2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

映画になった『姫百合学徒隊』の小説 後編

kage

2015/09/01 (Tue)

【 沖縄をうわべだけでしか見てない人ほど米軍や安保に反対する 】

 沖縄戦当時、沖縄師範学校女子部・県立第一高等女学校の生徒だった「ひめゆり平和祈念資料館」館長の宮良ルリさんは「ひめゆり学徒隊」として南風原の沖縄陸軍病院に動員され、戦火で多くの同窓生を失ないます。
彼女は、「戦争の話をするのはとてもつらいが、戦争と亡くなった人を忘れてはいけない。二度と戦争をしないために平和を守っていこう」と呼び掛けています。

jjtaro_maruさんのブログ、かつて日本は美しかったで、気になる記事を見つけました。

 画像はすべて、クリックで拡大します。

ひめゆり記事抜粋ひめゆり隊の兵劇の証言の矛盾

沖縄教育 実際に行なわれている沖縄の教育。

 子供の学力が日本で最下位の沖縄は、子供の学力を上げる事より、こう云った勉強以外の特別教育に熱心なようです。

5年前のインタビューになります。
民主党政権下で大きく放送されない住民の真実の声のインタビュー



 美しくけなげな?ひめゆり部隊だけじゃない少女部隊 白梅学徒隊ずゐせん女子学徒隊積徳学徒隊などの活躍も。
白梅の少女たち

軍命令は創作!沖縄集団自決




【 小説ひめゆりの塔の文章テクニック 】


 おそるべし、ひめゆりの塔の文章テクニック。
吉本お笑い芸人の又吉さんの芥川賞作品には、このテクニックがほぼありません。
たくさんの本を読んだ方の文章である事は理解できますが、このひめゆりの塔のテクニックには、遠く及ばないと個人的には思えます。

 例えば、美人で清楚でまっ白色を意識した物を登場させる事により、その美しきものが壊れていく様が、読み手により悲壮さを感じさせます。

「ひめゆりの塔の記」では、動員数を297名、合祀した戦没者を224名とあります。
実際のひめゆり学徒隊の動員数は240名、うち戦没者は136名。
集団自決者10名。

 もっと悲壮感を持たせる方法で、表記してみましょう。
注意、紫色文字の表記は、ひめゆりの塔に全て記載されているわけではありません。
更に、悲壮感を持たせた文章になります。


 通常の表記は、240名の学徒の内、136人が戦死しました。
これを、240名中、少しの恋も知らない136人もの麗しき清純な少女達が戦火の犠牲となりました

 通常の表記は、240名の学徒の内、104人が生還しました。
これを、240名もの学徒の内、助かったのは 僅かに104人しかいなかったのです。

 通常の表記は、戦死者136名の学徒の内、10人は集団自決しました。
これを、戦争は、実に残酷です。
死亡した136名の内、10人もの女の子達が集団自決をしなければならないほどの精神状態に追い込まれ、自らの命を絶つと云う悲惨な最期を遂げてしまいます。


 その他のテクニックは、いくつかの訪問先にて、コメントにて別々に公開してきました。
大きく7つに別けられている方法ですが、残念ながら、この内の3つ以上を使っているサイトは見たことがありません。
プロでも、これらのテクニックを幾つも使っている方は希少です。

* 彼女たちの御霊は、他の動員されて亡くなった学徒兵達と共に靖国神社に合祀されていることを忘れてはいけません


下のバナーをクリックすると
現在のランキングが分かります。






にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 


関連記事

この記事へのコメント

kage

No title

お早う御座います。
you tubeでの「沖縄のお母さんのインタヴュー」見ました。
なかなか素晴らしい事をおっしゃって居られますね。
日本古来の精神(礼儀とか尊重とか調和とか。。)確かに失われていますよね。

エンブレム問題にしても、いつまで叩いて瑣細な(とおもいますが)事で問題を大きくするんでしょうかね。。。。
つぶれた人に追い打ちを掛けているみたいで、現代の日本人の低レベルを全世界に見せている感じが致します。
まあ、エンブレムがどっかの作品ににているっていうのも悪いのでしょうが。。。足の引っぱりみたいな所も有るみたいな気も致しまする。

先の大戦では、全ての国民(て言っていいいかな。。)が犠牲を払っていると思います。
犠牲の形は様々であります。
「しらゆりの塔」を見た事が無いのですが、反戦映画として訴えるために白百合部隊の事を描いたとしたら、有る意味「道具」だったのかな。。とか思います。
それにしても「真実でない」ことを真実みたいに描くのはいけませんね。
今だったら、エンブレム問題みたいに炎上するかもですねえ〜〜〜〜〜★★★

あ〜〜、記事の意図と外れていたらゴメンナサイ★
あまり、政治は詳しく無いのよ〜↓ 普通の「おひとりさま」(沖縄のおばサマに突っ込まれていた所の)のノーテンキおばサマなんで。。。。

Posted at 07:46:36 2015/09/03 by ぺるしゃ

この記事へのコメント

kage

No title

こんにちは。
映画の方は まだ少し馴染みがあったのですが
小説の方は さっぱりで…(^^ゞ

昨日 今日と
動画も含めて 読ませていただきました。

テクニック…
言葉も使い方次第で 人の心を操れるんだなと実感しました。
なんだか怖いですねv-390

Posted at 14:34:42 2015/09/03 by みけ

この記事へのコメント

kage

ぺるしゃ さんへ

 30年ほど前まで、昔を知る真実の沖縄人達で、日本の事を悪くいう人を聞いた事がありませんでした。
なのに、最近の人達がこれだけ反政府を繰り返しているのは、今の人達が偏った教育により、洗脳されてしまったからかも知れません。
動画を見ると、その事が良く理解出来ます。

 元々エンブレムのデザインは、選んだ側の方が責任が大なのに、一方的に作者を否定している世の中自体がおかしくも(変でも)ありますね。

 いくら自由な世の中とはいえ、全面共産思想の映画が、これだけ信じられていること自体が不思議で仕方ありません。
ちゃんと観たり考察すれば、おかしな場面がいくらでもあるのに、まるっきり信じてしまう人たちが多い事は情けないとしか言いようがないと思います。

 大体、特攻隊の生き残りの証言でさえ、ごく少数の一部の左翼思想の考えを、全ての生き残った隊員の気持ちのように書き記す事自体が偏見偏向報道と言えるでしょう。

 歴史とは、戦勝国やその国や隣国などの政策によって、いくらでも書き換えが出来ると云う証明のような現代日本史になってしまっています。

 そうなんですか。
 完全な“おひとりさま”だったのですか。
そんな雰囲気を感じ取れない、ハイソな賢い奥様と思えるような上品さを感じていましたが・・・。(○´△`)ノェェエエ工ェェエエ工!


Posted at 22:31:04 2015/09/03 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

 この映画に出演された方々まで、登場人物になってしまったような洗脳状態に陥って仕舞うのでしょうか。
この映画の後の彼女たちの発言には、実に驚かされています。

 最近では、NHKの大河ドラマで人気だった福山雅治さん主演の竜馬伝の竜馬の活躍を、そのまま信じている方々が多い事と、彼の地元までがフィクションの活躍を、新たに彼のやった出来事のように書いていることでしょうか。
そう考えれば、“ひめゆりの塔”と同様に、後数十年もすれば、フィクションだったこのドラマが、ノンフイックションとして世間に認知されてしまう可能性もあります。


 基本的に文章の上手な“みけ”さんなら、これらの手法を取り入れた文にしてしまえば、超人気ブログになってしまうかも。
そう考えると、読者を自在に洗脳出来るかも知れませんね。 (i|!゜Д゚i|!)ヒィィィ ・・・ (・ω<) テヘッ♪

Posted at 23:00:00 2015/09/03 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック