2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

“思い込みによる勘違い”と“恥ずべき批判”

kage

2015/02/15 (Sun)

 【 矛先を間違えてはいけない 】

 後藤さん人質記事のコメントに対する返事で私が書いている予測内容と、ほぼ同じメッセージを“イスラム国”から、彼らの機関誌「ダビク」を通じて送られてきました。
この中で、「日本政府に恥をかかせるのが目的」と言っています。
この内容は私の知る限り、どのメディアも、どの評論家や専門家達も一人として話している人はいませんでした。

 詳しい内容は、 日本経済新聞日曜版、2月15日Web版
  日経新聞人質事件、日本に恥かかせる目的 「イスラム国」  にて

勘違い まんまと、彼らの陰謀に乗っかり政府批判をしている人達が多い事は、彼らの行動に加担しているとも言える行為でしよう。
その中でも一番ひどい内容は、安倍総理に人質の身代わりになるべきと、全く持って幼稚な事を述べたり書いている方々がおられる事です。
しかもその幼稚な発言に対して、“素晴らしい答え”と賞賛を与えている人達が多い事に、開いた口が塞がらない状態に陥り(おちいり)そうでした。

 どんな世界であっても、それが遊びの世界であっても、トップが捕まったり死んでしまえばその国は 終わりなのです。
例えば、将棋でも王が、戦でも大将が捕まったり降参すれば終わってしまう事は 世界中の人達が知りうる事でした。
だから、どんな事があってもトップの人は降参したり、身代わりになるような事をしてはいけないのです。
日本は。その簡単な常識ですら分からない人達が、こんなにも増えてきたのでしょうか。
もう一度言います。
例えば、会社のトップが降参すれば、会社は倒産するか乗っ取られてしまうのです。

 本質と真実が見えない人達は、大きな勘違いの下に批判や攻撃する対象を間違うと言う事を証明するメッセージでした。



 次回こそは、 最近の家庭用ゲーム機売れ行き不振の対策の間違いと深夜アニメの事を。



るどるふくんのお願い   ← 自由にお使いください!

イイネ!   

にほんブログ村 小説ブログ コラムへヨイネ!  ヨカッタヨ!
     ↑             ↑  
スマホ・携帯の方は この2つのだけでもクリックを




世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。

関連記事

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 10:36:08 2015/02/15 by

この記事へのコメント

kage

No title

こんにちわ。

後藤さん人質事件に対していろいろな意見がありますね。「思い込みと勘違いと恥ずべき批判」の意見についてはそのとおりだと思います。
世界一の借金(1025兆円超)問題について西嶋先生が生きている頃に聞いたことがあります。
先生曰く「経済は血液と一緒で一か所にたまることはよくない。経済において一番大事なことはお金が回っていることであり借金にあまりこだわることはない。
政治家はいかにお金を回すかが大切である。だからと言って借金を次の世代にたらいまわしにするのも間違いである。お金を回しながら借金を減らしていくということが政治家の仕事である。世界経済から考えると世界の政治的安定が一番大事である」と。

いくら借金があると言っても世界の国から見ればまだまだ豊かです。実際に数字で出されれば借金国となりますが。

女、子供が苦しむ国はとんでもないとあるとき先生が言われました。家を失い、病気になっても医者にかかれない、教育も受けられない貧しい人々のために出すお金はきっと役立つと思います。

Posted at 12:33:00 2015/02/16 by UFO

この記事へのコメント

kage

****ん さんへ

 コメント、ありがとうございます。
最初から交渉などする気がなかったと考えれば、莫大な身代金の要求額(支援学徒同じ236億円)も理解できる事でしょう。
本来の目的は、安倍総理の約束した支援金の撤回をさせたかったと考えています。
そうする事が、イスラム国への攻撃資金を止め、日本も莫大なお金を仕方なく支出しないで済む言い訳に出来るという妥協点を見出させようとしていたのでしょう。
だから、身代金の要求額が同じだった事が理解出来るはずです。

 支援する事は、テロ撲滅を訴えている国として、軍隊を出せない日本にとって当然の行為だったと思います。
しかし、日本の経済がガタガタの状態の今、****んさんの仰る通り、もはや236億円ものお金を出せる国なのか疑問をもっています。

 他の国の追随を許さぬ世界一の借金(1025兆円超)を背負った世界一の貧乏国が拠出する金額では ありませんね。
日本人から容赦なく巻き上げているとも言える税金を、日本国民の為意外に湯水の如く使うことは 考える直すべき時に来ている事を理解していない日本の政治家達の象徴とも言える一件でした。

Posted at 19:28:40 2015/02/16 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

UFO さんへ

 永きにわたる訪問、そして今回は コメントも頂きありがとうございます。
西嶋さんの著書は 読んだ事がありませんが、UFO さんのブログで読んで彼の人となりを知るようになりました。
仏の教えを説くのではなく、噺家さんのような論調で理屈で紹介されている様は、好感を持っています。

 その通りですね。
お金は生きて言われているように、使わない事には 経済の活性化に歯止めが掛かってしまいます。

 しかし、安倍総理は、下々の方へ行く金の流れる川底に土砂等が蓄積されていて、川幅に比べれば水の量が少ない事に気付いてない発言や行動を取っている事も確かと思えます。

 日本の借金額は いつ破綻してもおかしくない状態なのです。
日本が破綻してしまうと困る国々がアメリカ、ヨーロッパ、中国、韓国を始め、世界の半分以上を占めている為、その事が世界の国々に強く発信されていない現実があります。

 一説では、日本が破綻する前に取れるだけ取っておくべきと考えている国が多くなってきていると言われているのです。

 今回の支援は、当然正解と考えています。
ただ、今の日本国が支援出来る額でない事は 疑いの余地がありません。

 見た目ほど苦しくないと言われている日本も、貧困状態の人々は 後進国を上回る勢いで増えてきている事を、そして日本にも家を失い、病気になっても医者にかかれない教育も受けられない貧しい人や子供達がびっくりするほどいる今の現実を、西嶋さんも気付いていなかったのではないでしょうか。

Posted at 00:16:18 2015/02/17 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック