2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

納豆大好き その2

kage

2014/11/14 (Fri)


 【 本場のお土産 】

 前回、納豆の記事を書いている時、思い出した事がありました。
それは 私が小学三年生の頃の事です。
三日間の組合の研修旅行で、茨城県の水戸に行っていた父が お土産を持って帰ってきました。

 「本場の納豆を 買ってきたぞ。」
私達 子供は 大喜びします。
「なっとう、なっとう!」
私と兄がはしゃぐと、それに釣られた弟たちまで はしゃぎだしました。
「なっとう、なっとう!」
母も祖父母も 大笑いをします。

 自慢げに、「これが本場の納豆だ」と、父が 大きな袋から取り出した物は、藁(わら)の小さな束(たば)でした。
その束は、大きな袋にいっぱい入っていたのです。
「うぉ~!」
私達は さらに興奮。
「こんなにいっぱい、食べきれないね。」
私が 喜び満面に出した顔で言うと、がっかりな返事が 返ってきました。
「家で食べるのは 二つだけ、残りは 近所の人と親戚への土産だ。」
これだけあれば、納豆食い放題と思っていた私達は がっかりします。

 本場の納豆を、食する時が来ました。
父が、もったいぶるように藁を開くと 強烈な匂いがしたのです。
私達は この異臭に耐え切れず、その場を離れてしまいました。

 「しまった、腐っている。」
他の束も開き、次々に匂いを嗅いだ父は、納豆の藁を袋に戻しながら がっかりした様子で こう言ったのです。
「初日に買って、2日も経ってしまったから、腐ってしまったのかもしれない。」
「参った、全部腐ってしまった。」
「これじゃ、土産として渡せないな。」
「南の地方に、納豆が無い理由が解ったよ。」
そして、その本場の納豆は 私達の口に入ることなく、翌朝、庭先で 異臭を放ちながら袋ごと燃やされてしまいました。

 結局、私は 藁に包まれた納豆しか見ていなかったのです。
その時は 藁に包まれた本場の甘納豆が 腐ってしまっていたのだと、ずーっと 思っていたのでした。
だから、会社の食堂でも、納豆が出された時に あの納豆と同じものとは 判らなかったのです。
藁の束に包まれていれば、思い出したかも知れません。

 その時の父は 納豆が 甘納豆で無いことを解っていても、あの納豆独特の臭いは 知らなかったのでしょう。
普段無口な父が、滅多に見せない表情で 軽快に話していたのに、突然落胆した表情をしてしまった事だけは いまでも 私の記憶に残っているのです。


 次回は、最近の世の中の出来事に 少々論する予定です。

 

 少しでも気になったらなら、クリックを。
 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 

にほんブログ村 トラコミュ 完全ノンフィクション~添加物なし~ へ
完全ノンフィクション~添加物なし~ 
(世間の事も参加)

世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。
関連記事

この記事へのコメント

kage

No title

 こんにちは。
 藁に包まれた本場の納豆は
 やはり 正統派の香り?(笑)がしますよねe-446

 納豆好きな私だったら
 きっと う~んe-266とか
 言って喜んじゃうかもしれませんが〃 ̄ω ̄〃ゞ
 そういえば 今 パックで売られてるものは
 匂い控えめなものが多いですね。

 でも 甘納豆と思ってたので
 皆さん さぞかし仰天されたことかと。
 もしかしたら その時の記憶が
 トラウマみたいになって 
 余計に 納豆嫌いになってたりとか…?
 
 

Posted at 17:16:04 2014/11/14 by みけ

この記事へのコメント

kage

No title

そのころの、納豆は経木に三角につつまれているか、藁でした。

なんと勿体ない、、。
納豆は、賞味期限切れても食べてますヨ。
それをお土産に貰ったとしても、親戚の方達も、お礼の言葉に困ったかもしれませんから、捨ててもよかったのかな?

Posted at 19:02:59 2014/11/14 by おこちゃん

この記事へのコメント

kage

こんばんは

お父様が、本場の水戸納豆を
お土産に買ってきてくださったのですね。
お子さんたちの喜びようが
伝わってきまして
とっても可愛いなと思いました(^v^)
お父様は、納豆のことをご存じでも
においのことまでは
ご存じなかったのですね。
やはり、お食べになったとしても
飲み込めなかったのではないかなと
思いました。

Posted at 19:39:27 2014/11/14 by すももどーる

この記事へのコメント

kage

No title

納豆じゃないんですけど、
賞味期限間近で安くなってた、外国産の元は高かったチーズを買って、食べてみたら、
あまりにも臭いし、変な味でまずくて、
これはもしかして、腐っているのか、それとも元からこういう味なのか、不明ですが、
とにかく食べられないほど口に合わなくて、二口ほど食べて、全部捨てた事があります。

Posted at 22:27:25 2014/11/14 by おかめ

この記事へのコメント

kage

ち** さんへ

 拍コメ、ありがとうございます。
ち**さんの話は ほとんどの方に受けると思います。
何とか たくさん宣伝することが出来て、とりあえず大勢の方に見てもらえれば ヒットが間違いないと考えます。

Posted at 01:29:38 2014/11/15 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

 まずは あの臭い臭いさえ克服できれば、大体の方が“大好きな食品”になる事と思います。
この頃、納豆と言う食品を知らない人達にとっては、汗汚れた靴下の匂いを嗅ぎながら食事をするようなものですから、耐えられる人は あまりいなかったと考えます。
更に、見た目も良くありませんでしたし。

 父は、納豆の事は 聞いて知っていたようですが、白い粉が吹き出たようなあの腐った見た目と匂いに、さぞ驚いた事と思います。

 土産売り場で、相当美味いような事を言われて買ってきたようです。
近所親戚が喜ぶ姿を、想像していたのかも知れません。
だから、大量に買ってきた納豆の藁の束を開けた時のショックは 如何ばかりだったかと。

 母や、祖父母が知っていたかどうかは 今となっては解りようの無い事ですが、私達子供は 普段食べている甘納豆の本場物が食べれるんだと、大きな期待をしていました。
だから、腐ってしまっていて、食べれなかったことは かなりのショックでしたね。

 納豆、それは、今では 大好きな食べ物のひとつとなっています。

Posted at 01:52:25 2014/11/15 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

おこちゃん さんへ

 そう言われれば、会社の食堂で出た納豆は 三角形のような物に包まれていてような・・・。

 納豆が、賞味期限が過ぎても大丈夫と言われた事はあります。
ひょっとしたら、日が過ぎてカピカピ状態になっていても 食べられるんでしょうか。

 おこちゃんさんの仰るとおり、家で開けないで 近所や親戚に差し上げていたら、“腐った物をよこした!”と大ヒンシュクを買っていたかも知れませんね。

Posted at 02:10:52 2014/11/15 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

すももどーる  さんへ

 当時の南九州地方では 納豆を食べた事の無い人でも、水戸の納豆は有名で、数多い人達が知っていたと思います。。
しかし、実際にそのものを食したことのある人は 数えられるほどしかいなかったかも知れません。
ほとんどの人達が、食べる前に、見た目と臭い匂いに耐えられなかったと考えられます。
食べてしまえば、とても美味しいので 南の方でも浸透して行ったはずでしょう。

 大体の子供達は 甘いものが大好きですから、本場物と言われれば どれだけ美味しいものなんだろうと、勝手に想像してしまいます。

 すももどーるさんの仰るとおり、たとえ食べていたとしても、醤油を掛けて食べると言う方法をやっていたかどうか。
会社の食堂で、初めて食べた私と同じ反応を、家族全員がやってしまっていたかも知れません。v-402

Posted at 02:33:43 2014/11/15 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

hassi さんへ

 拍コメ、ありがとうございます。
もはや、納豆は 朝のお供に近いですね。
1週間に2,3パックは 食べます。
通の人に比べれば、少ない方なのかも知れませんが。

 野沢菜を混ぜるのですか。
南九州地方の人たちは野沢菜も あまり食べないですね。
漬物自体も 甘いものが多いのです。

 漬物に醤油を掛ける人も少ないかも知れません。
くわず嫌いではいけないので、機会があれば挑戦してみます。

Posted at 03:10:03 2014/11/15 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

おかめ さんへ

 コメント、ありがとうございます。
そう言われれば、当時の南九州地方では チーズも置いている店も あまり無かったですね。
(納豆は ほとんど見かけませんでしたが。)

販売していたのは 特別な食品売り場のような所だけだったような。
今では、どこでも置いているようですけれど。

 おかめさんの仰るように、加工していないチーズは あの臭みに慣れない人たちにとって、キツイものがあります。
多分、大丈夫だったと思いますが、納豆を食べた事の無いお人達は、そのチーズの感覚と似ているのかも。

 小学校の時などに、給食等で出たチーズは 臭みと味が異様な感じがしたことを 覚えています。
発酵食品なので、簡単には腐らないと思いますが、カビの部分を切り取って食べる人たちもいらっしゃるので。
難しい食品であることは 間違いありませんね。

Posted at 03:29:46 2014/11/15 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

No title

今は好きなんですネ。
北海道、東北の方の中には、砂糖を入れる方もいますよ。ネバリが、強くなるらしい。
あと、砂糖と醤油とか。<丶´Д`>ゲッソリ

うまい棒の、納豆味が茨城に売ってます。美味しいよ!

あと、乾燥納豆もカリカリの後ネバネバして、ツマミやお茶漬けにいいです。

賞味期限切れたら、匂いがきつくて固くなるけど、大丈夫。

流石に、白いツブツブが出てきたら
ガリガリするので、捨てますが。

(゚´Д`゚)゚。━━━ン!!!!

Posted at 02:34:29 2014/11/16 by おこちゃん

この記事へのコメント

kage

おこちゃん さんへ

 いろいろな味付けがあるんですね。
ちなみに、私は 醤油5、砂糖2、酢3で酢醤油を造ります。
さしみや、すし、あらゆるものに対応させています。
基本的に、薄口醤油は 塩分が多いので合いませんね。

 うまい棒納豆味?
あまり、旨そうな感じはしませんが、おこちゃんさん推薦なら一度試してみたい。

 納豆茶漬けですか。
んん・・・ム。
一回は 試します。

 白いツブツブが出てきたら ・・・。
食べた事あるんですね。v-12
v-408

Posted at 19:57:23 2014/11/16 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 10:15:39 2014/11/17 by

この記事へのコメント

kage

ひ****** さんへ

 わざわざコメント、ありがとうございます。
術後の経過もよろしいようで、安心いたしました。
また、私へのお気遣いも頂き、嬉しく思います。

 実話なので、面白おかしく書けないのが難点ですが、評価ありがたく思います。
納豆の話は 終わりましたが、霊魂の話は また機会があれば記事にしたいと考えています。

Posted at 19:36:11 2014/11/17 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

食べれません

MMも納豆食べれません。
臭いもネバネバもだめです。
でもお父様のお土産のお話し
なんだかかわいくって
いーですね。
くさやとかお土産困っちゃいます。
うれしいですけどね。

Posted at 08:31:35 2014/11/23 by TYPE MM04

この記事へのコメント

kage

TYPE MM04 さんへ

 世界でフランスと本来の日本人の食文化において、見た目と香りは最大の食をそそる必要アイテムです。
その二つが成り立たない、悪く言えば もっも最悪な食べ物になる訳ですから、嫌いである人達が多いのは もっともな事ですね。
最初に食べた方は、相当の勇気があったか、食べなければいけない状況に置かれた人間だったのかも知れません。
食べた事の無い方にとっては、TYPE MM04さんの反応が最もまともだと考えます。

 父は、以前納豆を見た事はあったようですが、やはり、関東近県で人気の“本場の物”と言う言葉の食材が、まずい訳があるはずが無いと考えたのかもしれません。
結果的に、TYPE MM04さんやおこちゃんさんのコメントのように、御近所や親戚に配らなくて良かったのかもしれませんね。

Posted at 19:31:29 2014/11/23 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック