2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

ちょっと芸能裏話 (阿久悠マジック その4、百恵に負けてはならない理由)

kage

2014/06/21 (Sat)

【 ホリプロ三人娘・森田健作 】

 前回予告の(阿久悠マジック、天地真理と淳子と百恵に石川さゆり)は 次回に持越しする事を お詫びいたします。


 当時、新人歌手を売り出す為の宣伝費は500~1,000万円と言われています。
あの 桜田淳子さんや森昌子さんでも3,000万円位だと言われていました。

 南沙織さんの後に続くアイドルのいなかったCBSソニーは どうしても山口百恵さんを トップアイドルにする必要があり、例外的に1億円の予算を計上したと言われます。
それは、桜田淳子さんより、売れてもらう必要があったからでした。

   三人娘を 売り出す為に作った映画
  (和田アキ子・森昌子・石川さゆり・山口百恵)

ホリプロ3人娘 山口百恵さんデビュー 森昌子さん、石川さゆりさん、山口百恵さんを 三人娘として売り出したかったホリプロダクションと思惑が一致。
「大きなソニー、大きな新人」とソニーが売り出せば、ホリプロも「ホリプロ三人娘のひとり」として 売り出します。

 そう考えると、もし桜田さんが ホリプロダクションに入っていたら、山口百恵さんの成功も、石川さゆりさんの現在も 無かったかもしれません。 
 
 何故、桜田さんより、売れてもらう必要があったのでしょうか。
当初、ホリプロは 桜田淳子さんの獲得に ほぼ成功していたのでした。
スター誕生史上最高の25社のし烈な競争を勝ち抜き、桜田淳子さんの両親と本人の了解まで得て 契約寸前まで行きます。
最高の金の卵の彼女が加入する事で、ホリプロダクションは 当時の最高峰“渡辺プロダクション”を超え、名実ともに 歌謡事務所のトップの座に君臨する願いが成就する筈でした。

 西郷輝彦さんの相澤秀禎マネージャー(後のサンミュージック社長)は 業務成績不振と素行不良が原因で会社を退社する時、西郷さんを引き抜き、彼と共に芸能事務所“龍美プロ”を立ち上げました。
会社をサンミュージックに改名後、森田健作さんの売り出しに成功します。
しかし、彼に続くスターのいなかったサンミュージックは  どんな事をしても、次のスターが欲しかったのでした。

 そこで目を付けた 桜田淳子さんの獲得に乗り出すも、ホリプロダクションに 先を越されてしまいます。
他のプロダクションが 彼女の獲得を諦める中、彼は 阿久悠さんをはじめ、スター誕生の関係者を説得するのでした。
「ひとつの大きな会社が スターを独占するのは おかしい。」
すでに、ホリプロは 森昌子さんや大勢の売れっ子の歌手をスター誕生から獲得していたのです。

 当時のプロ野球界で 一人勝ちだった巨人軍のように、金のあるところだけが更に潤うのは おかしい、混戦こそが人気の秘密、一強では 歌謡界の為に良くないと。
森田健作です

 結局、阿久悠さんや、スター誕生の関係者の説得をすることになります。
相澤さんの力説に、彼らは 納得し、相澤さんと一緒に桜田さん一家を 説得に行くのでした。
結局、桜田さん本人や彼女の家族が折れ、サンミュージックが 彼女の獲得に成功します。
ホリプロに行くと思っていた 多くのファンやマスコミを納得させる為、桜田さんに「大好きな 森田さんの事務所に行く事に決めました。」と言わせたと言われています。
 
 この事により、サンミュージックは 名声得て、更に彼女に影響された松田聖子さんをはじめ、トップスターを 次々と輩出する事務所になって行くのでした。
そして、阿久悠さんは 桜田さんを “最高のトップスターにしなければならない理由”が ここに出来ていたのです。
スター誕生優勝の瞬間 デビュー前の14歳の少女をめぐって、芸能界の裏側は 大激震していたのでした。
あの手この手の争奪戦が展開されていた事を 世間の方々は 殆ど知る由もなかったでしょう。
そして40年以上の間、これだけのオーラを纏った(まとった)スターの卵は 未だ現れていないのが現実なのです。

 残念なのは “本人がその事を ちゃんと自覚していなかったのでは”と言う事でしょうか。

 
  百恵と淳子、萩本欽一が「誕生!」の瞬間を初激白


 次回は 天地真理と淳子の事です。


 クリック いつもありがとうございます。
殆どの画像にマウスを乗せると コメントが出ていたのを御存知だったでしょうか?。

 少しでも気になったらなら、クリックを! 

次回は 百恵さんの事を少し 阿久さんが百恵さんに惹かれてしまいます 楽しんで頂けてるでしょうか





世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る
関連記事

この記事へのコメント

kage

こんにちは

先日は、本当にありがとうございました!!
サンミュージックさんは、まだ小さな事務所だったのですね。
三人娘に石川さゆりさんのお名前がありましたので
びっくりしました。
桜田さんの魅力と実力が高く評価されていて
争奪戦が繰り広げられていたのですね。
森田知事がお若いです。

Posted at 12:29:18 2014/06/22 by すももどーる

この記事へのコメント

kage

桜田淳子

さんってそんなにすごいアイドルだったんだ~!
いま淳子さんのベストCDを聞くと
ヒカルは始めのころより
後のほうがいいんだけど
去年のトマトは~赤くて~甘かったの~♪
ルドルフ様はどうですか?

Posted at 15:07:55 2014/06/22 by ヒカル

この記事へのコメント

kage

 なんと そんな裏話が…
 百恵ちゃん派の私には 
 かなりびっくりのお話で 興味津々で
 読ませていただきましたe-446

 体重変わらず…とのこと。
 やはり 運動をしないと
 減らないもんなんですかね。
 私も母の入院後 ちょっと運動から遠ざかってしまい
 全然です…
 梅雨明けまでに なんとかと思ってはいるのですが
 間に合うかどうか…

 追伸
 「いつもありがとうございます」の
 コラボ動画が 楽しくてつい
 ぼーっと見ちゃってます(●´ω`●)ゞ

Posted at 15:40:36 2014/06/22 by みけ

この記事へのコメント

kage

 桜田淳子ってそんなにすごい新人だったのですねえ。それが今では単なる主婦になってしまって人間どうなるか判らないものです。

 森昌子ちゃんはずっと主婦していましたが、離婚でまた芸能界復帰。あまり見かけないけど、どうしているのかな。

Posted at 16:17:14 2014/06/22 by ひねくれくうみん

この記事へのコメント

kage

すももどーる さんへ

 いつもありがとうございます。
石川さゆりさんが エンジェルハットを被っているのがお分かりでしょうか。
彼女は 桜田さんに対抗意識を燃やしていた為、意地でもこの帽子は 脱ぎませんでした。

 桜田さんが評価されればされるほど、彼女の態度は 頑なに成って行く様子が伺えます。
桜田さんは 運があったのか、なかったのか?
次回記事で。

 この写真は、石橋正次さんと青春2大スタート呼ばれていた頃でしょうか。

Posted at 21:47:10 2014/06/22 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

ヒカル さんへ

 ちょうど、今の43歳くらいから下の人は 純情可憐な女の人を イライラすると感じる人が多くなります。
前々記事のコメにも陽月さんも書いておられますが、女の人が付き合った男の話をするなんてとても考えられなかった時代です。
しかし、昔の芸能裏話のコメでも書いていますが、せんだみつおさんの深夜番組“セイヤング”によって、世の中の女性の意識が変わり、高校生や中学生など、子供まで意識の変化が現れた始めます。

 丁度その時代に生きたヒカルさんには、彼女のデビューの時の歌詞の女の子の気持ちが、不思議に思える世代なのかもしれません。

 彼女が私よりお姉さんであるがゆえに、余計可愛く思えたのでした。
彼女の詩の中の女の子は 明石家さんまさんが テレビでよく発言する“タッチ”の“みなみちゃん”のより 奥ゆかしい子だったんすね。

“プピルピププピルア”v-413e-343

Posted at 22:18:18 2014/06/22 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

 次回、もしくは その次の回で 淳子さんと百恵さんの、人となりに触れて生きたいと思います

 やはり、実に簡単な運動であっても、一人でやるのは “まっ、今日は いいか”と なってしまうのがいけませんね。

 みけさんも 誰か一緒にやってくれる方がいらっしゃるんでしょうか。
最近、高いお金を払っても エクササイズのクラブへ行かれる方の気持ちが、判るようになりました。

 ありがとうございます。
今度、皆さんに写真募集して、コラボ動画次々載せて行こうかしら、なんて。v-410


*話は 替わりますが、以前のコメントで、淳子さんの“あの白いキャスケットは ”と仰っていましたね。

去年の一夜ライブで、太川陽介さんが 淳子さんに”ベレー帽”と言ったら、「すいません、キャスケットはなんですけれど・・・。」と 笑いを誘った話を載せている方がおられました。
あしたのジョーの帽子と一緒にして すいませんでした。v-390

Posted at 22:52:16 2014/06/22 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

ひねくれくうみん さんへ

 いつもありがとうございます。
そうなんですね。
その話を、次回かその次の記事にする予定です。

 森昌子さん、復帰後 声が昔のように出ない為、歌番組を 制限していたようなんですが、最近、声がやっと戻って来たので、ちょこちょこ 歌番組にも出初めているようですよ。

Posted at 22:58:55 2014/06/22 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 03:31:26 2014/06/23 by

この記事へのコメント

kage

た******* さんへ

 いろいろあり、大変ですね。
しっかり残っています。
わざわざ、ありがとうございます。

Posted at 18:17:38 2014/06/23 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

プピルピププピルア(笑)

そうなんですね♪
そういえばこの白黒の淳子さんの表情がなんともいえませんねっ!
るどるふ様もこの表情にほれましたね(笑)

Posted at 19:51:16 2014/06/23 by ヒカル

この記事へのコメント

kage

ヒカル さんへ

 そうなんです。
ちなみに、この白黒写真のときは 彼女の事をまったく知らないし、興味も持っていませんでした。
この写真を初めてみたのは 私が 大人になってからですね。

 もし、この写真を子供のとき見ていたなら、阿久悠さんの詩と関係なしに ファンになっていたかも。
と言う事は この記事を書く気持ちが、まったく無かったでしょうね。

Posted at 22:18:09 2014/06/23 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック