2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

「憲法」と「憲法典」をちゃんと理解していない人達と、平和と男女平等と差別を都合のいい解釈している人達へ(1)

kage

2014/07/28 (Mon)

 【 側室と妾 】

 体の弱かった私は 兄と全く逆で 家の敷地から外で遊ぶ事があまりありませんでした。
祖父の父は 家老伊勢氏の末裔でしたが、明治維新の法律により 婚外子とされ、跡を継ぐ事は 出来なくなります。
要するに側室の子だったのです。
男子継承の慣習が終わりを告げ、例え士族の子であろうが 妾の子となったのでした。

伊勢家跡 そして、伊勢の名を継ぐ事の出来なくなった彼は 結婚相手の女性の姓を名乗ることになります。
しかし、側室と違い妾と言う言葉は 風当たりが強く 彼女の親からも結婚を反対され、駆け落ち同然の生活をする事になったのでした。
彼女は 結構有名な商人の娘であったため、貧乏な生活の割には 高価な桐ダンスや三味線、尺八、琴等の習い事の品物とか高価な着物も持っていたようです。

 一方、彼の方は 彼の父親の形見として伊勢家代々の刀や鎧兜(甲冑)を持ってきていました。
私が小学生の低学年の頃まで、これらの物は 刀を除いて家に飾られていた記憶があります。

 そんな父を持つ祖父は 貧乏とは無縁の金持ちの娘と結婚することになりました。
私の祖母の家も金持ちだったのです。
それが、第一次大戦の徴兵と言う大きな出来事によって 一気に貧乏人となり、小作農家となってしまうことに。
彼は 農家の傍ら、家に欲しい家具などを 自分で作るようになります。

 五人の子供達にも恵まれ、安定しかけた矢先に 太平洋戦争が勃発。
戦況が悪化すると二人の男の子供達は 次々志願して戦争に参加して行きました。
そして、長男は 一人で降りる事の出来ない人間魚雷に乗り込み、海の藻屑(もくず)と消えていきます。


 次回は 「憲法」と「憲法典」をちゃんと理解していない人達と、平和と男女平等と差別を都合のいい解釈している人達へ(2)です。

 このシリーズに対するコメントは コメントをしてくれた方々への誹謗中傷を避ける為、承認制にしました。



 少しでも気になったらなら、クリックを!

エッセイ・随筆 ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  




世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。

関連記事

この記事へのコメント

kage

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 10:17:40 2014/07/28 by

この記事へのコメント

kage

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 12:48:14 2014/07/28 by

この記事へのコメント

kage

なんか難しそうな展開ですね♪

でも、8月には読んでほしい記事ということなのかな~。
真面目に聞かないといけませんね。

サンシキすみれ歌ってきました。
完璧?に憶えてました~(笑)
アップしたら連絡します。

「ねえ、気がついてよ♪」
も、歌っちゃった。

Posted at 19:40:02 2014/07/28 by ヒカル

この記事へのコメント

kage

ヒカル さんへ

 今回は サクサク行きます。
政治に問題と、差別問題に切り込みます。
かといって、詳しく書けば書くほど小難しくなるので、ドキュメント風なエッセイと評論を載せていく予定です。
お楽しみください。

サンシキスミレ、さんしょくすみれを歌ってくれましたか。v-424
必ずお邪魔します。
辛口コメントを差し上げる予定です。v-391

思わず、「わかってるよv-426」返事をしてしまった曲でした。v-414

Posted at 23:24:24 2014/07/28 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック