2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

消費税導入のおかげで、バブルは来た

kage

2014/12/09 (Tue)

【 消費税導入 】

 田中内閣時の三木武夫氏は 副総理も努めるほど内閣に固執します。
ところが、田中内閣が金権政治と悪評が立ち、金権問題が表面化すると いとも簡単に大臣を辞任し、クリーンなイメージを強調しました。
田中総理が失脚すると、内閣としては マスコミにも人気のあった椎名悦三郎自民党副総裁が三木氏を推薦します。
好景気であった故に、自民党以外の政権になって欲しくない国民も彼の総理就任を支持しました。

 しかし、政治家にとっては 解っていても触れては成らない領域の政治資金規正法改正、それと独禁法改正をやってしまいます。
これが、現在まで続くマスメディアや国民の目を気にしすぎる信念のない政治家を多く輩出するきっかけとなり、信頼のおけないグタグタ政治の走りとなりました。

 竹下 登氏は 田中内閣時代からの税のスペシャリスト山中貞則氏に税調を任せます。
この時に税制六法案が可決され、 医療費控除額の引き上げ、マル優の廃止、株式売却益課税の強化と消費税の導入がありました。
一方、所得税、法人税、住民税の引き下げや贅沢税と呼ばれるものが無くなります。

 野党は 消費税だけを取り上げ、食品にまで3%の税を掛けるのは いかがなものかと猛反対しました。
マスメディアは これまで優遇されていたCMなどの広告収入費に税が掛けられる為、猛反対。
広告収入の事は一切報道せず『食品に税が掛けられると困窮する世帯が増える』と、ほとんど全てのメディアが こんな番組作りをします。


億を稼ぐと言われた庶民?の超人気司会者 **朝と呼ばれるこの放送局は、午前中の生番組で女子アナウンサーが「マル優が無くなったり、食品まで消費税がかかってしまうと生活費が多くなってしまい、家計の負担になりますね。消費税には賛成ですか?反対ですか?」と言う誘導的質問を、町行く主婦らしき女の人達に次々質問を投げかけていました。
案の定、殆どの人達が反対、もしくは 食品だけには掛けないで欲しいと発言します。
ところが、一人の中年女性が「反対なんかしません。あなたは 税制六法案の中身を御存知でそんな質問をされているのですか?」と、逆質問。
突然の質問返しに答えられずドギマギしているアナウンサーに、スタッフらしき人がカメラを動かし、違う人に聞くように指示する声が入ってしまいました。
その日の夕方のニユースや夜のニュースステー***と言う番組では その部分だけをカットし、庶民を苦しめる消費税として政府批判を繰り返し、不景気が加速すると報道しました。

 当時、墨田区にある石鹸で有名な花*やセイ**社などは、年に100億円近い広告宣伝費を使っていたと言われていました。
例えばこの2社だけでも100億円に対する消費税の3%、3億円もの税金が取られると考えたのでしょう。
全広告収入からみれば、どれだけの税金の額になったのでしょうか。

 六法案の目玉は、贅沢税と呼ばれていたテレビなどの嗜好品に掛けられていた35%の税金が撤廃され、3%の消費税が掛けられると言うものだったのです。
ひとつの例として、消費税導入前の店頭価格20万円のテレビだと7万円が税金でした。
ところが消費税を導入したおかげで、7万円の税が無くなり、13万円に対する3%(3,900円)の税金が掛けられて13万3,900円で買えるようになったのです。

これにより世の中の大部分の商品が大幅に安くなり、手に入らなかったものが買える価格まで下がったことによって国民の購買意欲が刺激され、戦後最大の好景気と呼ばれたバブルが始まったのでした。

 前日までに、駆け込みでテレビや冷蔵庫などの家電や多くの嗜好品等を高い価格で買った方々に対して、マスメディアからの反省の弁を聞く事は 無かったと思います。
それどころか、あのニュースステー***と言う番組では 『消費税導入に対して、各企業がただならぬ努力をされた結果が この価格に反映されたんでしょうね。』と これまでの生活苦、景気後退、不景気突入論を無視した大胆な発言には、ただただ驚かされるばかりでした。


 次回は、バブル時の海部政権の対応と、崩壊後の政府対応の間違いです。


*お詫び
 前回予告の「理想主義者とマスメディァに誘導されるがままに、おかしな総理達を選び続ける日本人のこと」は 今回の記事では見送りました。
 
 また、前々回の記事と「憲法」と「憲法典」をちゃんと理解していない人達と、平和と男女平等と差別を都合のいい解釈している人達へ(9)に記憶違いによる間違いがありました。
訂正を持ってお詫び致します。

   にほんブログ村 小説ブログ コラムへ にほんブログ村 政治ブログ 景気・雇用対策へ
  応援クリックを。 



世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。
関連記事

この記事へのコメント

kage

No title

 消費税導入の裏側にはそんなこともありましたか。
 そう言えばあの時は消費税のことばかりが俎上に載せられていました。

 私が後になって、「しまった」と思ったのは郵便局の民営化です。それまで10円だった小額小為替の手数料、いきなり100円になってしまったんだもの。

 自分で考えなくてはいけないのだけれど、意図的に隠していると思われることもありました。例えば銀行への公的資金導入。
 導入って意味が判りませんでした。「借りる」のか、「もらう」のか?信頼できる筋からの情報によると、ほとんど貰ったそうですが。

Posted at 10:28:28 2014/12/09 by ひねくれくうみん

この記事へのコメント

kage

ひねくれくうみん さんへ

 いつも、コメントありがとうございます。
 マスコミに都合の悪い評論家が、表舞台から消えてしまいます。
都合の良くない専門家は、どれだけ的確でタメになる意見を述べようが“困ったチャン”として扱われます。

 そうですね。
打倒旧自民党体質、派閥政治打破に共感した人は多くても、郵政民営化には 国民の大勢が反対だったにも拘らず、小泉内閣が圧勝してしまいました。
野党が理想だけを語り、現実味のないことを連呼すればするほど国民は 自民党に投票します。
自民党の政策が素晴らしいのではなく、野党の無責任な理想主義に辟易している人間が多くなっているのでしょう。

 以前の記事で論評したように、マスコミの誘導による前回の都知事選で自民党を利用して当選した桝添氏は いとも簡単に自民党を裏切りました。

 簡単に考えれば解る事があります。
ただ言える事、国民に反発を受けてまで増税などをするのは 意味があるということです。

 おそらく、一番金権にまみれている共産党が躍進する事でしょう。
献金報告書をみれば判断出来るように、圧倒的に一番献金を受けている共産党を応援している零細企業などが、何故か税金の支払いが少なく済んでいると言う不思議な現実があります。

 自民党のように大手企業からの大口献金だけが、献金では無いということをまったく理解していない国民が多い現実があります。

Posted at 19:05:15 2014/12/09 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

No title

記事の本質を理解しているのか否か自信がありませんが、外国に比べて日本は本当に物価もお安いようですし、暮らし易いと思います。
外国はもっと税金が消費に掛けられていますよね。
国民も、それなりの福利が受けられるなら・・とまあ大人しくそういう価格を支払っているように見受けます。
(本当はどうなのかわかりませんが。)

日本人は、木を見て森を判断せずに、目先の不利益を大声を上げて抵抗するような民族に思えます。
元々は、日本人はもっと調和を大事にする国民だったとは思います。
しかし、日本という土壌に。アメリカナイズされた考え方のみが戦後導入され、憲法も大きく変更され、その辺から権利意識の高い国民になってしまったのではないか。。と思います。
権利主張する前に義務を果たす・・・、他人を叩く前に自分を振り返る・・そんな姿は今は皆無だと思います。

イジメの問題もそうですね。
多数団結して少数を排除するというやり方です。
これがまかりとおるのは、記事のマスコミのやり方をまねているのですね。

このままでは、きっと日本は滅びると思います。
昔の日本には、1000年かけても戻らないでしょう。
破壊というものは、それ程空しいこのだと思いますよ。

Posted at 20:22:41 2014/12/10 by ペチュニア

この記事へのコメント

kage

ペチュニア さんへ

 コメント、ありがとうございます。
木を見て森を見ず。
昔から、そういった方々はいたのですが、世の中の人達にたしなめられて来ていました。
悪く言えば、馬鹿にしたり、怒ったりしていたんですね。
今は、ちゃんと観ていない人達が横行して来ています。
穿った見方をしていようが、言葉使いがおかしかろうが、注意したりたしなめたりすると、偏見だとか余計なお節介だとか言われる始末です。
最悪、いじめや差別だとお門違いのクレームを大声で叫ぶ人達までが大勢いるようになりました。

 自由とは、規則や法律の範囲以内でやれる事です。
しかしそんな当たり前のことが、通用しない世の中になりつつあります。
発言の自由と言いながら、相手の発言を非難してばかり。
差別用語を使う事や、相手を嗜める事と馬鹿にして嘲る事の違いが、まったく解らない人達が多くなっているからでしょう。
先日の麻生さんの発言のように本音と事実を言った事に対して、あんなに避難を浴びてしまうと何も出来なくなってしまう事が解る一件でした。

 世の中に疑問を持つ人々は、現体制がおかしいと思い込む人が多くなってしまうのです。
実際は、不満を逆手に取られ洗脳されている事に気付かない人が多くなっています。

 経済についても、何が原因でこんな不況になったか お門違いの意見を声高々に訴えている方々が多く、それに耳を傾ける人も多い現実に、情けなささえ感じています。

 日本という国が滅びてしまうとは思いませんが、世界の国々から途上国扱いされてしまう事は もはや時間の問題かも知れません。

Posted at 22:50:36 2014/12/10 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

久々のコメントです♪

ももは久米さんに洗脳されてたくちです(笑)
ニュースステーションが始まった頃
広告の裏を使って
番組の進行表を書いてますとか

わあ~、すごいまじめな方たち

この人のいう事は間違いはない!
見たいに・・・

今はTVのニュースをそのまま受け取らないようにがんばっています(笑)
だって、がんばらないとすぐ洗脳されちゃうんだもの~♪

Posted at 15:20:46 2014/12/11 by もも

この記事へのコメント

kage

No title

るどるふくんさんは、昔の事にもお詳しいのですね。
私はこの頃の事は分からず、そうだったのか~、と、いつも楽しみに読ませて頂いています。

マスコミは、本当に誘導的な質問をしますよね・・。
でも生番組では、面白いハプニングもあったんですね。笑

あと、街頭でのインタビューは、マスコミが言っている通りの事を、オウム返しに喋る人の意見を流しますね。
そうして、これが人々の声だと言うのですからねぇ・・。

Posted at 23:31:06 2014/12/11 by Ariane

この記事へのコメント

kage

もも さんへ

 コメント、ありがとうございます。
アメーバではなく、ライブドアだったんですね。
気になって、いろいろ検索して捜してみましたが、ブログ名がわからないとヒットしませんね。
気がつけば、すでにブログ村の上位にランクされていました。e-451

 懐かしい。
丁度バブルが崩壊して、節約ブームになっていた頃の番組のことですね。
あの番組の、キャスター久米さんは、当時1億円近い収入のあった人でした。
その人が、これ見よがしに新聞のチラシの裏にメモをとり、「我々庶民の事を考えると・・・」こんなセリフが口から出るたびに、違和感を感じていましたね。

 あれこそ、現実に庶民の暮らしをしていない人のいい加減な発言そのものです。
しかし、あの素晴らしいパフォーマンスと話術は 私自身も好感を持って観ておりました。

 実態と嘘を解っている私のような人間でさえ好感を持ってしまうんですから、そんな事を解らない人達が信じ込んで洗脳されてしまうのも判る気がします。
それに比べ、現在の古館さんは まったく魅力を感じられませんね。
ただ、新日本プロレスの中継アナウンサーとしては、過去最高の人でしたが・・・。

 基本的に報道番組に限らず、街頭インタビューをする時の質問の内容と答えの求め方で、ヤラセをする番組か判ります。

Posted at 00:17:03 2014/12/12 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

Ariane さんへ

 コメント、ありがとうございます。
そうですね、もはや私は 昔の人間でしょう。v-395
以前の記事に書いているように、幼少時からの家庭環境が そういった事を詳しくさせたのかもしれません。

 現在は 政治問題に関する街頭インタビューの殆どが、解釈の誘導されていること。
その放送局に限らず、質問と回答をリアルタイムで流していない番組には 注意をする必要があるかも知れません。
後で、いくらでも番組の趣旨に合った内容に編集出来ますから。

 今では、世間の人達に聞いている報道以外の番組ですら、ヤラセの可能性を否定する事が出来ません。

Posted at 12:37:39 2014/12/12 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

なるほど~

これから注意して見ます♪
今思えばチラシも裏が白いの少ないもんね~(笑)

Posted at 15:40:56 2014/12/12 by もも

この記事へのコメント

kage

もも さんへ

 コメント、ありがとうございます。
この見せ掛けのチラシ裏作戦は、ひと月もしないうちに止めてしまいます。

 新サイト、訪問しました。
ずっとアメーバだと思っていたので、アメーバのプロフでももさんを検索して探しましたが見つからないので、まだ休憩中とだとばかり。

 ブログランキングのカテゴリーから捜した方が良かったみたいですね。
案の定、上位にランクインしていましたし。

 カラオケ動画も FC2で続行中すね。
またお邪魔致します。

Posted at 16:54:00 2014/12/12 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

No title

るどるふくんさんが昔の人だったら、私も大分、昔の人ですよ。笑

ただ、随分お若い頃から政治の事をよくご存知だったんだなぁと思ったのですが、やっぱり家庭環境の影響なのですね。
環境とか、教育とかって大事ですね。

私が一緒に暮らしていた祖父は新聞記者だったのですが、共産主義者で逮捕されたり、大杉栄と行動を共にしたりしていた人なんです。
祖父の事は好きでしたが、祖父の考え方は理解も共感もできなくて、私はずっと政治に無関心でした。

何度もコメント、失礼しました。

Posted at 22:24:47 2014/12/12 by Ariane

この記事へのコメント

kage

Ariane さんへ

 驚きました。
大杉栄。
すっかり忘れていましたが、テレビを見ていて初めてアナーキーなる言葉を知った昔の事件がありましたが。
その事件の被害者で思想家でしたね。

 統率者がいる事が、争いの原因と言われる方が未だに折られますが、人間の歴史において、統率者なきところには争いが蔓延します。
 
 彼ら自身でさえ、統率者の元に集まって行動を起こしているのに、言っている趣旨と行動している環境が相容れていない事に気付かず、理想と言う名の下に暴力や騒ぎを起こし続けていました。
これこそまさに、穿った社会主義でアナーキーを唱える人達の最大の矛盾点ですね

 御祖父様は、絶対に訪れる事のない“万民が平和で平等に暮らす世の中”を夢見ておられたのか、洗脳されてしまったのかとても残念です。
芸能裏話の桜田淳子さんの事でも触れていますが、40歳も過ぎてしまうと、例え間違いに気付いても、それを認めることの出来る人は ほんの僅かです。
過ちを認める事は その人にとって、信じて生きて来たたった一回しかない人生そのものを否定する事になるので、仕様のない事なのかもしれません。

 ひょっとしたら、逆にそれが解っていたので、御子息やお孫さんに無理強いや洗脳をされなかったのではないでしょうか。
Arianeさんの記事やコメントを読んでいると、最も正論派で、とても知的に感じておりますが。
わざわざ頂いたこのコメントは とても嬉しく思いました。

Posted at 01:38:25 2014/12/13 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック