりシンプル化されましたね。

Posted at 23:56:43 2015/09/20 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

No title



数秒の差で このような事件にピントが合ってしまうとは・・ (_ _)ヒヤァ―💦

ドンドン記事に引き込まれ・・ドキドキ ハラハラ しちゃいました💦 

そうよねー私たちは 常に大なり小なり 事件と隣り合わせで暮らしているんですよね

悲しいことですが・・最近は人命はもとより命の重さが・・軽くなりすぎですよねー。

Posted at 00:10:25 2015/09/22 by まんねんず

この記事へのコメント

kage

まんねんず さんへ

 こういった事故現場に行く事はあっても、その瞬間に遭遇する事は稀です。
人は皆、事件などの危険隣り合わせ、その通りだと考えられます。

 共産思想を崇拝していないのなら、安易に本質や真実を確かめぬままに反安保運動などでこれらの団体の支援をしている可能性が大だと、理解していなければならないのです。

 反安保運動者に、安保の全容を知っていますかとの質問をすると、殆どの人達が答えられらなかったと云う事実があります。
思い込みで、これらの運動に参加している人が大部分を占めているのでした。
これらの人達は、こんな危険運動に加担している事だと知らなければなりません。

 本日は、文章までお褒め頂き ありがとうございました。

Posted at 09:15:05 2015/09/22 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック