2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

就職難を簡単に解決する方法 ( 最終章後編 )

kage

2015/01/27 (Tue)

 【 流通システムの改革 】

□=生産者・メーカー◇=問屋・仕入れ卸業者・輸出入輸出業者
△=小売屋・販売店・通販会社=消費者▽=中古・リサイクル業者
◎=消費者☆=運送屋=○=倉庫◆=大問屋▲=小問屋
●=新倉庫・管理会社★=下請け運送屋

 (図1)今の流通システム
mfTmA2sSzrydqEC1422322415_1422322866.jpg
 就職難を解決する方法は、殆どの日本人が間違った考えを持っているのかも知れません。

 世の中の殆どの大人達がパソコンを使っていない約30年程前に、業界初のテレビチューナー内蔵モニタやスーパーインポーズ機能を初装備したシャープの8ビットパソコンを使い、海外版の映画などに適当な字幕を入れて編集したり、ブロックくずしやドラクエ発売以前に世界的人気だったハイドライドもどきのロールプレイングゲームや競馬のシュミレーションゲームをプログラミングして遊んでいると、日本橋辺りの知り合いの人達を中心に受けて大人気になりました。

 日本電信電話公社からNTTに代わった時に、ソニーと共同開発の静止画テレビ電話が発売されます。
その時の知り合い達に、「パソコンにビデオカメラを繋いで通信すれば、動く画像を送れる」と言うと、結構本気で笑われた事がありました。
しかしながら、私自身は このテレビ電話を当時のお金で16万円も払い、2台買ってしまいます。
一台を田舎の両親に送りましたが、両親は使いこなす事が出来ずに、NTTの社員を呼んで通話した時だけの数回で終わってしまいました。

 秋葉原の電気店の店員達ですら、βビデオからVHSビデオにダビングする事が出来る事を知らなかった時代に、相互ダビングをして驚かれたり(ダビングと言う言葉すら知らない人が殆どだった)、ネット情報をマスメディアでも全く報道していない時代に「ネットで世界中の人達と、集会のような交信が出来るようになる」と言って、鼻で笑われたりもします。

 もっと遡(さかのぼ)れば、当時の立教大学の学生が始めた“友&愛”と言うレンタルレコード店の紹介をラジオで聞いた時に、「この先、ビデオのレンタル店が現れて流行る」と言って笑われたりもしました。

 バブルの頃、誰もネットビジネスしていない頃に、これからはネットが儲かると思い、当時勤めていた会社の社長や取引先の重役達に、ネットビジネスの話をした時も、『そんな訳の分からないものには、投資出来ない』と一蹴りされてしまいます。
今回の“就職を簡単に解決する方法”は、20年もの永い間言い続けてきた事でもありますが、これもみなさんに一蹴されるかもしれません・・・。


 (図2)江戸時代から昭和に掛けての流通システム
ZhzhCPOWQTnjx2u1422323025_1422324383.jpg 
 就職難を簡単に解決する方法は、流通システムの改革しか有り得ません。
要は、無駄を削るのではなく、無駄を作る事。

 生産者から作られた商品は、全てある程度の権限を与えた大問屋を通さない限り、販売してはいけない事にするのです。
これは、年功序列とともに江戸時代に確立した、世界でも類を見ない素晴らしい日本独自の流通システムだったのでした。
それが、(図2)のような流通システムなのです。

 歴史を考察した時、世界が幾度(いくたび)も経済危機や不況に晒(さら)されて来た時にも、日本は 決定的な窮地に陥った事はありません。
もちろん、災害や飢饉の時は仕方なくも不況に見舞われましたが、少ない期間で解決します。
やや不景気が長引いて混乱した時の殆どが、年貢(税)の追徴でした。
要するに、増税の結果だったのです。

 図1と図2を比べれば、一目瞭然。
特に運送屋が増え、それに伴う雇用は はるかに増えていきます。

 消費者の為に、安く販売すると言ったまがい物の言葉に、日本の経済は 悪化の一途を辿って来ました。
いい加減に気付かないといけません。
例えば、バブルが崩壊するまでの戦後の歴史において、ここまでの不況が続いた事は記録にありません。
また、このシステムが世の中を席巻し始めた産地直通とか、直販の会社や無店舗事業社が成功を収めれば収めるほど、世の中は不況に成って行くのです。

 ネットビジネスをはじめ、国に税金を多く払っている会社の大部分がそういった関係の会社に成って来ました。
だからもちろん、政府の経営の成功者や有識者の意見を聞く機関自体が、このシステムを再構築するはずが無いのです。
そのメンバーを見れば世間の人達の殆どが納得する事でしょう。
自分達の会社を経営危機に落としてまで、国民の生活を考えている訳があるはずもないのでした。

 これらの事を鑑みれば、景気がそれほど良くないEU(欧州共同体またはヨーロッパ連合)の農業改革を見習おうとするおかしな政府に成って来ているのです。
当然の如く、JA(農協)改革が素晴らしき事のように宣う(のたまう)人達の意見は 聞くに値しなく、一部を除く大勢の農家を苦しめ、更なる就職難を増幅させる事になるでしょう。

 このシステムが構築されたならば、 原価20~40円の物の販売価格は100円を超えるくらいになってしまうでしょうが、永い目でみれば必ず景気は回復し、生活にゆとりが出てきて、それくらい気にもしなくなる事だと考えます。

 この記事の後、年功序列制の復活、55歳定年の復活と大幅減税が税収を増やす方法である事の証明の話。
更に、子育て支援の間違いと簡単に子供人口が増える方法を続けるつもりでしたが、それは またの機会に。

 次回は、最近の家庭用ゲーム機売れ行き不振の対策の間違いと、深夜アニメの話を予定しています。



イイネ!   にほんブログ村 小説ブログ コラムへヨイネ!

ヨカッタヨ!





世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。

関連記事

この記事へのコメント

kage

なるほど~

でも、問題はこの大問屋の人ですよね♪
昔みたいに水戸黄門がいれば問題はないんだけれど(笑)
悪い人が大問屋になると庶民は涙を流すことになるんですか?

それじゃ、ももの税制案を聞いてください。
名前は「夜間外出税」です♪
夜、家の外に出るのに税金を払って許可証を発行してもらわないと出られないんです。
夜勤等ある就業者の方は会社負担です。
車の中は運転者が許可証を持っていればOKです。
ダンボールハウスは申し訳ありません外扱いとなります。

そのシステムを運営するために公共機関で働く人の分雇用が増えます。
税額を1万円/年くらいならどうでしょうか?
日本国民の半分は税金を納めると思うので
5000億/年の増税となりますが
老人や赤ちゃん子供には負担がかかりません。

ねえねえどうですか?
だめ~(笑)

Posted at 15:45:46 2015/01/27 by もも

この記事へのコメント

kage

こんばんは

るどるふくんさんは、いつでも先駆的に物事を見通すことができる方なのですね。
テレビ電話を、2台も持っていらっしゃったなんて
ビックリしました(^v^)

流通システムを簡素化している現代ですけれど
敢えて複雑化して肥大化することで
安定した雇用を作り出せるのですね。
農協の岩盤規制を改革するとか
最初から悪いものと決め付けているところに
違和感があったのですが
全メディアが、そう言っているようですので
農家の方々が、とっても心配です。

Posted at 19:02:09 2015/01/27 by すももどーる

この記事へのコメント

kage

No title

この話しは経験として大変よくわかります。
中間の企業が無くなれば、大問屋から、直接、一般家庭へ、安く、商品が渡り、家庭では、安いので嬉しいと思いますが、、。
中間の人の、仕事が無くなる。
或は、現在中間企業の人は 大変苦しい立場に居るわけですね。
結果、仕事がない、就職難を招いているということでしょうか。

今、購買力が無く、売りあげ不振が、大問屋まで波が来ているとおもいますが、、、結果、、大問屋が、直接、一般にも、ネットで商品を安く売ってしまっているので、中間は、大問屋の生き残り策の為に、仕事がない、売り上げが減ると言う事になってしまってますね。。
 

Posted at 19:27:47 2015/01/27 by おこちゃん

この記事へのコメント

kage

もも さんへ

 トーナメント、誠に残念でした。
農協のような管理問屋(団体)で不正が発覚したりした場合は、一般企業以上の罰金や罰則を設けるようにしたら良いかもしれません。

 とても面白い案ですね。
しかし、一人ひとりを管理するには、相当数の見張り番が必要になるので、400人当たり一人の見張り番として、25万人の人が必要で月に25万円の給料で考えると、人件費だけで25万円x12月x25万人で考えれば7500億円掛かかると思います。

 その他諸経費が1割と考えれば計8250億円掛かるので、年間2万円くらい取れば現実味を帯びますが、戒厳令のような法案には 猛烈な反対運動が起こる事が考えられます。~(‥*=*‥) ~ ウ-ウン,ムズ...v-411

Posted at 00:35:15 2015/01/28 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

すももどーる さんへ

 コメント、ありがとうございます。
こういった先を見るのが好きな方は大勢いらっしゃるので何とも言えませんが、近い将来の読みは大体当たっています。
だから、それに対する挑戦をしてこなかった事が、人生の一番の悔いの残る事かも知れません。
ただ、先が読めていたからといって、成功したかどうか疑問ですが・・・。

 典型的な衝動買いタイプでした。
なんだかんだ言いながら、買っちゃってましたね。

 お金は節約する事だけでは、悪くなり難いだけで良くなる事は無いと考えるべきでしょう。
ただ使い方を間違えれば、大変な事になってしまいますが。

 その通りなのです。
消費者に安く提供する事、すなわち、儲けを少なくして提供するのが正しいのか。

 労働賃金を抑えるか、従業員を減らのかを考えるのが営利企業の宿命だという事を、国や自治体からお金を貰っている公務員や議員の方々は 認識の甘さを露呈しまくっているのです。

 金がなくなれば、税金を上げれば良いなんて小学生の低学年が考えそうな事を、政治に係わる人間達が仕切っていると思うと情けなくなりますね。

 メディアの意見は国民の利益でなく、メディアの利益の為の発言なんだと考えれば、そのメディアの発言目的の本質が見えてくると思います。

 この件に関しても、一部の都合の良い農家の発言だけを流すやり方は、共産国以上の怖さを感じてしまいます。

Posted at 01:03:20 2015/01/28 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

おこちゃん さんへ

 物事の本質を見極めれば、その事が善か悪か見えて来ます。
多くの人達は、安くて簡単手軽なインスタントラーメンよりも、お金に余裕が出てくれば、価格が高くてもじっくり煮込んだスープに丹念に煉り打ち込んだ麺を堪能したくなるものです。

 おこちゃんさんの理解されている通り!。
世の中の議員達は、手間の掛からない簡単安い商品こそ、日本人のお好みの品だと考えているのでしょうか。
ちゃちで色あせたり破れ易くても、安い商品で良いと考えているのでしょうか。
国民に満足してもらう為には、生活の充実感とゆとりを与える事が一番なのに・・・です。

 『世の中に溢れる商品を安く手に入るシステムを作ってやるから、給料が安くなっても労働時間が長くなっても我慢出来るでしょう。』
『子育てなどで疲れている女性達や、あちこち痛がる年寄りまで働かしてあげるシステムを作ってやっているのだから、ちょっとやそっと上げた税金に文句を言うんじゃありませんよ』

 日本の政治家達のあざける声が、聞こえて来るようです。

Posted at 01:32:20 2015/01/28 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

No title

 旅行で行っただけなので見方が浅いのかも知れませんが、ヨーロッパなんかは日本人からすると不便で無駄の多い生活だと思ったことがあります。

 夕方ある一定の時間になると、お店が一斉に閉まる。お店に行っても、店頭にないので、置いていないのかと思って、「〇〇ないの?」と聞くと、奥から出してきたり。

 日本は便利過ぎるし、おっしゃるように流通を簡素化し過ぎ。
 自分で自分の首を絞めていると思います。

 実はおじさんの仕事も時代の流れで商売あがったりなのですよ、トホホ。

Posted at 09:08:43 2015/01/28 by ひねくれくうみん

この記事へのコメント

kage

No title

るどるふくんさん、こんにちは!

先を先を見ていけるってすごいですね☆
私はPCも携帯も先駆的なものは後からやっと使えるようになる感じです!

応援ぽちっ☆

Posted at 13:06:54 2015/01/28 by 保育士ママななみみ

この記事へのコメント

kage

しまった!

人件費を考えなかった~(笑)

Posted at 14:12:56 2015/01/28 by もも

この記事へのコメント

kage

No title

 気になってた「就職難を簡単に解決する方法」
 どんなものなのか…
 難しそうなお話だったら…と
 ドキドキしながらお邪魔しましたが

 e-451
 答えは すごくシンプル!
 流通システムの改革
 駄を削るのではなく、無駄を作る事。

 なるほど~
 説明も いつもながら
 わかりやすかったですし
 目からウロコみたいな感じでした。

 そして とうとう
 最終章になってしまいましたね。
 いろいろためになるお話
 わかりやすく
 ありがとうございましたe-420
 あまり政治経済の事に興味が持てなかった私も
 読んでみようかなと言う気持ちにさせられ
 お勉強になりました(^^ゞ

 次回のテーマも なんか気になってます(笑)
 記事 楽しみにしていますね (●´ω`●)

Posted at 15:55:41 2015/01/28 by みけ

この記事へのコメント

kage

ひねくれくうみん さんへ

 コメント、ありがとうございます。
確かに、物が便利になっていく事は 大いに歓迎しますが、何でもかんでも安く手に入る世の中になってしまうと、物のありがたみや感謝の心も薄れていく気がします。

 この不況の世の中にあって、例え農業以外のことで儲けていようが農協のような経営黒字の団体は、尊敬されて当たり前なのに。

 農作物を完全自由化競争の世の中にしてしまうと、割に合わない農家が辞めてしまうかも知れません。
結果的に作物が高くなる可能性は大ですね。

 日本が何故、災害などがあっても大規模な食料危機にならないで済んでいるのか、何故保護をする必要があったのかを完全に忘れてしまっている現代の評論家達と政治家が多くなっている事は、とても危うい事と感じます。

 そうですか、ひねくれくうみんの処も大変ですね。
でも、今の日本の一般家庭の大方は 割に合わない苦しい生活をせざる終えない状況にあるかも知れません。

 日本の舵を取る人達には ちゃんとした先読みが出来る人間になって欲しいものです。

Posted at 01:24:03 2015/01/29 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

保育士ママななみみ さんへ

 コメント、ありがとうございます。
子供の成長は 早いです。
今の、あどけないしぐさの瞬間を目に焼きつけるかビデオ等に残して置くと、将来きっと良き想い出に浸る時が来るはずです。

 先を見据えると言うか、『これって何かに応用できるんじゃないのかな』と.考えてしまう方だったんですね。
たまたま、同じ事を考えた人たちがいて、先にやって成功を収めてしまっているんでしょうね。

 先に始めるという事は ギャンブル心の強い人か自己満足を優先する人達が多い事は 間違いないと考えます。
どちらでもない“必要だから”とか“皆も持っていたりやったりするから”と、買ったり始めたりする人は、普通人で、損を少なく考える人は、評判の良いものを見極めてから買うの、で間違いが少なく済んで良いと言う考え方もあります。 


 サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

Posted at 01:25:02 2015/01/29 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

もも さんへ

 またのコメント、ありがとうございます。

 ももさんのように、未だアイディアを考え付く発想力が羨ましいですね。
私の場合は、応用する事だけの才でしかありません。

Posted at 01:25:46 2015/01/29 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

 コメント、ありがとうございます。
そうなんです。
答えは すごくシンプル!なんです。
新しい発想を期待していた方々には、申し訳のない事でした。

 これに限らず、先人達が何故このシステムを確立したのか、名何故こういった方法を取っていたのかを顧みれば、これからよろうとする事の是非が見えてくるのに、そのことを一切無視をした破壊的行動は 辞めてほしいものです。

 永い年月替えなかった物事には、必ずその方が理由があったと言う事ですね。

 世の中の有識者や評論家、そして政治家達が考え付かないのか、誰も言えないのかを見つけ、評論しています。
最後まで、お付き合いありがとうございました。

 今日、ちょっと気になることがあったので、おそらくは 次回の予定記事を先送りするかもしれません

Posted at 01:49:33 2015/01/29 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

No title

追加コメントです。

日頃より、伝統、技術、職人さんを、心配してます。
日本には、素晴らしい腕前を、持っている方がよい物づくりをしてますが、時代の流れで、手工業が減る一方で、昔から伝わって来た、良い品作りを、受け継ぐ人も、仕事もなくなり、その文化さえ無くなりそうです。
原因は、安い物が簡単に手に入るからだと、思います。
その為に、職人さんの賃金まで安くなってしまえば、後継者が居なくなるのは当然です。

もうひとつは、値下げ競争の問題です。
企業が薄利だと、消費者は助かります。
しかし、極端に例えれば、弁当屋さんが、安売り競争の結果、1個の弁当を売っても、純利益が、数十円になったとしたら。
人件費削減、海外輸入品に頼ると国生産が減る、もし、クレーム発生したら、賠償金で小規模会社は潰れる。

負のスパイラルに陥ると思います。

Posted at 09:39:42 2015/01/30 by おこちゃん

この記事へのコメント

kage

おこちゃん さんへ

 日本独自の伝統ある技術は、後世まで伝え続けていって欲しいものです。
保護したり、給付金をそういった人々にも支給するか宣伝を無料で行う事をしてあげるとか考える時期に来ているのかも知れませんね。

 一昔前までは、いかに利幅を効率よく取っていくかが安定企業への道でした。
現在は、いかにコストダウンをするかにだけ目が言っていて、その事が素晴らしい事のように評価する傾向にありますね。
世の企業のコストダウンの最大の悪は、人件費節約であり、人員整理か賃金の値下げかどちらかが主体になってしまいます。
理想のコストダウンとは、物が売れ行き好調になっていった結果、ひとつ辺りの製造単価が安く挙がった為に品物の値段が安くなっていく事です。
今は、価格があって、それを実現するためにあらゆるコストダウンをするというおかしな世の中になって来ていますね。

 クレマー天国の日本になってしまった現在においては、おこちゃんさんの仰るとおり、ちょっとしたことで会社がつぶれ、職を失う状況になっていく可能性が高いと考えます。

Posted at 23:23:08 2015/01/30 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック