2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

「憲法」と「憲法典」をちゃんと理解していない人達と、平和と男女平等と差別を都合のいい解釈している人達へ(19)

kage

2014/08/15 (Fri)

 【 差別と区別の違い、「憲法」と「憲法典」 】  

 日本人なのに日本語を理解しないで騒ぎ立てる世間の人達。
区別と差別を語っている殆どの方か間違っています。
今の世の中は 差別と言う言葉が悪い言葉という前提の下に 話を進めていたり、語る人達が多くなりました。

 区別とは、違いをはっきりさせる為に別ける事です。
例えば、食器の場合で考えて見ましょう。
茶碗と皿に分別しました。
これが、区別です。
茶碗を、ご飯茶碗と吸い物茶碗に別けました。
これも区別です。
同じ皿でも電子レンジで使える物と使えない物に別けました。
これも区別です。
高級な皿と安価な皿を別けました。
これも区別です。

区別とは 物事をそのものに定義される法則に従がって別ける事なのです。

 差別は 物事の違いを明白にする為に、別け隔てる事です。
高級な皿と安価な皿の保管の仕方を変えました。
これは 差別です。
同じ皿なのに、図柄の好みによって別けました。
差別です。

 お解りになったでしょうか。
上の行為が おかしい行為と思って絶対やっていないと言える方がいるのでしょうか。
区別も差別も普通の行為であり、日常の言葉だったのです。
なんら、おかしくありません。

 例えば、本来、肌の色によって区別して、差別する事は まったくおかしい事ではないのです。
そのことによって、馬鹿にする行為が問題である訳なのに、いつしか言葉自体がおかしい事だと言われるようになったのでした。

 もっと、良い例を挙げれば、区別語と差別語を無くした身体障害者と言う単語があります。
今の子供達は めく*、つん*、ちん*等の単語を知りません。
しかし、イジメ自体は 増えています。
その最たるものの語が“身体障害者”であり、“身障”でした。
そういった方々に、「身障、身障、あっちいけ」等といった言葉を投げつけているのです。

 男女平等も同じで、単語とその行為の違いも解らない人達が 言葉尻だけを捉えて激怒する様は無知の域を超え、情けなく滑稽にも見えています。
1978年辺りから始まった偏見教育の弊害そのものでしょう。
その年代が主力の時代になり、当時、その教育方針を批判していた方々の将来像そのものになりました。
タメ口、敬意のなさ、自分勝手、おかしな権利の振りかざし。
偏見報道を平気でやるのもこの世代が主力だからでしょうか。
世の中のビリがいなくなれば、ビリから二番目がビリになると言うこんな簡単な図式が判らなかった、当時の文部省などの関係者の人達が頭を丸めるぐらいではすまない世の中にした責任は 重大です。

 憲法解釈については 次回に持ち越します。

 本日は 終戦の日です。
日本の為に戦って亡くなられた方々、戦争の犠牲になられた方々のご冥福を 心より祈ります。

 次回は 「憲法」と「憲法典」をちゃんと理解していない人達と、平和と男女平等と差別を都合のいい解釈している人達へ(20)です





エッセイ・随筆 ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  




世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。
関連記事

この記事へのコメント

kage

 わかっているようで
 実は はっきりとはわかってないような事。
 感覚としては わかるんだけど…
 そんなあたりを わかりやすく書いてくださってて
 なんだかスッキリしました。

 うわべだけ整えても ダメですねe-441
 
 未来を背負っていく子供達には 
 きちんと内面を見つめていける力?みたいなものを
 持ってもらいたいなぁ…と思います(´ω`*)v-22

Posted at 16:00:11 2014/08/15 by みけ

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

  思い込みは とても恐い事ですね。
マスコミのヤラセ報道同様、一旦信じてしまうと、お門違いの発言を繰りえし、誹謗中傷を繰り返してしまいます。

 この差別と言う言葉も、悪前提に話を進めがちになっている為、偏見による攻撃が治まらないのかもしれません。

> うわべだけ整えても ダメですね
そう言う事ですね。
物事を議論する時、事の真意が判らぬまま悪前提で討論する事の恐さを認識する必要があります。

 これから先の時代、きれいごと優先の仕組みを変えていかない限り、真実までが捻じ曲がって行くことでしょう。
未来の為に、ちゃんとした教育がなされる事を期待したいものです。

 今回も、難しい問題にコメント頂き、ありがとうございました。

Posted at 00:07:04 2014/08/16 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

こんばんは。
やたら差別語とか言うのも、どうかと思いますね。
例えば「子供」ではなく「子ども」と書かなくてはいけないとか・・・。

「差別」とか「レイシスト」とか「右翼」とか、議論自体を封じ込めようとするようなレッテル貼りもありますよね。
逆に、最初から善と決まっていて、人に反対させないようなレッテル貼りもありますが。

先日は、せっかく後姿を褒めて頂いたのに、そのコメントを拝読する前に、うっかり顔を出してしまって、「うわ~、そんなことがあるんだ、失敗した!」と思っていたんです。
お気遣いくださって、ありがとうございます(笑)
拙ブログの記事もお読みくださって、嬉しいです。
るどるふくん(さん)、プロフィール写真を替えられたのですね。
イケメンさんなのですね^^

このシリーズ、応援しています。
るどるふくん(さん)のような人気ブロガーさんが、こうした記事を書いて下さるのは頼もしいです^^

Posted at 23:36:22 2014/08/16 by Ariane

この記事へのコメント

kage

Ariane さんへ

 難しい問題に コメント頂き、ありがとうございます。
マスコミにしても学校教育にしても、戦争反対、差別反対ありきの教育がまかり通っています。
軍隊を持つことに賛成の人を差別したり、自分らと違う考えの人たちをファシズム的な考えの持ち主だと差別している人が多く、差別用語を使っただけで、レイシストだと決め付けて差別をし、いじめの対象とする人達が多くなりました。
差別をするなと訴えている張本人達が、差別をしているのに気付いていない へんな世の中になっています。

 いえいえ、ハイソな麗人と言っても良い写真だと思いました。
浅丘さんとは 違いましたが、例えるなら若い頃の草笛光子さんに似ておられますね。

 プロフィールの写真は チョコチョコ替えています。
もはや、人気とは 言えない現状です。
このシリーズにして、共感を持っていただいた方もおられますが、ブログランキングもかなり落ちました。
最高時の半分以下のポイントになってしまいましたね。

 申し訳なく思いますが、このシリーズは 後2,3回で一旦終了します。
ただ、時事ネタは 世間評論家として、たまに載せて行くと思います。

 応援、感謝致します。

Posted at 01:38:20 2014/08/17 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック