2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

日本人の8割以上が知らない沖縄と税金

kage

2015/07/28 (Tue)

 貧乏な人達より、お金持ちの方が器量も度量も大きい人が多いと感じます。
お金に余裕があると、心にも余裕が出来るからでしょうか。
 
2014年国民一人辺りの所得都道府県ランキング 沖縄の人間は、実に気さくでおおらかで度量が大きく見える人達が多い。
私の知り合いもそうでした。
そして、自分の育った沖縄と云う県が大好きだと良く解ります。
この知り合い達に会うまでは、大阪府民が一番の地元愛者だと思っておりました。

 ところが、沖縄県民の地元愛は、大阪をはるかに凌ぐものと感じられます。
日本一の地元大好き県民かも知れません。

 【 沖縄県人のお金の不思議 】

 右の表は、2014年の一人辺りの県民所得を千円単位で記載したものです。
見て解るとおり、縄県の一人辺りの県民所得は驚く事に日本一低いのでした。
それなのに、何故おおらかで度量が大きく見えるのか不思議に感じられている多くの人達がおられる事だと思います。

 1位の東京との差は歴然で、年間所得で2百40万円も違っていました。
東京は、世界にも名だたる企業が立ち並び、個人的にも大金持ちが多い事で知られているので当然と言えば当然の事でしょう。
そこで、もうひとつの気になるデータを見てもらいたいと思います。

「浪費傾向の高い」都道府県民ランキング 
 【 沖縄県人の県民所得 】

 これは、有名なTポイント会員5,000万人の情報を元に2015年2月19日に公開された内容の表です。
5,000万人と云う数字は限りなく信頼に足りるデータだと誰もが理解する事でしょう。

 なんと驚く事に、沖縄県民が一番の浪費家、つまりは日本で一番お金を使っている人達なのです。
ここで、大きな疑問を感じている人が数多くいる事は間違いあいません。

 日本一所得の少ない県民が、日本一お金を使っている現実を目の当たり(まのあたり)にして、どう考えておられるでしょうか。
大金持ちが多い東京人、大阪人より上にいるのでした。

 稼いでいるお金が少ないのだから、当然使えるお金も少ないはずなので、普通に考えたら有り得ない事とお判りになることでしょう。
と云う事は、何処からかお金を融通してもらっている事が考えられます。

 勘の良い方はすでにお解かりの方もいらっしゃると思いますが、所得の少ない県に援助される国からの助成金であります。
それを右下の表にしましたので、ご覧頂きたいと思いますが。 

 沖縄人は、東京人の60倍ものお金を受け取っている事になります。
国に一番の税金を納めている東京都民が、一番少ない援助金しか貰えていない事が理解出来たでしょうか。 

国民一人辺りの交付金都道府県別ランキング
 【 日本で一番税金を納めず、日本で一番税金を貰う県】

 ここで気付かれた方も多いでしょう。
所得の少ない県ほど貰える地方交付税の交付先の一番は沖縄県ではないのでした。
それでは何故、日本で一番お金を使えるのでしょうか。

 沖縄の平成26年度の一般会計歳入予算に占める自主財源の比率は26.4%。
つまり、約1,910億円になります。
そして残りの73.6%である約5,330億円は、国から補助金を貰っているのでした。
これが、交付税です。

 しかし他の県との違い、沖縄には国から『沖縄振興予算』と呼ばれる年間3,400億円を超える補助金が渡されているのです。
更に、米軍基地がある為に年間900億円ものお金が沖縄に渡っているので、沖縄の人口約1,426,000人で割ると、一人当たり約27万円以上のお金が渡されている事になる訳です。

 だから、地方交付税と合わせると、一人当たり約53万で2位の島根を9万円近く離しての断トツに。
更に、基地が有るおかげで、そこで働く従業員のお金も国の支出であり、基地に関係する企業や人間達も多くの恩恵を受けています。
更に更に、米軍の兵士達の飲食代や買い物などの経済効果を考えれば、相当な額になります。

 ちなみに東日本復興予算額は1,248億2百万円
福島への助成金一人雇用に1万円から1万2千円
福島の人口約199万7千人なので約239億6400万円 
約1,487億6600万円(寄付金等は除く)。

 沖縄への約6900億円には、遠く及びません。
国に一番お金を貰いながら、国に一番文句を言っている訳です。
しかも、沖縄の漁師達は、アメリカ軍無くしては安心しての操業なんて出来ない事を理解している人が多い現実。

 ごねるほど、国からの補助金が増え続けた沖縄。
まるで、日本の隣の二つ国のようです。
日本に好意的な台湾を、もっと大事にしなかったこれまでの日本政府の政策のツケとも言えるでしょう。

 また、沖縄は派手好き県民としても有名で、
1位沖縄、2位大阪、3位愛知、
4位和歌山、5位徳島、6位東京、7位山形・・・・42位鹿児島、
43位岐阜、44位滋賀、45位茨城、46位山梨、47位富山


 追記


 ここで、沖縄の基地問題と同じく反対運動によってアメリカ軍を追い出した国があることを ご存知でしょうか。
それは、フィリピンです。

 すると、中国は1995年ミスチーフ礁というフィリピンの領土だった島に上陸し、中国漁民を守る為だと建物を立て、島を強引に自分の国として、領土化をしてしまいました。

 家の周りの警戒や鍵をしていなければ、泥棒に入られると云う事。
個別の警戒だけでは対処出来なかったり、それに対応する力を持っている家がどれだけあると言うのでしようか。

 戦後の日本が、隣国と戦争をしなかったのは、憲法9条のおかげでなく、安保条約の下アメリカ軍が眼を光らせていたおかげである事は まぎれもない世界の常識と考えられています。

 戦後70年間、日本の良いところは世界中の国々が真似をしたり、技術を取り入れたりしていますが、憲法9条は、ある意味おかしな憲法と考えられている為に、世界の国のひとつたりとも真似する憲法は創られていない事実を知っておくべきなのです。








にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 

関連記事

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 12:09:01 2015/07/28 by

この記事へのコメント

kage

こんにちは

沖縄は、アメリカの占領下に置かれた時代が長かったですので
本土の人には、わからない複雑なお気持ちがあるのではと思います。
お金だけでは解決できない何かが
あるのではと思いますので
ゆっくりと理解をしていただけるような努力が
必要だと思います。

Posted at 12:22:58 2015/07/28 by すももどーる

この記事へのコメント

kage

No title

沖縄の事は 知ってるようで
あんまり知らなかったんだな…と
興味深く読ませていただきましたe-446

ありがとうございましたe-420
と同時に やはり自分の県も気になってしまいチェツク(笑)

私は 兵庫なんですが
以外に所得ランキングが低いんだなと
ちょっと勉強になりました(^^ゞ

Posted at 16:09:05 2015/07/28 by みけ

この記事へのコメント

kage

No title

先日の疑問がはれました。ありがとうございます。
フィリピンの話は他人事じゃないですね。近隣諸国のこうした情報を、マスコミは大きく扱って欲しいものです。

Posted at 21:21:40 2015/07/28 by yuccalina

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 21:23:23 2015/07/28 by

この記事へのコメント

kage

*****に  さんへ

 一年間出せる金額に限度があるのならば、各自治体への助成金を減らしても、この東北の震災の被害にあったところを優先すべきと考えます。

 お金があるから幸せな訳でもありませんが、
お金があれば、心にゆとりが出来るので人間的器は大きくなるのかも知れません。
しかし、労働時間に対しての賃金以外に入ってくるものが多いと、勤勉さがなくなってしまうのも人間の本質と考えられます。
楽なほうを選ぶのは人の性、働いたり勉強するよりも文句を言って収入が増えている方を選んでいる人が多いのでしょう。

 県民所得が最低の沖縄ですが、年収1千万円以上の収入を得ている人(高額所得者)の数は、全国で10位以内に入っております。
全国的にも利権の絡んでいる自治体である事の証明かも知れません。
そう考えれば、反対勢力の勢いの強い沖縄に於いての民主党などの野党は勝つと負けるとでは、臨時収入が大部違うのでしょう。

 民主主義の代表であるアメリカは、良い悪いに関係なく、多数決で決まったことを実行するのが当たり前であり、それに反対する勢力を淘汰するのも当たり前だと云う事でしょうね。

 決まった事を守らないのは罪との考え方があります。
反対するのなら、それなりの理解を国民に求める事が最優先と理解しているのです。

 パフォーマンスをする事で存在価値を沖縄県民に知らしめる必要があるのでしょう。
元総理の村山さんや、鳩山さん、そして菅さんと同じ異常行動のようですね。

 しかし、一般的常識人からしてみれば、おかしくも恥ずかしくも情けなくもあります。

Posted at 01:32:15 2015/07/29 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

すももどーる さんへ

 その考え方はもっともであると思います。
復帰前、そして復帰後の沖縄優遇措置は当たり前と言えば当たり前でした。

 それでも、戦中や戦後のアメリカ統治時代の当事者達への保障を遥かに上回る優遇措置をしてきたはずです。
しかし、その優遇措置をさっさと終わりにしなかった為に、戦争当事者でない孫の世代にまで優遇措置をしてしまっているのです。
もはや、戦争とは縁の無い世代が9割以上になった今でも、その戦争事態を知らず、その被害にも会っていなく、優遇措置を受け続けた子孫達本人が被害者面をするのは、いかがなものでしょうか。

 1970年に日本に復帰した事により、利権を失った多くの権力者達の子孫達の恨みつらみが、この基地反対問題をこじらせているのも事実である事を知る本土の人達が、何人いるのでしょう。

 残念ながら、お金を国から貰う事が日常化してしまった一部の沖縄人たちの愚かな行動である事は間違いありません。

Posted at 01:50:28 2015/07/29 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

 素直に聞いて下さる みけさんに感謝です。
納得されているかどうかは、判りませんが嬉しく思います。

 兵庫県は、所得ランキングの割りに助成金の額が少ないことにはびっくりです。
国としては、県民全体で考えれば、上位にランクするほどのお金を支給していると考えているのかも知れません。
ここに、助成金の支給の仕方の矛盾が理解出来るところですね。

 ちなみに、派手好きランキングで兵庫県は、10位にランキングしています。 o(*⌒―⌒*)o

Posted at 02:14:57 2015/07/29 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

yuccalina さんへ

 わざわざ、ありがとうございます。
真実や事の本質を知ることをせず、大声を上げて反対運動をする人達を支持する人達には、情けなささえ感じています。

 日本政府が、沖縄からアメリカ軍を撤退させる事が無い事前提の反対行動をしている人が多い事を知らない日本人が多い事は、とても残念です。

 これらの反対運動をしている方々の支持母体などのバックグラウンドを知る事、主婦として立ち上げた団体のリーダーの過去、戦争を知らない学生としての反戦運動をしている人間のまい進している団体や資金源を理解しているのでしょうか。
これらの人物達の運動に手を貸しているのだと理解しているのでしようか。

 仰る通りです。 
ミスチーフ礁と同じ運命になるかも知れない危機感がありません。
日本には関係な、い対岸の火事と思っているのでしょうか。

Posted at 02:15:40 2015/07/29 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

カ*** さんへ

 ブログ、復帰されるのでしょうか。
過去記事などを読ませてもらっていました。 
それでも最近の更新状況から、もう復帰が無いかもと今週いっぱいで訪問を止めるところでした。

 出来れば、復帰される事を期待しております。
ゆっくり、ゆっくりで良いのではないでしょうか。
私も過去に2,3回長期間休載しました。

 そのうち、また休載するかも知れませんが。 ( ̄m ̄*)

Posted at 02:30:54 2015/07/29 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

No title

香川、意外と所得低いです
貯蓄率ベスト3に入ると聞いていましたけど...

ま、それはいいんです

楽天の広告に私の本が出てますね
ありがとうございます

この広告はるどるふさんが
選んでいらっしゃるんでしょうか?
嬉しいです(^^)

Posted at 21:57:11 2015/07/30 by 谷口冴

この記事へのコメント

kage

谷口冴 さんへ

 訪問コメント、ありがとうございます。

 香川県の県民所得は低いのですが、一人辺りの平均所得は15位と大健闘していますね。
報酬に対する労働意欲が高いのではないでしょうか。

 昨年の貯蓄率ランキングでは6位にランクインされているので、将来思考型(将来のことを考えている)の人が多いのでしょうね。

 広告は、楽天を始めとする自動広告になっています。
「恋愛錯誤」 谷口冴さんの作品も自動更新で表示です。

Posted at 23:44:39 2015/07/30 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

沖縄振興予算

「沖縄振興予算(沖縄振興費)」の内容内訳を見てみますと、他の県が受け取っている国庫支出金と国の直轄事業費を合わせたものと、ほぼ同じです。

 ただ沖縄県の場合、沖縄振興特別措置法があるために、「沖縄振興予算(沖縄振興費)」と特別の呼び方になっています。
 つまり、他県でいうところの国庫支出金と国の直轄事業費を合算したものを「沖縄振興予算」と名づけているだけです。

 他の都道府県の受け取っている補助金とは別枠として、「沖縄振興予算(沖縄振興費)」が上乗せして補助されているというのは、まったくの誤解です。

Posted at 19:52:18 2016/10/22 by ゴカイイヤ

この記事へのコメント

kage

ゴカイイヤ さんへ

1972年から1981年まで「第1次沖縄振興開発計画」
1972年以降は、10年ごとに4度に及び振興開発計画を策定されてきました。
本土との格差是正や自立的発展の基礎的条件整備などを中心に、過去約40年間で10兆円もの振興と言う名の予算が支給され続けられています

Posted at 21:32:31 2016/10/26 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック