2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

ちょっと芸能裏話 (阿久悠マジック その1、私の青い鳥)

kage

2014/06/11 (Wed)

【 秋元康・阿久悠 】

 秋元康さんが阿久悠さんを抜き、作詞家売り上げ日本一になった事を受け、阿久悠さんと中三トリオと当時の歌手の事を少し。

 アイドルの歌から、演歌、フォーク、ロック、特撮、マンガなど、あらゆるジャンルでヒット曲を出した音楽家は 世界広しとは言え、彼だけでは ないでしょうか。

 普通の売れっ子作詞家は 自分の書きたい詩を作ってから、歌手に唄ってもらうパターンが多かった中、それを良しとせず、歌手の事を調べた上で その歌い手にあった詩を作っていたと言われています。
また、その詩を売る為に それなりの努力もしていました。

 流行り言葉も作るのが上手く、あらゆる手段で あの手この手。
流行った言葉を少し挙げると、「勝手にしゃがれ」、「UFO」、「ペッパー警部」、「アアアアアア」、「ショックー」、「ウォンテッド」、「あなたが好きなんです」、「また逢う日まで」、「がんばらなくっちゃ~」、「今夜は帰りませんあなた」、「もう どうにもとまらない」、「十七才」、「シンデレラハネムーン」、「あなたに抱かれた私は蝶になる」「ハローダーリン」、「ヘイ、ヘイ、ヘイ、ヘイ、ヘイ」、「ウルトラマン NO.6」、「宇宙戦艦ヤマト」、「クック、クック、クック」、・・・エトセトラ。

 みなさんは 幾つ思い出されたでしょうか。
当時、小・中・高生以外の方は、半分くらいしか解らないかもしれません。
また、40歳くらいから下の人は 殆ど解らないかもしれませんね。
淳子の お・ね・が・い・

 その歌の中で一番流行った「クック、クック、クック」は、彼が書いた詩とは 違い、作曲家が勝手に書き換えたものである事をご存知だったでしょうか。
彼の作品の中で、数少ないメロディが先に出来た作品でした。
彼は さびの部分を「ランラ、ランラン」としたものを 歌手兼作曲家の中村泰士さんが 阿久悠さんに内緒で書き換えたのです。

 そして、この年のこの曲「私の青い鳥」は 不思議な事に レコード売り上げベスト50位にも入っていません。
更にこの年は 過去の歌謡史上、最も実力者が多くデビューした年では なかったでしょうか。

*ここで ひとつ豆知識。
 「ようこそここへ」を 歌っている歌手は と聞いた時、“桜田淳子”と 答えた人は 51歳以上の中高年。
 “光ゲンジ”と答えた人は 50歳以下36歳以上の中年。
 分らない、もしくは 知らないと答えた方は 35歳以下の若者です。
 身近な人に聞いて試してみてください。



 ちなみに、この年デビューの歌手の曲、もしくは 新人賞対象曲で、この曲以上に売れた曲や印象深い曲を いくつか挙げてみましょう。

 コーヒーショップで(あべ静江)、草原の輝き(アグネス・チャン)、ミカンが実る頃(藍 美代子)、虹色の夢(朝加真由美)、赤い風船(浅田美代子)、赤とんぼの歌(あのねのね)、涙の太陽(安西マリア)、かくれんぼ(石川さゆり)、浮世絵の街(内田あかり)、あなたに夢中(キャンディーズ)、太陽のくちづけ(栗田ひろみ)、あなた(小坂明子)、イルカにのった少年(城みちる)、悲惨な戦い(なぎらけんいち)、絹の靴下(夏木マリ)、あなたにあげる(西川峰子)、個人授業(フィンガー5)、忍ぶ雨(藤 正樹)、今夜はオールナイトで(三浦弘&ハニー・シックス)、青い果実(山口百恵)。
そして 印象に残った歌手は 海原千里・万里、海援隊、クーコ&エンジェルス、グレープ、純アリス、杉田かおる、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド、ニュー・サディスティック・ピンク (NSP)、左とん平、水沢アキ、南 佳孝、みなみらんぼう、ミミ (ミミ萩原)、桃井かおり・・・エトセトラ。(敬称略)

 みなさん、いかがだったでしょうか。
思い出したでしょうか。
初めて聞く名前ばかりだったでしょうか。

 しかし、これら、錚々(そうそう)たる曲や歌手を抑え、桜田淳子さんが 各賞を総なめ、そしてレコード大賞にいたっては 最優秀新人賞を獲ってしまうのです。
アグネスさんの曲の 半分も売れていないのに、不可解だと 思いませんでしたか。

 当時の私は、まったく納得がいきませんでした。
ところがそれは 阿久さん等のいろいろな作戦の賜物だったのです。

山口百恵 ビキニ
 彼は 結構わがままで、お気に入りの歌手には ジャンルを問わず、詩を提供。
気に入らないと、意地でも詩は 作りませんでした。
一番有名な話として 山口百恵さんは 一回も 詩を作ってもらう事がなかったのでした。 

 その頃初めて アイドルのファンになった私。
その人は 山口百恵さんでした。
しかし、桜田さんの次の曲 「三色すみれ」によって、阿久悠ワールドに惹き込まれて行きます。


 次回は ちょっと 三色すみれの事です。



 クリック いつもありがとうございます 
 少しでも気になったらなら、クリックを! 

体重は 減ったけれど 桜田さん?山口さん? 桜田さん?光ゲンジさん?



世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る
関連記事

この記事へのコメント

kage

こんにちは!
中三トリオは同い年です。
この年はずいぶん沢山のヒット曲があったんですね。
ガロの「学生街の喫茶店」もこの前後ですよね。
おばちゃんの中ではあべ静江の「コーヒーショップで」とセットになってます。
喫茶店憧れたなあ…

Posted at 14:52:42 2014/06/11 by おばちゃん

この記事へのコメント

kage

 ようこそここへ…は、見事に桜田淳子だと思いました。光ゲンジも歌っていたんですね。よし!いいこと聞いた!
 山口百恵は気に入られなかったのか?どうしてだろう。

 実は私もあの人は好きじゃないのです。あまり女性に好かれるタイプではないと思います。あくまで表向き。本当の性格は知らないもの。

 減量がんばってください。
 

Posted at 15:07:53 2014/06/11 by ひねくれくうみん

この記事へのコメント

kage

39才だけど

みんな知ってますよ~どうして?

るどるふさんって
ちょっとエッチなお顔ですね~(笑)

「どこがじゃねん!」

「ごめんなさい」

とひとりで遊んでしまいました♪

誰かに似てるんだけどな~う~ん・・・

Posted at 15:30:58 2014/06/11 by ヒカル

この記事へのコメント

kage

 テレビっ子で
 歌謡曲大好きだった私…
 
 やばい(笑)全部思い出せちゃう…e-446
 でも 「クック、クック、」も書き換えは
 全く知りませんでした。

 ようこそここへ~♪
 もちろん 
 光ゲンジが歌うあの歌も知ってはいるんですが
 悲しいかな(笑)
 やはり 桜田淳子ちゃんの顏が 
 真っ先に浮かんできてしまいました(〃 ̄ω ̄〃ゞ

Posted at 16:11:38 2014/06/11 by みけ

この記事へのコメント

kage

こんにちは

ピンクレディーと沢田けんじさんの曲は
知っていますが
宇宙戦艦ヤマトまで作詞していらっしゃったのは
知りませんでした。
幅広いジャンルを網羅していらっしゃったのですね。

クッククックは、作曲家の方が変えてしまったのですね(@_@;)
モノマネの番組などなどでよく拝見しましたが
ランラランランでは印象が薄かったのではないかと
思います。
桜田さんの事務所が強いのではなく
阿久さんの力なのですね(@_@;)
るどるふくんさんは、百恵さん派なのですね(^v^)

Posted at 19:07:17 2014/06/11 by すももどーる

この記事へのコメント

kage

おばちゃん  さんへ

 いらっしゃいませ。
昭和33年か34年生まれと言う事ですね。
昭和33年生まれの女性歌手は 歌謡史上最高の人気アイドル達を 輩出した年だと思っています。
この年生まれの女の人は 魅力的な方が多かったと言う証明ではないでしょうか。

 記事にした人達は 1972年の11月から1973年の10月末までにデビューした歌手と曲をピックアップしました。
この年は 女のみち、喝采など心に残る大ヒット曲が 数多く出ています。

 学生街の喫茶店のガロのマークさんは 嵐の松本さんくらいの人気がありましたね。
私の先輩が、あべ静江と同じ大学に通っていて、ラジオのDJをやっていたので、毎日送り迎えの車が来ていて 話しかけるのもままならなかったと言っておりました。

 全国の喫茶店が 若者でいっぱいになりました。
子供は 喫茶店に入れなかった時代でしたので、田舎の喫茶店のマスターが こっそり つくって入れてくれたコーヒーの味が 今でも忘れられません。

 そう言えば その当時コーヒーが一杯250円していました。
散髪代が 800円位の時代ですから 結構、高級な飲み物でしたね。

Posted at 00:04:03 2014/06/12 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

ひねくれくうみん さんへ

 そうですか。
桜田さんでしたか。

 山口百恵さんと阿久悠さんのことは 後記事に載せるつもりなので 乞うご期待。
(それほど大した話では ありませんけれど・・・)

>実は私もあの人は好きじゃない

 この文章だと 阿久悠さん、山口さん、桜田さんの誰か 分りづらかったんですけれど。
私の知る限り、桜田さんが山口さんより 圧倒的に人気あったのを 覚えています。
ただ、同い年くらいから少し年上の女の子には 桜田さんを嫌う人も多かったと思いましたが。

Posted at 00:20:53 2014/06/12 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

ヒカル さんへ

 最初に浮かぶ歌手の名前ですね。
時代的に、ヒカルさんは 光ゲンジさん達のはずなんですが、桜田さんファンの方だと桜田さんになってしまうのかもしれませんね。

 そうですか。
エッチな顔ですか。
ひょっとして、ニヤケテ見えてしまっているのでしょうか。

 私は、口調に特徴があるようで 昔から、良く知り合いに真似されています。
まるで、宝塚の男役のようだと。
その口調と顔で、印象に残るようです。
ひょっとしたら、どこかで会っているかも知れませんね。v-410

 永い付き合いの人は 性格を『明石家さんま』さんのようだと 比喩します。

Posted at 00:33:48 2014/06/12 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

面白ランキングの1位は、、、るどるふくんさんの顔面!!

三浦弘がわからない、、曲を聞けば思い出すかな?
栗田ひろみって、可愛かったな、、。

あの頃は、平凡、明星に歌本がついてきて、殆ど全部覚えていました。

夫は、天地真理、アグネス、野口五郎ファン。
私は、海援隊、ガロで、学年で、有名なほどのファンでした~。

Posted at 01:04:35 2014/06/12 by おこちゃんちゃん

この記事へのコメント

kage

みけ さんへ

 お忙しい中 コメントありがとうございます。

 お母様の具合は いかかでしょうか。
ブログの更新が 永い間されていないので心配していました。

 私は テレビよりラジオだったかもしれません。
昔は 一家に1台しかテレビがなかったので、チャンネル争いが面倒で 自然にラジオ中心になりました。

 これらの流行言葉を 全部分るとは 凄い。
書いてる私も 「曲名も書いたほうが良いかな」と思っていたほどです。

「クック、クック、」の書き換えの事は 本人達以外知らない事でした。
あるトーク番組で 中村さんが阿久さんとの秘密を 彼が亡くなったので 昔の事として話されたのです。
ですから、事実かどうかは 中村さんしか分りません。


 それは 仕方のない事です。
良い時代に生きた証にとして 自慢しましょう。
記事にも書いていますが、この曲の売れ方に比べ 圧倒的に印象に残る桜田さんの“キャラ”と“クッククック”は 当時流行語大賞があったなら、満場一致で選ばれていたであろうと思えるインパクトでしたから。

Posted at 01:09:17 2014/06/12 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

すももどーる さんへ

 秋元康さんに売り上げは 抜かれましたが、彼の存在なくして昭和から今日までのアイドルの繁栄は なかったと思います。
その実績は 世界一かも知れません。

 阿久さんが なくなった後、中村さんが話したことなので、真実かどうかは 分りません。
当時の桜田さんの事務所は 中堅処で力の影響力は 少なかったと言えます。
阿久さんの影響力と言うか作戦が モノを言ったのでしょう。

 私は スター誕生と言う番組で 森昌子さんの歌の上手さに 驚きました。
そして、好んで彼女の歌を聴きます。
しかし、“としごろ”でデビューした彼女に 何故か歌以外で憧れてしまいました。
アイドルに惚れてしまった瞬間かもしれません。

 しかし、記事の最後の方にも書いていますが、桜田さんの“三色すみれ”と”花物語”で 桜田さんの魅力に惹かれてしまうのです。
そこには 阿久さんの作戦に まんまと引っかかった私がいました。
だから、百恵さん派では ないのです。

Posted at 01:29:04 2014/06/12 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

おこちゃんちゃん さんへ

 面白顔の1位ありがとうございました。
おこちゃんちゃんさんの動画に 影響されたかも・・・。
左側写真の若いときに比べれば 齢も体重も20以上増えた(本当は もっと)私の今の姿です。

 今夜はオールナイトで(三浦弘&ハニー・シックス)は レコーディングで使っていたカラオケが 世間に出た時の、最初の人気デュエットソングだと思います。
後に このグループは『よせばいいのに』『お嫁にゆけない私』『オールナイトで朝帰り』など ヒット曲を出します。

 平凡、明星は 歌本が欲しかったのに、子供だった私が見るには 過激すぎる性の相談が載っていて、高校生になるまで、買えませんでした。v-402
凄いですね~。アレだけの曲を覚えるなんて。

 旦那さんの アイドルは 理解できますが、ガロは ともかく、海援隊のファンですか?。
中学、高校生の女の子には あまりいなかったのでは ないでしょうか。
それは 公言するだけで、有名になるかも、です。

Posted at 02:03:53 2014/06/12 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

こんばんは。

懐かしい曲ばかりで嬉しかったです。
ほとんど思い出しました。

やはり<コーヒーショップで>が一番好きでした。
毎日、喫茶店の女の子の顔を見に行ってましたからね!

あ、妻と会う前ですよ!

Posted at 02:59:49 2014/06/12 by 孝ちゃんのパパ

この記事へのコメント

kage

孝ちゃんのパパ さんへ

 えっ、そうなんですか。
孝ちゃんのパパさんは この頃まだ 小学生か中学生ですよね。
そう 思っていましたが。

 私の 10代、20代は ファミリーレストランのすかいらーくが流行るまで、喫茶店が“デート”の待ち合わせ場所の 定番でしたね。
軽食を取って、映画やボーリング、ドライブ等。
そして、ディナー、もしくは バーへ、そして、そして・・・へ。

 <コーヒーショップで>のあべ静江さんの あの艶のある歌声と瞳に魅了された男の人は 多かったです。
喫茶店(サテン)の娘の制服は スチュワーデス、看護婦さんの白衣と並ぶ三大制服って言っていました。
いわゆる今のメイド服だったんでしょうね。

 失礼しました。
孝ちゃんのパパさんは 純粋に好みの娘がいらしたのですね。
孝ちゃんさんも 付き合う前の パパさんの男としてのそれくらいの行動は 可愛く思っているかも知れません。



Posted at 12:56:01 2014/06/12 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

スゴイ!

何故そんなに詳しいのですか?
すごいです!
私は光GENJIーーと言いたいのですが……やっぱりクッククックでした(( ´ ▽ ` )ノ
明石家さんまに性格が似てるってどう捉えたらいいのでしょう?
なんでもお笑いにしてしまう?
面白い?よく喋る?

Posted at 23:45:17 2014/06/12 by きり

この記事へのコメント

kage

きり さんへ

 特別に詳しいわけではなく、中学生の頃までは 一度聞いたり見たりした事は 直ぐに覚えてしまう体質だったようです。

 特に 学年最初の自己紹介は クラス全員の名前と顔を、電話番号は10人近くメモることなく覚え、2,3日間忘れる事は ありませんでした。

 以前の記事にも書いていますが、学校の授業など 先生の一度話したことは ほぼ理解し、家で勉強する事は 殆どしない人間だったのです。
ですから、ラジオやテレビや雑誌そして人の話したことは いつまでも覚えている子供でした。
皆さんが 聞き流した事なども 聞き逃した事以外、いままで忘れないでいたんですね。
大人になって 普通の人間に、そして齢を喰った今は なかなか覚えられない人間になりました。

 淳子さんでしたか。
きりさんは 絶対、光ゲンジさんの世代と思っていたんですが・・・。
本当ですか?v-389

 初めて会った人達は “渋い”とか“クール”とか“おとなしいの”とか“そばにいて”とか“違う世界の人っぽい”とか言います。v-398
そして、一時間一緒にいると “楽しい”“おもしろい”“かっこいい”“うれしい”“また会いたい”“もっと話して”と いっぱい寄ってきます。v-415
半日いると、“疲れないの?”とか“ちょっと休ませて”とか “後で”と言われますv-390
一日一緒にいると、“ひとりにさせて”とか“もう勘弁して”“いつ休んでいるの”とか言われるような性格です。v-399v-406
 

Posted at 00:52:08 2014/06/13 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

追加のコメント(笑)

もっと上です、もっともっと(笑)

Posted at 03:09:21 2014/06/13 by 孝ちゃんのパパ

この記事へのコメント

kage

ペチュニア さんへ

 拍コメ ありがとうございます。
チェックおくれてすいません。

 5年ほど前にハウステンボスに行きましたので、
ペチュニアさんの 少し前の記事にハウステンボスの記事が載った時は 懐かしく思いました。

 そんな大きなお子さんがいらっしゃるのですね。
芸能界デビューさせましょう。v-411

 今回も 見事なバラの写真ありがとうございます。
陶磁器は 大したものは もっていません。
黒ジョカとちいさなガラスのコップくらいだったでしょうか。
確か、薩摩切子。
2年前の引越しの時、忽然と姿を消しました。

 私は 引越しを今までに10回ほどしていますが、毎回 何か無くなります。
今回は 薩摩切子に小学校と中学校の卒業アルバムなど。
・・・不思議です。

 



Posted at 10:23:55 2014/06/13 by るどるふくん

この記事へのコメント

kage

孝ちゃんのパパ さんへ

 そうなんですか。
驚き桃の木山椒の木!。

 これだけ永い間 ブログを覗いているのに まったく気付きませんでした。
話の内容とか、文章が柔らかく若いので、勘違いをしていたようです。

 全部読んでいるつもりで、どこか飛ばし読みしたんでしょうか。
忙しいときなど、流し読みするんですが、どこかで見落としたんでしょうか。
失礼しました。

Posted at 10:33:39 2014/06/13 by るどるふくん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック