2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

日本人の中の愚か者達

kage

2015/02/06 (Fri)

 【 弔いの心 】

 サラ ブライトマン さんの歌っていた『月の息子 Hijo de la luna』を動画で探していたら、私の訪問しているブログ “ヘルメティック・サークル”で オリジナル歌手のミカノの Hijo de la Luna 『月の息子』を、タイミングよろしく動画で紹介して下さっていました。

 この曲は世界的ヒット曲で、サラ ブライトマン さんを始め、多くの世界のシンガーがカバーしている歌です。
この曲を何故探していたのか。
それは、この曲の歌詞がイスラム国の兵士達が知るべき詩に思えたのでした。
もちろん、人質殺人が行われたこのタイミングで、違法な官邸前デモを行った人々にも聞いて頂きたい曲です。

 ヨルダン人のパイロットの死を知る前に、 世界中のあちらこちらで、日本人の殺された二人を弔う(ともらう)集会が開かれました。
他所(よそ)の国の人に、世界各地で祈りをささげてくれると言う感動的人間愛を感じる最中に、日本の愚かな人達は、法律で禁じられている官邸前の抗議デモを行っていたのです。
マスメディアの中には、こんな非常識な行為を肯定するような報道をするところもありました。
世界の国々から観たら、なんとも情けない道徳観念を持っている民族に映っていた事でしょうか。

 経済政策に対するやり方で、安倍政権を支持するところは ありません。
しかし、外交に関しては、歴代内閣に比べれば優秀であり、圧倒的な支持をして行かなければならない状況下に有る事を全く理解で出来ていない人々が多い日本になっています。

イイネ!   

にほんブログ村 小説ブログ コラムへヨイネ!  ヨカッタヨ!


 この動画の日本語訳と今回の事件に当てはめた私の替え詩(赤文字)を載せました。
私の和訳は、【 続きを読む 】を クリックして下さい。

  Hijo de la luna →  月の息子

Tonto el que no entienda  → 愚かな者、それは理解しない者であろう
Cuenta una leyenda, → ある伝説は伝えているのだ
que una hembra gitana → あるジプシーの女が
conjuró a la luna → 月に懇願した
hasta el amanecer. → 夜明けまで。
Llorando pedía, → 女は泣きながら願った
al llegar el día, → 日が昇るまで
desposar un calé. → あるジプシーの男と結婚することを。

"Tendrás a tu hombre, → 「おまえは自分の男を手に入れることだろう、
piel morena,"  → 褐色の肌の色をした男を」
desde el cielo habló la luna llena. → 空から満月が言った。
"Pero a cambio quiero → 「しかし、それと引きかえに、私は欲しいのだ
el hijo primero → 最初の息子が
que le engendres a él." → おまえが男とのあいだにつくるであろう息子だ」。
Que quien a su hijo inmola → 自分の息子を犠牲にしようとする女は
para no estar sola → 誰かといっしょになるためであるから
poco le iba a querer. →子供をいとおしむことは、わずかしかない。

[繰り返し] ↓
Luna quieres ser madre → 月よ、おまえは母となることを望んだ
y no encuentras querer → そして、おまえは恋を見つけることは出来ない
que te haga mujer. → 女へとおまえを変える恋を。
Dime, luna de plata → 答えておくれ、銀色の月よ、
qué pretendes hacer → おまえは何をしようとしているのか
con un niño de piel. → なま身(素肌)の子供に。
Aーhaーha, Aーhaーha, ああ、ああ、
Hijo de la Luna.  → 月の息子よ。
   ↑

De padre canela → 褐色の肌の父から
nació un niño  → 赤ん坊が生まれた
blanco como el lomo de un armiño, → 白テンの背中のように白く、
con los ojos grises → 灰色の瞳で
en vez de aceituna-- → オリーブ色ではなく--
niño albino de luna. → 月の白子の赤ん坊。
"Maldita su estampa! → 「呪われし姿だ!
Este hijo es de un payo → この息子はジプシーではない
y yo no me lo cayo!"(cayo=callo) → そして俺はそれを黙ってはいられない!」

[繰り返し]

Gitano al creerse deshonrado, → 面目を失ったと思い込んだジプシーは、
se fue a su mujer → 自分の女のもとへ向かった
cuchillo en mano. ナイフを手にして。
"¿De quién es el hijo? → 「誰の子供なんだ?
Me has engañao fijo." → おまえは、ずっと俺をだましていたのだな」
y de muerte la hirió. → そして彼は彼女を死ぬまで傷つけ続けた。
Luego se hizo al monte → それから彼は森へ逃げ隠れてしまう。
con el niño en brazos → 赤ん坊を抱いて
Y allí le abandonó. → そして森でその子を捨ててしまう。

[繰り返し]

Y en las noches → そして夜には
que haya luna llena  → 満月となるようなとき
será porque el niño esté de buenas. → その月明かりは赤ん坊の幸福のためであろう。
Y si el niño llora → そしてもし赤ん坊が泣き止まぬならば
menguará la luna → 月は欠けることだろう
para hacerle una cuna. → 赤ん坊に揺りかごを作ってやるために。

[繰り返し]

*MUSICA. COMに参照(スペイン語 歌詞を日本語訳に) 愚かな者とは 理解をしようとしない者のこと。
世の中の歴史は伝えている
異国の愚か者が
争いを好む者に懇願した
争いがなくなるようにと
愚か者は泣きながら願った
戦争の口火が切られる前までに
友好関係を結ぶ事を

あなたは、同盟を結ぶ事に成功するだろう
思想の違う国とも
欲張りな国の者が言った
その手助けをしてやる代わりに
お前たちの大事な子供を
お前たちに産まれた最初の子供たちをだ
子供たちを渡しても
同志になりたい愚か者は
子供を渡しても構わない

[繰り返し]
愚か者よ、お前は仲間になる事を望んだ
しかし、平和が訪れる事は無い
欲にまみれた者との同盟へ
真実を教えて欲しい
愚か者よ お前達は何が望みなのだ
子供に何をするつもりだ
あぁ、なんてこと
愚か者の子供たちよ

穿った思想の者から
子供たちは 産まれた
何にも染まっていない真っ白で
純粋な目で
薄汚れていない
愚か者の子供たち
純粋こそ我が考えに染めてやろう
この子たちは 愚か者ではない
それを許す事はない

[繰り返し]
考えの違う子供たちを許せないと思った 争いを好む者は
愚か者に怒りを向けた
ナイフを片手に
誰に教育させた、どこ国の子たちだ おまえは、ずっと俺をだましていたな
そして愚か者は、死ぬまで傷つけられた
争いを好む者は、山奥へ隠れた
純粋な子供たちを連れて
そして子供たちを洗脳した

[繰り返し]

世の中が暗闇になろうと
満月の光が差すならば
洗脳された子供たちも兵士になるのだろうか
子供達が助けを求めるならば
地獄に落ちた愚か者は つぶやく事だろう
優しくしてやれなくて ごめんね、子供たち・・・と

[繰り返し]


 また延びてしまいましたが、 次回こそは、アフリエイトより、手っ取り早い儲けを生み出している人達の事を。

 その次は「最近の家庭用ゲーム機売れ行き不振の対策の間違いと深夜アニメの話」の予定 。

Hijo De La Luna




La Luna




世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。
関連記事

この記事へのコメント

kage

No title

キャ~、拙ブログをご紹介頂きまして、ありがとうございます!
るどるふくんさんも、『月の息子 Hijo de la luna』を探していらしたんですね。
この歌にちなんで、こんな風刺ができるなんて、さすがです!
この曲は、サラ・ブライトマンさんも歌っていたんですね~。

官邸前でデモを行うのが違法だとは知りませんでした。
結局、政府の今回の対応を批判する人たちは、身代金を払うべきだったと思っているのでしょうかね?
テロリストを相手に水面下で行う交渉は、お金だけでは済まず、武器供与や殺人の見逃しといったマフィアの世界のような汚い取り引きになるという話を聞きました。
本当かどうか知りませんが、考えられなくもないなぁ、と・・。
表面のきれい事というのは、何かと要注意ですよね。
そうして、次の犠牲に繋がっていくんでしょうね。

安倍政権に対するご意見、全く同感です。

Posted at 21:30:53 2015/02/06 by Ariane

この記事へのコメント

kage

Ariane さんへ

 コメント、ありがとうございます。
前記事のコメントにArianeさんと私111さんが、官邸前デモの事を書かれていたので。今回急遽、この事とに対する記事を書くべきと判断しました。

 サラ・ブライトマンの歌声の『月の息子』を探したのですが、見つからず諦めかけていた時に Arianeさんのブログの動画見て驚き、更に彼女の歌声を聞き、透きとおった歌声がブライトマンに近いものがあると感じました。
ゆえに、記事動画として載せる事が出来たのです。
Arianeさんに感謝致ですね。ε=ε=ε=(●・д・ノ)ノ【。+゚:.感謝.:゚+。】

 大規模な集会や大人数での違法デモ等を、日本の警察は取り締まりません。
要は、人数で負けてしまうので、住民の通報などの被害届等がない限り逮捕する事はありませんね。
何のための法律でしょうか。

 この違法行為を、先頭を切ってやっていたのが元大臣で某政党の元代表の弁護士議員だから、余計に情けなくなります。
この件は、違反をしている暴走族を取り締まれない事と似ていますね。

 イスラム国の思う壺にはまっている彼らは、準イスラム国人と呼ばれてもおかしくないと思うべきかもしれません。


  遅ればせながら、こういった記事の中に“ヘルメティック・サークル”を紹介した事をお詫び致します。
あと、和訳(替え歌)を褒めていただき、ありがとうございました。

Posted at 02:23:44 2015/02/07 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

No title

 こんばんは 初めて聴きました(^^ゞ
 綺麗なメロディーですねe-420
 でも 詞をたどっていくと
 とても悲しい物語なんだなと
 気づきます。
 
 るどるふくん(さん)の和訳も
 読ませていただき
 私も さすがるどるふくん(さん)
 すごいなぁと思ってしまいました (〃 ̄ω ̄〃ゞ

 メロディーの美しさが
 より悲しみを誘うようですe-441

Posted at 20:54:08 2015/02/08 by みけ

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

 コメント、ありがとうございます。
新しいパソコンのサクサク感が、心地良いようですね。
なんか、記事にも現れているようです。

 この歌は一回聞いただけで、印象に残ったのではないでしょうか。
国によって少し訳し方が違います。
日本は、なるべくあたり障りの無い訳になっているようですね。

お褒めの言葉、ありがとうございます。
私の訳(替え歌混じり)は、少し過激になってしまいましたが、考え方の違いによって殺戮を行う愚かさを問うてみました。

Posted at 01:54:17 2015/02/09 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック