2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

民主党を始めとする反対野党は、安保法案に賛成票を投じた

kage

2015/07/21 (Tue)

 流石にランキング(インポイント)順位は、落ちまくりです。(┬┬_┬┬)
それでも言うべき事は言わなければならない日本の危機を感じています。
日本の国益の為、本質と真実を知ってもらう為にも。

 20日は、相当数の反対派の意見や記事をずっと読んでいた為に 各ブログの訪問が殆ど出来ませんでした。
結果だけで言えば、有名学者を始め論理的に納得させる記事は、全く見当たらず、理にかなわない根拠も無い平和論を展開している方が殆どで、誠に残念に思います。

 非人道的な事はやめろと訴えながら、過激行為(テロ)の予告や、危険(殺人)予告をする真逆の非人道的書き込みをする人達が乱立し始めました。
やはり彼等は、戦争反対を唱えながら騒ぐ、戦争大好き人間にしか見えません。
これらの人達のこれだけのパワーが有るのなら、消費税アップや年金受給年齢アップ等の反対運動につぎ込んで欲しかった・・・。

 【 安保法案は満場一致だった事を知っているのか 】

 昨年の野次問題で大いに反省を促した民主党やそれらに同調した多くの国民は、マスコミの誘導通り大騒ぎをしました。
その、批判をした張本人たちは間逆の行為をこの国会で展開します。

 国民の意思を受けて国会での議論と議決の投票権を持つ国会議員は、必ず議事の参加と議決投票をする義務が有るのでした。
しかし、彼等は議事を混乱させ、投票をボイコットしようとします。
これは、国民の代表者としての放棄を意味する事を理解していません。

 もしそうでないとしたら、民主党を始めとする反対野党は、この法案に賛成したと言う事になります。
議長が決を取り、賛成の方は起立を促した時にほぼすべての議員達は起立をしていました。
ここに、反対野党も事実上、この法案に賛成した仲間になったのです。

 もし、反対を断固として貫きとおすなら、何はともあれ着席するか座り込むのが当たり前の行為と理解していたはずでしょう。
これだけの反対票があるのだと、誇示しなければならなかったはずです。
そして、たとえ意に反した事であっても、民主主義の基本である多数決で決まった事は守らなくてはなりません。
それは社会人として当たり前の事、民主主義社会における常識です。
自分らが意図せぬ形とは言え、賛成票を投じていなかろうが、国会で決まった事を守らない反対運動を実施している事は、法律違反でもあり、民主主義の冒涜(ぼうとく)と言えます。
彼等は、この行為が一種の犯罪行為だと理解しているのでしょうか。

【 集団的自衛権が国連憲章に入れられている世界の法律だと言う事を知らな過ぎる日本人達 】

 集団的自衛権が国連憲章に認められた国としての権利なのです。
自国の防衛、自国に危害を加える国等や勢力を排除する権利を有する事。

 またこの憲法9条の事をある出来事がきっかけで、8割近くの憲法学者が自衛隊の事を兵力だとして違憲とする意見を出した事がありました。
この事を受け裁判に発展します。
昭和32年の、かの有名な砂川事件の事です。

 しかし昭和34年、最終的に最高裁判所は、「我が憲法の平和主義は決して無防備、無抵抗を定めたものではないのでる。・・・わが国が、自国の平和と安全を維持しその存立を全うするために必要な自衛のための措置をとりうることは、国家固有の権能の行使として当然のことといわなければならない。・・・憲法九条は、わが国がその平和と安全を維持するために他国に安全保障を求めることを、何ら禁ずるものではないのである」としました。
(抜粋)

 このことにより自衛隊は法律的にも認められ、集団的自衛権は合法となったのです。
ところが、反対勢力は個別的自衛権と集団的自衛権を分けて判断すべきとし、憲法9条に違反する可能性有りとなりました。
この答弁書のおかげで、世界に類を見ない二つの解釈が出来る最もおかしな憲法として9条は世界に恥をさらすことになります。
この事により、当時の第2党であった社会党と共産党が、「非武装と反安保」を唱え日本を混乱に貶めた(おとしめた)のでした。

 この不安定な日本の政治を危惧したアメリカはこの9条を改正するように日本に助言をする事になります。
しかし、政権を維持したい自民党は、これらの野党と玉虫色の決着をしてしまいました。
1972年のこの事があるまで、社会党も共産党もこの事を強気で発言する事は無かったのです。
ただ単に、日本の国益よりも政府自民党を倒したかっただけだったのでした。






にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 


関連記事

この記事へのコメント

kage

No title

こんばんは^^
個別的自衛権しか認めないと言い出したら、日本はたった一国の独力で自国の安全を守ることができるよう、よほど軍備を増強しなくてはならなくなると思います。
でも、集団的自衛権を認めたくない人たちは、それはそれで嫌だと言うのでしょうね・・。
るどるふくんさんは、ランキング順位が落ちても、言うべき事を言わなければならないとおっしゃっていて、尊敬します。
自民党も支持率が落ちるのを覚悟で、日本の安全を守ろうとしているのだと思います。
「説明不足だ」と言って非難している人たちは、この法案が何で必要なのかという説明に耳を貸そうとしていないし、その機会を設けようともしていないように見えます。

Posted at 23:22:07 2015/07/21 by Ariane

この記事へのコメント

kage

No title

こんにちは。
ここのとこ 私にとっては難しいお話になってて
コメントが なかなかできていません(^^ゞ

でも るどるふくん(さん)や
皆さんのコメントを
お勉強の意味も含め いろんな意見があるんだなと
興味深く 読ませてもらってます。
るどるふくん(さん)の記事は
いつも わかりやすいので
こんな私でも読みやすいですe-446

Posted at 15:57:13 2015/07/22 by みけ

この記事へのコメント

kage

Ariane さんへ

 自分に都合のいい解釈だと理解していませんね。
警察も自治会の防犯もいらない、自分のことは自分で守ると言っているわけですから。
彼らは、自分以外の誰にも助けを求めないし、誰も助けないと言っていると云う事と同じだと理解していません。
自分や家族に何かあった時には、きっと都合の悪い事は忘れ、平気で人に助けを求めるで事でしょう。

 昨年の森総理発言や野次問題など、その真相を確かめもせず、それらを批判する人達にすぐに乗っかってしまう日本の国民達が、低レベルになってきたと云う事かもしれません。

[ 自衛隊が後方支援すれば、戦争に参加、戦争に参加すれば人を殺すし、殺される人もでる。
そうすれば人が足りなくなるから、国民を徴兵制度で集める。
そして、若者を中心に多くの人が死んでしまう。]

 こんな極論を平気で宣ふ(のたまう)。

 ならば、車の免許を取れば車を運転する。
運転すると、事故に遭う。
事故に遭えば死んでしまう。
だから、免許は取ってはいけない。

 飛行機に乗る。
飛行機は落ちてしまうかも知れない。
落ちたら、殆ど死んでしまう。
だから、飛行機に乗ってはいけない。

 船には乗るな。
沈んで死んでしまうかも知れない。

 自転車は乗るな。
事故に巻き込まれて死んでしまうかも知れない。

道を歩くな。
車に引かれて、死んでしまうかも知れない。

 さてさて、この人達はこんな屁理屈を平気で言っているのだと云う事に気付いているのでしょうか。

Posted at 21:56:58 2015/07/22 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

 これらの事に関する資料は、随分前から読んだり集めたりしていました。
これらの人達は、いじめ問題の頃から、何回も記事にしていますが、過去の歴史をまったく学ぼうとしていませんね。

 不況も、いじめも、外交もすべてが歴史が証明しています。
よく歴史は繰り返すといいますが、いつの時代もわからず屋が台頭(だいとう)し、それを支持する多くの人達によって悲惨な結果を生みます。

 バブルを崩壊させ、日本を世界最大の赤字国にさせた共産党。

 社会党村山政権により、日本外交は窮地になり、尖閣や竹島問題が不利に働き、北方4島返還の道が閉ざされました。
更に、阪神大震災のときに自衛隊を出動させる事が大きく遅れた為、多くの助かったかも知れない人達が亡くなってしまいました。

 そして、先の民主党を選んだ時もそうだった事を、いとも簡単に忘れてしまうのでしょうか。
日韓問題をこじらせ、福島原発の給水措置の遅れから、多くの放射能被害と多くの放射能被害者を生みました。

 多くの方が記事にしているものは専門過ぎた言葉を使いすぎる為に、とっつきにくく、多くの国民が理解されていないのだとの観点から、なるべく簡単な言葉や言い回しで記事にしているつもりでいます。
褒めていただきありがたく思います。
 

Posted at 22:16:54 2015/07/22 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック