2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

そして、彼女はいなくなった

kage

2015/06/30 (Tue)

 【 子供は残酷です 】

 彼女の姿を見なくなって、数日後の事でした。
休み時間に、四、五人のクラスの子達(ら)の話している声が聞こえて来たのです。

教室 彼達(かれら)の内の一人の兄が、“大きな麦わら帽子に大きなマスクをしたお化け女”を見た話をしたと言うのでした。

 その女の格好を不思議に思ったその兄さん達は、その女に質問を投げ掛けたそうです。
「大きなマスクですね、風邪ですか」と。

 女は振り向いただけで、返事を返してくれません。
しかし彼達は、その時見つめ返えされたその大きな眼がとてもきれいで、素顔を見たくなったのでした。


 数日後にその女に会うと、また声を掛けたようです。
彼達は、それでも返事をしない彼女に、ちょっかいを出したくなっちゃったんですね。

 子供のやる事は決まっていました。
枯れ枝で突っついてみたり、小石を投げたり。
当然、彼女は怒ります。

 しかし、子供は残酷です。
目的を達成するまで、止めません。
猫がネズミを弄ぶ(もてあそぶ)ように。
もちろんこのような行為は、子供にも猫にも悪気がある訳ではないのでしょうけれど。
大人に比べ、道徳心や節操が少ないから、つい行き過ぎてしまう。

 突然、彼女が声を発しました。
「やめて」と。
そして、彼女の眼には涙がこぼれて・・・。
その瞬間、彼達はやり過ぎたと思ったそうです。

 丁度その時、彼女のマスクがずれていたのを目撃。
それはそれは、びっくりしたと言っていました。
当然、怖くなった彼達は、その場から逃げ去ります。

 それから、彼女を見た者はいなく、彼女の家族もいなくなったのでした。
ところが、彼女を見た人があまりに少なかった為に・・・
その存在自体を信じるものは少なかったのです。 






にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 


関連記事

この記事へのコメント

kage

No title

え~!
完結しなかったんですね。
お楽しみは長く続いた方がいいけど、
彼女はいられなくなっちゃったのかなー?

Posted at 04:04:52 2015/06/30 by おこちゃん

この記事へのコメント

kage

No title

 子供は程度を知らないから図に乗ると言うか、調子に乗ると言うか、それが怖い。自分にも身に覚えがないこともないのであまり悪くも言えないが…
 彼女を見た人が少ないがために何が?

Posted at 11:31:26 2015/06/30 by ひねくれくうみん

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 14:15:25 2015/06/30 by

この記事へのコメント

kage

残酷ですね・・・

かわいそう

女装子も調子に乗って外出ばかりしてると
ひどい目にあうかもですね~
子供の多い夏休みは自重ですねっ♪

Posted at 15:50:11 2015/06/30 by もも

この記事へのコメント

kage

No title

わぁー
気になるとこで終わってしまいましたe-330

子供達からしたら
ちょっとした好奇心だったんでしょうね…
でも 彼女の気持ちを考えると
やり切れないです(´・ω・`)

その後 
彼女が幸せになってたらいいんですがi-260

Posted at 16:04:05 2015/06/30 by みけ

この記事へのコメント

kage

こんばんは

やはり、お辛い目に遭わされてしまい
本当に、お気の毒だと思います。
その後、安心できる場所に移ることができたのでしょうか。
それとも・・・

Posted at 18:26:30 2015/06/30 by すももどーる

この記事へのコメント

kage

こんばんは

ああ…気の毒ですね。女性は自分を隠したい。子供は好奇心から追う。
でも子供の好奇心の方が勝っちゃうんですよネこういう場合。人への遠慮というか思いやりが、好奇心にかき消されてしまう。

でも彼女の涙を見て「やりすぎた」と思うだけまだ良心があったのでしょう。して、彼女は…。先が気になります。

Posted at 21:51:39 2015/06/30 by 見張り員

この記事へのコメント

kage

おこちゃん さんへ

 いえ、終わりです。 m(_ _)m

彼女の行き先は知りません。
だから、話の続きも無いのです。

 あえて聞く事をしませんでしたから、分からなくて当然なんですが。
とりあえず、この田舎から居なくなった事はだけは、確かです。
確かだと思います。
確かなはず・・・。


Posted at 00:32:17 2015/07/01 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

ひねくれくうみん さんへ

そうですね。
子供は、そんな事を平気でやってしまうので、ちゃんとした躾や教育が必要なのでしょう。

 彼女の存在を疑う人の方が多くなって行くと、彼女の存在自体が眉唾物(まゆつばもの)として扱われる為、彼女の話をする者は居なくなります。

 そんな顔の人間なんて存在するはずがないと言う子供達が大勢を占めるようになると、事実がオカルトのような扱いになって行く為、彼女の事を話せば馬鹿にされる様になって行きました。

Posted at 00:47:48 2015/07/01 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

お**** さんへ

 そうでしたか。
しかしそれだけいると、いつか必ず分かってしまう可能性が高いと思いますけれど。

 これからは、小さな写真も隅々まで見ないと。

Posted at 01:04:46 2015/07/01 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

もも さんへ

 いつも、ありがとうございます。
悪気が無くやってしまう事に対しては、あまり怒れません。
しかし、これが一番厄介かなのも知れませんね。

 特に、集団で居る子供達は、思いついた言葉を事の善し悪しに関係なく浴びせてくるので、注意が必要かもしれませんね。

Posted at 01:14:05 2015/07/01 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

 残念ながら、この話はこれで終わりです。
彼女のその後がどうなったのか、知る由もありません。

 子供は残酷です。
彼女がどんな気持ちでどう考えていたかは、判断が付きませんが、それが私だったら、きっと人生を恨むかも知れませんね。
とても悲しい出来事でした。

Posted at 01:47:54 2015/07/01 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

すももどーる さんへ

 残念ながら、彼女の行き先は把握していません。
当時は、彼女の身に何かあったのではと思ったりもしました。

 そうでなかった事を祈り、今も健在であれば宜しいのですが・・・。

Posted at 01:54:22 2015/07/01 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

見張り員 さんへ

 大人は、子供を傷つける事が許されません。
しかし子供と言うものは、その事を知っているので平気で傷つく事をして来ます。

 最近の子供達による事件等は、“やりすぎた”を理解しない、悪いと思わない子供が増えて来たせいかも知れませね。

 残念ながら、彼女の消息は不明です。
自暴自棄になり自分の体を傷つける事無く生きていてくれていれば良いのですが。

Posted at 02:05:47 2015/07/01 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック