批判をする者たち、自分達のやっている事を、やっていない人にやっていると言う

 【 支離滅裂な者たち 】  

 戦後の歴史に於いて、民主主義は国民の間に浸透しました。
しかし、日本の民主主義は不完全な状態で今日まで来ています。
民主主義の基本である多数決の原理と倫理が守られないこの不完全な国の民衆は、再び混迷の政治社会を望んでいるのでしょうか。

 独裁である以外の民主主義においての決まり事のすべてが、多数決で決まることを、これほどまでに理解していない国民が多い事に驚きを隠せません。
学校教育に於いて、日教組を始めとする共産主義や社会主義の考えを持った先生達の教育を受けた人間がいかに多いかを実感出来る、安保法案に対する反対者達の言動でしょう。

 戦後の政治活動に於いて、政権自民党に対して“独裁はいけない”と叫び続ける共産党は、

  • 徳田球一 (1945年 - 1953年の8年間)
  • 野坂参三 (1955年 - 1958年の4年間)
  • 宮本顕治 (1958年 - 1982年の24年間)
  • 不破哲三 (1982年 - 1987年と1989年 - 2000年の16年間)
  • 志位和夫 (2000年 - 現在までの15年間)
と、これまでの各代表が独裁を続けている事が判ります

 それに対する結党以来の自民党は、

  • 鳩山一郎 (1956年4月5日-1956年12月14日の約半年)
  • 石橋湛山 (1956年-1957年の半年)
  • 岸信介 (1957年-1960年の3年間)
  • 池田勇人 (1960年-1964年の4年間)
  • 佐藤栄作 (1964年-1972年の7年半)
  • 田中角栄 (1972年-1974年の2年半)
  • 三木武夫 (1974年-1976年の2年間)
  • 大平正芳 (1978年-1980年の1年半)
  • 鈴木善幸 (1980年-1982年の2年間)
  • 中曽根康弘 (1982年-1987年の5年間)
  • 竹下登 (1987年-1989年の一年半)
  • 宇野宗佑 (1989年の2ヶ月間)
  • 海部俊樹 (1989年-1991年の3年間)
  • 宮澤喜一 (1991年-1993年の2年間)
  • 河野洋平 (1993年-1995年の2年間)
  • 橋本龍太郎 (1995年-1998年の3年間)
  • 小渕恵三 (1998年-2000年の2年間)
  • 森喜朗 (2000年-2001年の1年半)
  • 小泉純一郎 (2001年-2006年の5年半)
  • 安倍晋三 (2006年-2007年の1年間)
  • 福田康夫 (2007年-2008年の1年間)
  • 麻生太郎 (2008年-2009年の1年間)
  • 谷垣禎一 (2009年-2012年の3年間)
  • 安倍晋三 (2012年-2015年の3年間)
注意、年間はすべて約(おおよそ)です。

 一番期間の永い佐藤栄作さんですら、共産党と比べれば、ビリから2番目なのがお判りでしょう。

 何処をどう見ても、共産党ほどの独裁政党はないのです。

 ここで、反安保運動の人達がいかに暴力的で威圧的か判る記事を
一部マスコミや反安保運動者たちの言論封鎖の被害を受ける良識ある有名人達。

 現政府を容認するような自分の意見をいうと叩かれる。
こんなことは、まず海外ではあり得ない。


つるの剛士、安保法案への意見に大バッシング。フィフィが一刀両断

 前々回記事のコメント(yuccalina さんへの返事)に私が書いた事と同じ事を、1週間後に堀江氏が発言しました。
 
完全左翼化した日刊現代の記事に対する堀江さんのコメント(5時に夢中)
彼の発言の処から再生します。

 この堀江による「デモに参加したという学生はうちの会社では採用しない」の炎上させられる。

 これらの人達は、安保法案をセンソウホウアンと読む。
漢字も読めないのか・・・。

 同番組のアシスタントで女装家のミッツ・マングローブさんも批判の対象に

「(戦争法案反対デモに行く学生)は個性だったり、無理矢理自分に付加価値をつけるための(自己実現)」
とデモ参加者に対する身勝手ないいがかり。
5時に夢中みていて初めて怒りを覚えた番組進行だったので、出演者のデモ批判の発言を書き起こし。
堀江のあの発言を連発する真意は、一番最後のツイートにあるのかな?
『戦争法案を理解してないのは、さあだれだろうね?』
「デモに行く学生はうちの会社では採用しない」で炎上中の堀江貴文こと「ホリエモン」・・・
(記事抜粋)

 日刊ゲンダイの記事を真に受けての暴言の嵐でした。 






にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 


関連記事

コメント

No title
以前、病院で労働組合が立ち上がったのですが、それは共産党の息が掛かった人間が立ち上げた外部団体組織だったのです。
当時は、若かったので彼らの「正論?」を鵜呑みにして組合に入会する職員が大多数でした。
しかし、給料の1%もの組合費はなんら職員に還元されることがなく、病院の門前はつねに共産党の人間がビラを配る。。。そんな光景でした。
そのうち、病院側の圧力で縮小されましたが、組合の幹部だった職員は「懲戒解雇」。
今は、共産党の丁稚奉公でしょうね。一生を棒に振っていると思います。
免許が有っても果たして何処の病院が雇ってくれるのかしら。。。

そういう事件でしたが、それから30年以上経過して、共産党って発言が「無責任」だと思いますね。
増税反対とか安保反対とか言っていますが、じゃあ、彼らが、市民即ち国民を守る手だてを立てているのか。。というとそうではないですね。
ただの「足の引っぱり」なんですわー★
国民が、税金は安い方が良いし、戦争も良く無いから。。。レベルで彼らの「ウマい事言う」のに乗っかると、とんでもない、国民のお金は全部共産党の組織の上層部のみに行っちゃうんですわ〜★
カルト宗教も同じような構造ですね。。。
反体制側であるっていうだけでも大変なんだから、全体の事を見渡す余裕なんてね、有る訳が無いのですね。
暑中お見舞い申し上げます~♪
難しい話題について行けずにコメントできないももです(笑)
先回の沖縄のお話は
切り込み方がおもしろくなるほど~と読んでいました♪

最近、プレミアム商品券という税金ばら撒きイベントが各地で開催されていて
名古屋もこの前の土曜日に発売されていました。

たいした意見はかけませんが
もももこのことをブログにまとめたいな~と思っていま~す♪
No title
今晩はv-22

つるのさんの話は ほんとに当然のことを
言ったまでで なんで こんなに言われるのか
わからないです。

いつも思うのですが 執拗に自分と違う意見に
対して攻撃してくる人って 実名になったら
直接対決だったら 何も言わないのでは・・。

堀江さんは 法案をよくわかってなくて
デモに行く人がいると・・
そうだろうなあ・・あたしもわかってるとは
言い難いけど 少なくともこれがすぐ徴兵制とかに
繋がるとは思えないし・・。
なんで今頃デモするのかもわからない・・。

集団的自衛権だって 既に日米安保条約の中に
入ってるということだと(確か・・)民主党だって
知ってるはずなのに 政権取ってるときに
集団的自衛権反対とは 言わない・。
何がしたいのか・・?

上の方 ぺるしゃさん

>国民のお金は全部共産党の組織の上層部のみに行っちゃうんですわ〜★

わかるわー労働貴族ですね・・。
ぺるしゃ さんへ
 昭和の時代の労働組合をバックアップしているのは ほぼ社会党でした。日本労働組合総評議会(総評)
次いで、民社党を支持していた全日本労働総同盟(同盟)
その両方を牛耳るような統一戦線促進労働組合懇談会(統一労組懇)が出来ます。
ここに、今の社民党の組織化の基があるのかも知れません。

 それに反発する形で出来た全日本民間労働組合協議会(全民労協)が後の日本最大の組合である日本労働組合総連合会(連合)へ発展、社会党の衰退と共に民社党、新生党、社民党、日本新党、新党さきがけ、新進党、自由党、民主党へと支持政党を替えて行きます。
政治に参加してこそ、意見を主張出来ると考えているのかも知れません。
現在は、安倍内閣とも接点をうかがっているように感じます。

 そして、全国労働組合総連合と言う巨大な組織は共産党を支持支援している事は明らかです。
ですから、共産党系議員が多く存在しているのでしょう。
ぺるしゃさんの病院の組合は、この組織の下部団体と考えられます。

 私も以前勤めていた会社で、労働組合の書記をしていました。
連合の下部団体として組合を組織し、会社との交渉に参加します。
この時の組織作りの手伝いにこられた方が、現連合の古賀会長でした。

 こういった組織は、どれだけ組合に貢献できるかが大きなポイントになる為、役員になると仕事中心から組合運動中心になってしまう為、出世の見込みがほぼ無くなります。
しかし、会社に対する発言権が増し、社長ら役員も気づかいをして来るのも事実でした。
そう考えれば、特に共産党系の組合は、それ以上の苦労を強いられているかも知れません。

 昨年末から今年始めの記事で書いているように、消費税に反対し、景気が良くなると消費税以外の地価高騰に文句を言い、共産党の言うとおり総量規制を施行した結果、景気が落ち込むとその責任を政府に押し付けると言う悪行三昧。

 次回記事に書く予定で有りましたが、前回の選挙前に、私の記事のコメント返しに共産党の躍進予想を的中させましたが、共産党が票を伸ばすと必ず日本の国の政治が混迷する事は歴史が証明しています

 今回も前回の選挙の結果どおり、共産党躍進に伴い、案の定 日本の政治が乱れ始めました。
それを危惧して、今回の政治記事のシリーズを載せる事にしたのですが。
残念ながら、アクセス上位でない当ブログだけでは、世間にこの真意は伝わらないかも知れません。

 日本人が事の善し悪しを的確に判断する事よりも、反権力に同調しやすく洗脳されやすい民族である事が証明された事は、間違いないようです。
今は、良識派のぺるしゃさんのような方が増える事を、心より祈るばかりです。
もも さんへ
 こちらこそ、暑中お見舞い申し上げます。

 桃さんの記事の懐かしいアイドルなどの話題の連続に、見入っていますよ。
私の世代を中心に、多くのオールドファンが喜んでいるかも知れません。

 世間の方々が行動を起こす時、それが正しいのか正しくないのかを調べる努力なしに、とんでもない軽率な行動を取っている事が判断出来ます
消費税導入の際、贅沢税が撤廃され自動車が売れまくる事が判断出来たにも係わらず、トヨタの社員を始めとする自動車産業の社員達の多くが反対運動に参加した事は、あまりにも有名な話です。

 前回記事の沖縄問題は半分も載せておりません。
もっともっと裏話や真実があるのですが、記事にする事を控えました。
それはもちろん、多くの沖縄県民を敵にしてしまう可能性を案じたからです。(*^_^*)

 “プレミアム商品券という税金ばら撒きイベント”記事楽しみにします。
私の地域は、もう直ぐ終了ですよ。
地域によって随分タイムラグがあるようですね。
800びくに さんへ
 仰る通り、反権力を反政府と混同している為に起きる行動は 許せる範囲を超えていると考えます。
つるのさんの事に関して言えば、今の政府の行動が正しいと言った訳でも無く、物事を判断する為には両方の意見や主張を聞きたいと言う、あまりにもまともな事を発言した事に批判する愚かな人達が、日本人にこれだけ居るとは驚きを隠せません
一部マスメディアの言論や記事には、あまりにもおかしな偏見報道が多すぎますね。

 一方を聞いて沙汰をしてはならない、当たり前の事です

 集団自衛権と個別自衛権の違いを判っていない反安保者が、たくさんいます。
例えば、家を国と考えた場合、警察はどちらでしょうと聞いてみると良く判断できます。
警察を集団自衛権だと理解していません。
自治会等の防犯も集団自衛権と言えます。

 個人で家の防犯を完全に出来る人など一握りしかいない大金持ちか、家族全員がプロの格闘家かそう云ったものに長けた人物である以外ありえません。

 日本人の多くは、国会議員の数が自民党などに比べあまりにも少ない共産党が、日本で一番お金を集めている政治団体だと知っているのでしょうか
こんばんは
歴代の自民党の代表を拝見しまして
あの人この人、懐かしく感じました(^v^)
芸能人の方では、SHELLYさんも激しく炎上してしまい
スポンサーに苦情を言うと脅されたりして
大変、お気の毒でしたが
芸能人の皆様が政治的な発言をすることに
慣れていない方も、いらっしゃるのだと思います。
そのうち皆様落ち着くといいのですが。

すももどーる さんへ
 世間方々は、真実に目を向けません。
思い込みや、言葉のマジックに引っ掛かって正論を唱える人を人を非難しているかも知れないと考えもせず、傷つけていることに気付いて欲しいものです。

 SHELLYさんも非難の対象になっていますが、つるのさんとは色合いが違い、一方的に安保を非難した事が原因でしょう。
あまりにも軽はずみなコメントを出してしまいましたね。

 安保の中身を読んでいない発言は、控えるべきです。
前回の選挙で、関口宏さんが、安保の中身を読まずに反対し、安倍総理に質問されて内容を読んでいない事がバレてしまいました。
池上彰さんにも突っ込まれて恥をかいた有名議員さんもいましたね。

 映画の個人的感想と違い、国の行く末を左右するかも知れない事は、ちゃんと理解したうえで発言をして欲しいものです。
コメント
ありがとうございましちゃ♪
具体的な数字で換算すると
いったい何に税金使ってるんだ~っ!
ということがよくわかりました。
もも さんへ
 今回の様な無駄になる可能性の高い事には、野党は反対しません。
数ある問題を解決する為には、問題の全てを少しずつ解決する事の間違いを理解していませんね。
問題をひとつずつ解決する事が一番の望ましいと、世の中の人達の常識と考えている人達が多いはずなのに、政治家になるとあらゆるしがらみから、そんな単純なことが出来なくなるんでしょう。

 ももさんの疑問に思った事を取材する熱意と行動力を称賛します。

コメントの投稿

非公開コメント


北さんのテレビショッピング