2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

「憲法」と「憲法典」をちゃんと理解していない人達と、平和と男女平等と差別を都合のいい解釈している人達へ(6)

kage

2014/08/02 (Sat)


 【 田中角栄に惚れた男 】

 ちょうど 大阪万博が開催された頃だったと思いますが、私の家の前に 黒色の大きな車が止まりました。
中から三人の男の人達が出てきます。
そのうちの一人は 一升瓶が二つ結んであるお酒を持参していました。
それがいつものように政治関係の人であることは 直ぐに判り、そしていつものように ふすま一枚隔てた隣の部屋に入り、聞き耳を立てます。

二階堂進 このときの私は ほんの小さな子供でしたが、父親の所へやって来る人生相談者や政治関係者の話がとても新鮮で、大人の世界の真実が垣間見えているようで よく聞き耳を立てていたのでした。
いつもの人達なら、長話をして酒瓶は 置いていくのですが、その人達は 十分も話さないうちに 酒瓶を持って帰って行きます。 
いつもの人達と違い、別世界の人のように感じた私は 「今のは だれ?」と なんとなく父に聞いてしまいました。


 一年も経たない頃、その人をテレビのニュースで観る事に成ります。
びっくりした私は 一緒に観ていた父に 「あの時に来た人だよね」と訊ねました。
すると父は、「よく覚えていたなぁ、二階堂進さんと言う人だ。」
「一緒に来ていた人は 山中さんという人なんだよ。」
そしてもう一人の酒瓶を持っていた人は 秘書の方だったのです。

 彼らは、父の手腕を聞き、この辺りの票のとりまとめを依頼しに来たようでした。
父の応援している議員さんは この事を知っているのか聞いたところ、知らないことだと言われたそうです。
しかし、今応援している衆議院議員を裏切れないとして 断ったのでした。
何故、同じ党なのにそういった事をしたのか、約2年後に判る事になります。

 田中角栄内閣誕生。
彼の成して行く政略の一部を 私の父は 知っていたのでした。




 次回は 「憲法」と「憲法典」をちゃんと理解していない人達と、平和と男女平等と差別を都合のいい解釈している人達へ(7)です





エッセイ・随筆 ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  




世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。
関連記事

この記事へのコメント

kage

 なんかすごい話ですね。
 地主さんとは言え、るどるふくん様のお父様の手腕を宣伝した訳でもないのにこのような大物まで頼ってくるなんて。
 次はどうなるの?ついに角栄登場?

Posted at 13:46:54 2014/08/02 by ひねくれくうみん

この記事へのコメント

kage

 なんと! 二階堂さんが!e-451
 
 きっぱりお断りできるのも
 立派だなぁと思いました。
 
 お父様は やはりすごい方ですねe-446
 
 

Posted at 14:58:35 2014/08/02 by みけ

この記事へのコメント

kage

ひねくれくうみん さんへ

 いつもありがとうございます。
こ時の選挙に立候補していた自民党系の議員が三人、定数が3でした。
次回記事にも載せる予定ですが、この時代社会党が大人気でこの選挙区で一議席を確保する可能性が高まっていたのです。

 公明党も支持を拡大し始めていた為、山中氏が一番当落線上にあると言われていたのでした。
要するに、たとえ他の自民党の人が落ちても彼を落とす事は 絶対に許されないと思っていたのでしょう。

 残念ながら、角栄さんは 観たことは無く、二階堂さんも家に来られたのは これが最初で最後でした。

Posted at 22:10:46 2014/08/02 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

 いつもコメントありがとうございます。
義理を優先した父でしたが、政治家として上を目指そうと考えていたならば、ここで恩を売っておくべきだったのかもしれません。
すでにこの時、彼は 大物感の漂っていた人物でした。
子供にも解る程のオーラが出ていたのでしょうか。

 父は その時には 全国的に有名になりつつあった彼を前にして、やや緊張しているように見えます。
そんな姿の父を観たのは 初めての出来事でした。
何故質問したか覚えていなかったのですが、ひょっとしたら 父のそんな姿を見た為、彼の名前を聞いたのかも知れません。

Posted at 22:26:41 2014/08/02 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

ペ***さんへ

 拍コメありがとうございます。
普通に憲法論を語ると、他のブログと同じになってしまいます。

 経験を基に大多数の皆さんが知らなかったであろう事実や真実を書いているところです。
何も判らず、国益や人権よりもきれいごとを優先している方々が多い事、そのことによって、自分自身までが生き辛くなっている事に気付かぬ人達が もう一度考えてみて欲しいとの考えから、記事にしています。

 もうしばらくこの記事を読んで戴ければと思います。

Posted at 12:29:54 2014/08/03 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック