2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

公共投資の本質と無駄

kage

2014/12/22 (Mon)

 【 公共投資 】

 高度成長期やそれ以前の日本においては、人口増加やそれに伴う産業の発展がありました。
そこに、助成金や莫大な資金を投入した公共事業などを行なうと、経済は 更に発展して行きます。

バス小型 例えば、人間を満杯に成るほど乗せた馬力の少ない小型バス、もしくは中型バスがあったとしましょう。
このバスに乗っている人々が、各産業の経営者達とします。
バスに乗っている経営者達は、人口増加や海外との取引が伸びて来ている事が解っているのですが、新しい工場を建てたり、従業員などを増やして事業拡大をする事を、慎重になっている人達が多かったのでした。

バス引き2 それならば、このバスを引いてやろうとする世の中の流れや、各自治体があったのです。
しかし、その流れや自治体の力は たいして強くありませんでした。

 そこで国は、道路を造ったり整備をしたり、資金が少ない為に、新しい産業や工場の新設などの業務を拡大する事を躊躇している会社や人達へ、助成金などで援助する事にします。
要するに、満員のバスを一人二人の小さな力で動かそうとしている人達に、力持ちの人達が手助けをしてくれて一緒に引っ張ってくれた訳です。
そして、バスは 動き出しました。

都バス すると、大きな力を持った人が手助けをしてくれるのならばと、次々にそのバスに乗り込む人達が増えて来て、小型や中型バスでは間に合わなくなり、大型バスにまで乗り込み始めます。
そして、手助けをしてくれる大きな力が無くても、バスに乗っていた人達が互いに引き合って、バスは 次々と動き出していったのでした。

 これが、公共事業や助成金の効力です。

 しかし今は、人口の伸び悩みや経済の沈下によって、バスに乗り込む人達が 殆どいない状態の中、大きな力を借りて動いたバスの中には 数人しか乗っていない状況になったのでした。
数人しか乗っていないバスに、先の見えない投資をしたくない事業家や会社に向けて、『動かしてやるから乗り込め』と言われても、乗り込む人は それほどいません。

 そこで、国は 更なる大きな力を貸します。
しかし、それに乗り込む大体の人達は、一緒にバスを引こうとする人達ではないのでした。
その大部分の人たちは、楽して次の停留所まで行けるから乗っているだけなのです。
そして、停留所まで行くと全てに近い人達が降りてしまうのでした。

 元々、会社を拡大したり、従業員を増やしたくない事業家達を、いくらけしかけても 効果は少ないのです。
ただ単に、お金の無駄遣いをしているだけなのでした。

たとえ、それに乗っていた数人の人達が行動を起こしたとしても、山火事に人の小便のようなもので、効き目など無いに等しいと思わなければなりません。

 条件の整っていない状態で投資をして成功する確率の低いギャンブルをしてしまう経営者は、皆無に近いのです。
まず、投資をするという安易な考えを捨てれば、活性化の道筋が見えてくるはずなのに、本質を解っていない経済評論家や学者などの有識者と政治家達の言論には 鼻で笑えると言う表現が最適でしょう。
もしそうでないなら、“いつまでたっても好くならない景気の打開策を考えていて、ほら、こんなにやっているよ”と言う国民向けのパフォーマンスに見えて仕方ありません。


 次回は、エコポイントの間違いと、地域活性化の条件とその方法をひとつふたつ。

記事の内容とバスの写真は関係がありません

   にほんブログ村 小説ブログ コラムへ にほんブログ村 政治ブログ 景気・雇用対策へ 応援クリックを。 



世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。
関連記事

この記事へのコメント

kage

こんにちは。

いつもためになる記事をありがとうございます。
今回もまたひとつ、勉強になりました。

そして、突然の申し出で大変恐縮なのですが、リンクさせていただいてもよろしいでしょうか…?
不都合等ございましたら遠慮なく仰ってください。
それでは失礼しました。

Posted at 09:30:47 2014/12/22 by 野津征亨

この記事へのコメント

kage

野津征亨 さんへ

 訪問コメント、ありがとうございます。
そう言って頂くと、恐縮します。

 リンクして頂けるとは、誠にありがたく嬉しい限りです。
野津征亨さんのブログは すでにリンクしていますが、他の方のサイトのリンクも多く貼っているので、目立たなくて申し訳なく思います。
これからもよろしく、お願い致します。

Posted at 10:35:30 2014/12/22 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

No title

今回の例え話は、分かりやすかったよーん。

Posted at 16:11:35 2014/12/22 by おこちゃん

この記事へのコメント

kage

おこちゃん さんへ

 ありがとうございます。
ただでさえ、政治ブログの体をなして来ているので、なるべく簡単に簡潔に分りやすくと考えて書いています。
伝わって頂けたなら、とても嬉しく思います。
おこちゃんさんのブログのように、大盛況だと直嬉しいのですが。

 この話は、年内に終わるようになるべく簡単に書いて行きたいと考えていますので、最後までお付き合い頂ける事を望みます。

Posted at 21:44:19 2014/12/22 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック