2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

「憲法」と「憲法典」をちゃんと理解していない人達と、平和と男女平等と差別を都合のいい解釈している人達へ(7)

kage

2014/08/03 (Sun)

 【 本当の沖縄返還の立役者 】

 この山中と言う人物は 佐藤栄作元総理の命を受け、沖縄返還に尽力し、一番の功績を挙げた人でした。
先に返還されていた奄美は 鹿児島県に復帰します。
ところが、沖縄の県民は 日本人が思うほど復帰を望んでいた人が多いわけでは ありませんでした。

 特に、沖縄の主席、副主席のような存在の人達です。
鹿児島県の一地域になってしまい、権力の低下と アメリカの支配化の下に出来上がりつつあった琉球国の崩壊を意味すると考える人達が 大勢いました。
それと、アメリカの一部であった為、沖縄に移り住んで沖縄人となっていたアメリカの人達の処遇とか、これら幾つもの問題を解決した人です。
当然、鹿児島県の一地域になると思っていた鹿児島の人達への説得、県として独立した後の始末を、沖縄復帰後も大臣として尽力する事に。
しかし、国政ばかりに力を入れすぎた為か、地元への貢献度は低く いつも当落線上にいた政治家でした。

田中角栄 田中角栄さんは 岸信介内閣から池田内閣や佐藤内閣などで大臣を務めます。
佐藤内閣の時は 私の後は君が総理だと言われますが、それを良く思わぬ勢力を抑える為にも 佐藤さんは もう一回総理を続ける事にしました。
しかし、彼は 次期総理に福田赳夫さんを推薦したのです。
怒り心頭、田中さんは 派閥を分裂させ、田中派が結成されました。
佐藤派の中で、山中さんなどのような功績を 彼一人の手柄とする手法に嫌気をさす議員達を中心に、田中派に次々移籍します。
その中に、二階堂さん、山中さんもいたのです。

 そして、田中内閣の誕生。
二階堂さん達が私の家に来た時に少し話していかれた事を、この内閣は 実行に移し始めました。
その内容とは・・・・、次回にて。


山中さんの顔が写っています。
国土保全と地域間格差を考える議員

 次回は 「憲法」と「憲法典」をちゃんと理解していない人達と、平和と男女平等と差別を都合のいい解釈している人達へ(8)です





エッセイ・随筆 ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  




世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。
関連記事

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 22:09:01 2014/08/03 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック