2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

プレイステーション3や4の販売戦略の間違い その3

kage

2015/02/22 (Sun)

 据え置き型ゲーム機は 携帯型ゲーム機と一線を画するべき

 【 ゲーム世代 】

 ファミコン以前に流行った携帯ゲーム機の中心が、交換カートリッジのない単体ドットゲーム型で2,980~5,000円前後もしていました。
ブロック崩し以降大流行したゲームセンターのテレビゲームやレーシングゲームなどが、一回100円もしたことを思えば、家庭で遊べてカートリッジを交換するだけでいくつものゲームが遊べ、お金を次々投入する事もなく、携帯ゲーム機のようにすぐに切れてしまう電池の交換もしなくて済み、パソコンと同様の8ビットカラー表示の画面の夢のようなゲーム機は、ゲーム愛好家にとって 14,800円が夢のように安い金額で手に入る代物に見えたのでした。
それは、携帯ゲーム機の衰退とゲームセンターの激減を引き起こすほどの勢いだったのです。

とんでもないミス そのファミコンが流行って、30年も経ってしまいました。
その時ゲームにはまっていた方の中心、8~25歳くらいだった人達も、40歳近くから55歳を過ぎた年齢となってきています。

 後にゲームボーイの登場とたまごっちのブームにより、携帯ゲーム機が再燃しますが、据え置き型ゲーム機とのゲームユーザーとは一線を画す状態が続きました。 

 王者任天堂が64で失敗をするなか、パソコン並みCUPをもったセガのサターンとソニーのプレステーションが登場します。
セガが16ビット2基分を搭載したパソコン並みのゲーム機と謳い(うたい)文句をとれば、ソニーは 最新型パソコン以上のスペックを持つ32ビットゲーム機として売り出しました。
その差は歴然で、王者任天堂をに迫ったサターンを抜き去る形で初期販売台数の失敗で出遅れていたプレイステーションが抜き去り、日本市場どころか世界的大ヒットゲーム機となります。
そして、重点を、携帯ゲームにシフトしていた任天堂に対してプレイステーション2の発売により、据え置き型ゲーム機世界王者の座を不動のものにして行きました。
ここに、携帯型と据え置き型の棲み分けが確立されたと言えるでしょう。

バレバレじゃん この後、プレイステーション3に期待していた世界のゲームユーザーをがっかりさせるソニーの戦略の失敗が続くことになります。

 次回は、プレイステーション3や4の販売戦略の間違い その4(最終話) 



イイネ!   

にほんブログ村 小説ブログ コラムへヨイネ!  ヨカッタヨ!




世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。

関連記事

この記事へのコメント

kage

記事とは関係がないけれど

昨夜、メーテレ(テレビ朝日系列)で

「オウム20年目の真実」
という番組がやってました。
昨夜は疲れてて見ながら不覚にも寝てしまったのですが
途中まで見た内容では
あの上祐を擁護していくような内容で

ももは朝日新聞に洗脳されていて
朝日は真実の新聞!
朝日だけが良心!
みたいに思っていたのですが
先日の慰安婦の件で洗脳解けました。

また、つまらない話を視聴率のために全国に流してるな~と感じました。
視聴率もよかったみたいですっ!

オウムの現在なんかも
るどるふ様にいつか詳しく記事にしていただきたいかな~
るどるふ様の意見も聞けたらうれしいかな♪と思って
ちゃっとコメントしました。

お願いします♪

なんかもものニュース解説者扱いしてますねっ♪
池上彰さんみたい(笑)
ごめんなさい。

Posted at 13:37:20 2015/02/22 by もも

この記事へのコメント

kage

もも さんへ

 コメント、いつも ありがとうございます。
私も、その番組は観ていました。

 上祐氏に取材協力を申し出た時点で、彼の行動が仕方なかった事と彼を擁護するかたちを取ったと思います。
こういった番組作りでやってしまういけない事。
それは、主として取材に協力した人の悪かった事、おかしい行動などに目を瞑って(つむって)しまう事
でしょう。

 この番組作りを観ていて、昨年新たに入信したオウム信者達が、この番組を放送したせいで、今年はいくらか減って行くと思います。
しかし、上祐氏率いるアレフへの入信者は 多少なりとも増えて行く事でしょう。

 オウムを批判する意図で、こういった番組作りをしているのならば、麻原被告に係わった人達やこの宗教そのものがいけないものだという、はっきりしたコメントを放送しなければならなかったでしょう。

 殆どのメディアは、戦中に自由を奪われ、本心と違う放送を余儀なくさせられていた為、戦後になると反政府報道こそがマスメディアの役割と信じていました。
ところが、時代とともにおかしなことを言っているのが自分達の方であると理解してくるのです。
そして、おかしな報道は 少しずつ減って行きました。
しかし朝日系列だけは、そのコンセプトを未だに変えていない唯一のメディアだと言えます。

Posted at 00:33:31 2015/02/23 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

ありがとうございました

朝日新聞のお話もそのうち聞けそうなくらいの説明感謝です♪

また、これからいろんなNEWSの解説期待してまっす!

Posted at 16:18:52 2015/02/23 by もも

この記事へのコメント

kage

もも さんへ

 いつも、ありがとうございます。
コメントは残せていませんが、旅ブログになりつつある記事も楽しめています。

 こちらこそ、よろしく。

Posted at 19:27:47 2015/02/23 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック