2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

いとこ

kage

2015/05/15 (Fri)

 2週間ほど経ちました。
脂身効果は、いかがだったでしょうか。
吹き出物は減りましたでしょうか。
ちゃんと続けておられた方は、随分とお腹まわりがすっきりされた事と思います。
出来る事ならば、これからも続けられると良いかも知れません。

【 電話 】

 母の三回忌に行っていない事に気付いた私は、田舎の兄に電話をしようとスマホを手に取りました。
丁度その瞬間、それは驚くほどのタイミングで、スマホの呼び出し音が鳴ったのです。
掛かって来た相手は、更に偶然にも 田舎の兄でした。

タバコ 母の三回忌に帰って来なかった事の話と思って、控えめに「おう」とぶっきらぼうに答えると、更に控えめなと言うか神妙な声で「**ちゃんが死んだ」と言う言葉が聞こえます。

 私のいとこの中で最年長の**ちゃんが、亡くなったのでした。
私は彼と親しく遊んだ記憶がありません。
それでも、彼のことは深く記憶に残っていた人だったのです。
 
 ② いとこの事 で書いたいとここそ彼だったのでした。 

 4年前に伯母が亡くなり、3年前にいとこが亡くなり、一昨年は母とおばが亡くなり、そして今回いとこが亡くなってしまう事に。
死というものは連鎖反応を起こすものなのでしょうか。
そろそろ、私も死を意識しなければいけない年齢になって来たのでしょうか。







にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 


関連記事

この記事へのコメント

kage

順番です

おじいちゃん、おばあちゃんが死んで
両親、おじ、おばさんが亡くなっていき
次は自分たち

時は無常に流れていきます。
後悔の無い人生を送って生きたいですね。

ブログリニューアルおめでとうございます。
最近イラストが多いけれど
漫画ブログに変更ですか(笑)

Posted at 16:25:01 2015/05/15 by もも

この記事へのコメント

kage

No title

若い時は 死を身近に感じませんでしたが、身内、知り合いが亡くなっていく事と
青春時代に聴いていた歌手、俳優さん等が亡くなって行くと、自分も、その年齢になってきているのだ、この年になると、いつどうなるか分からない、、など、毎日、思ってしまいます。
体調も壊したのでなおさらなのかもしれませんが、皆さんも50歳位になると、残りの数十年しかない事を考えるのですかね?

Posted at 17:36:03 2015/05/15 by  おこちゃん 

この記事へのコメント

kage

もも さんへ

あちらに移ってから、旅日記的度合いが増えてきましたね。
なかなか充実しているようで。
大きな広告が出無かったら、私も移るかも。

 人は生を授かった時から、死が訪れる事は仕方の無い事なのですが、伯母や母やいとこも年齢はバラバラなのに、短い期間に連鎖的に亡くなってしまう不思議を感じて仕舞っています。

 ブログはまだリニューアル途中です。
約半年後とにテンプレを変更していますが、そろそろこのテンプレで落ち着くかもしれません。

 イラストは、試行錯誤して描いています。
マウスでの作画は実に難しい。
ちょっと挑戦中です。




Posted at 00:20:31 2015/05/16 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

おこちゃん さんへ

 いつからでしょうか、死を身近なものに感じてしまったのは。
やはり、身内が亡くなってからでしょうか。

 それでも親の世代が居なくなり、自分と同じその子供の世代が亡くなってくると、否応なしに気にするようになってしまいました。

 大人になって、怪我以外で病院のお世話になった事の無かった私も、2年前に2度の全麻手術と入院生活を余儀なくする事になった時と前後するように親戚関係が次々に亡くなると言う不思議な現象を気にしてしまっています。
特に私の父の家系は、殆ど早死にの血筋なので、長生きは出来ないかも知れません。

 おこちゃんさんも睡眠障害のほうは 良くなられたのでしょうか。
私は、数日前に睡眠不足からめまいを起こし、未だに頭ぐるぐる状態であります。

 今朝、何年も飼っていたインコが死んでいたのを発見した時に、なにやら意味深な世界の流れを感じてしまいました。

Posted at 00:41:33 2015/05/16 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 01:13:23 2015/05/16 by

この記事へのコメント

kage

も* さんへ

 “予定がいっぱい”の急がしい中の訪問、コメントありがとうございます。
どちらかと言えば、日記というよりもエッセイにも取れる文章力のある記事を読ませてもらっています。

 最近は、記事の更新と訪問が儘(まま)ならない状況にある為、も*さんの記事も飛び飛びで読んでいる状態でありますが。

 遠い昔、小学生の頃に生と死のことを考えて以来、深く考えた事はありませんでした。
今回も、それ程深刻に考えているわけではないのですが、自分の身近な知り合い達が年齢もバラバラなのに連鎖的に亡くなる様を目の当たりにすると、残りの人生の方が少ない可能性を気付かされます。

 どんな病に伏せようが、生きてこその人生です。
も*さんの仰るとおり、“生きていたい”それが真の心の叫びなのでしょうね。

Posted at 02:49:03 2015/05/16 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 09:10:24 2015/05/16 by

この記事へのコメント

kage

おはようございます

どちらかといいますと、豚のひき肉ものを食べていました(^v^)
少しずつ、良くなっているような気がします。

最年長の強面咥え煙草のいとこさんは
るどるふくんさんに、かなり酷いいたずらをしてしまったのですね。
その後、大変ご苦労されたということですので
ご冥福をお祈りさせていただきます。

るどるふくんさんは、ぜひぜひ、健康で長生きしていただきたいです!!

Posted at 10:07:25 2015/05/16 by すももどーる

この記事へのコメント

kage

No title

なるべく…とは思ってたのですが
続けるのは やはり大変ですね(^^ゞ
でも これからも意識してやっていこうと思ってます!


いとこさんの訃報。
急な事で さぞ驚かれた事と思います。
るどるふくん(さん)の
「死というものは連鎖反応を起こすものなのでしょうか…」
そういえば 我が家でも
身内ではないのですが
会社や友人関係での訃報が続く事は多いです。
結婚が立て続けに…という事はあまりないので
不思議な気もしますe-441

私のご贔屓アーティストさんも今回
いろんな所で 死生観のお話をされてました。
やはり 身近な人の死があったり
年齢的にも死というものに
ちょっとずつ近づいてるからなんだろうなと思います。
死を意識し そして生きてる今を意識する…
今この瞬間を大事に…e-420
そんな感じなのかもしれません(●´ω`●)

追伸
ブログが模様替えされてて
一瞬 違うとこに来たのかと思い
びっくりしてしまいました(〃 ̄ω ̄〃ゞ
スッキリ 爽やかな感じでいいですね♪

Posted at 15:28:05 2015/05/16 by みけ

この記事へのコメント

kage

さ** さんへ

 偶然なのか、連鎖が起こる事の不思議を感じます。
人が、神様などの力を信じてしまうひとつの原因になっているのかも知れません。

 さ**さんは、幼少の頃から感受性の強い方だったのですね。
亡きお父様への愛情が伝わる文章からも、人の命の大切さを自然に身に着けられた方と感じる事が出来ます。

 私へのお気遣いまで頂き、誠にありがとうございます。

Posted at 05:31:45 2015/05/17 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

すももどーる さんへ

 これからも、脂身効果や掌の効果を期待します。

いとこがどういった苦労をして来たかはわかりませんでしたが、彼のもとを訪れその姿や生活環境を目の当たりにした時、子供の頃に感じていた物が何も無くなっていた事に、人生の悲哀のようなものを感じてしまったのでした。
すももどーるさんのブログに訪れると、そんな感情を忘れさせてくれる効果があるのでしょうか、精神的落ち着きを感じてしまう、つまりは 癒されています。

 また私の健康への気遣いまで頂き、誠にありがたく思いました。

Posted at 05:50:35 2015/05/17 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

 不可解な事は、偶然の賜物であって何かの力が加わったものではないとおもっていますが、この連鎖に関しては 不思議なものを感じています。

 殆どの人達が、齢をとって行くに従い、新たな出会いよりも別れの方が多くなってしまう事から、そう感じてしまうのかも。
みけさんの仰るとおり、今の瞬間を大切に生きなさいという戒めなのかも知れませんね。

 ありがとうございます。
年に2回ほど替えていますが、このテンプレは永く使うかもしれません。

Posted at 06:13:54 2015/05/17 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

No title

 私の母方の実家は絶滅です。私のいとこにあたる2兄弟がいましたが、次々に若死に、その後伯母が亡くなり、祖母が確か96で亡くなり、最後に残された伯父も亡くなりました。
 父は「呪われているんじゃないか」と言っていました。

 早死にするか長生きするかどちらかみたいですが、周りの年寄り見ているとあまり長生きしたくないな。
 年金もあてにならないし。

Posted at 09:36:39 2015/05/17 by ひねくれくうみん

この記事へのコメント

kage

ひねくれくうみん さんへ

 
 私は平均寿命を超えたいと考えていますが、血統から難しいですね。
2割弱くらいの感じでしょうか。

 くうみんさんは 2分の一の確率なんですね。
私自身は、長寿か短命かを聞かれれば長寿と答えますが、くうみんさんも是非長生きを選択して欲しい。

 連鎖反応を起こしているしか考えられないくらい続きますよね。
不思議な現象です。
年齢が似たり寄ったりならなら、解らなくも無いのですが・・・。

 私の小さい頃は、60歳を過ぎたら悠々自適な人生をと言われていましたが、今は死ぬまで働ければ生活出来ないような時代になってしまいました。
余生を楽しむなんて言葉は、大金持ちにしか当てはまらないような世の中ですから、長生きをしなくてもいいと考える人が多くなるのかもしれませんね。

Posted at 22:31:12 2015/05/17 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック