2016 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 04

故障は続いていた

kage

2016/03/31 (Thu)

【 足とふくらはぎの腫れが引いたのに・・・ 】

腫れたふくらはぎ 一昨年のエコノミー症候群によって、うっ血して大きく腫れあがっていた両足の腫れが引いて来て、ほぼ元の状態に近くなりました。
その残りである浅黒さと痺れや冷えは、まだ残っています。

 靴のサイズが1cmも大きくなっていたのですから、その腫れ具合がどれだけのものだったかお判り頂けることでしよう。
膝から下は、別人のもののようでした。
特にふくらはぎと足の甲の腫れとその色は尋常ではないと誰にも言われていたのです。 
それも、約2年以上の月日を掛けて改善されて来ました。

 三年前の施術により、鼻通りが良くなったせいでしょうか、花粉症になってしまったようです。
それにしても鼻をかむ度に出血してしまうのは、いただけません。

 昨年より、併発する感じで起こっていた両手指の関節痛と痺れも治まっていたのです。
いたはずでした。

ばね指か、腱鞘炎か、リュウマチだったのでしようか。
それでも、普通に動かせて支障ないほどに治まって来たので、永い期間休んでいた仕事を少しずつ再開して来ていました。
ところが、数日前より、左手指のしびれが再発し、力いっぱいこぶしを作ることが困難になって来てしまったようです。

 まぁ、一過性のものであるとは思うものの、なんとなくタイミングが悪く感じてしまうのは何故でしようか。
故障続きの家電製品に続き、電化製品でない自分自身が故障してしまったのは、単なる年齢による老化現象なのかもしれません・・・。

 それほど気にしていませんでしたが、崩れたテンプレは変更しました。

 次回は、〝空を飛ぶ”です。
飛行機に乗った話ではありません。
ちょっだけ、空を飛んだ話です。





にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
 


世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 

真実に驚き、真実に感動し、真実に涙する・・・しかし、恐怖することも・・・。その2

kage

2016/03/22 (Tue)

【 テレビまで壊れた 】

 この記事を書き始めてから、
○パソコン、フリーズしてしまいました。3月3日
〇電子レンジまでフリーズ!!!!  3月4日
〇テンプレ、コメント欄など数か所表示がおかしくなりました。3月10日
〇テレビが壊れてしまいました。

*クリックで拡大
テレビが壊れた1 テレビが壊れた2 テレビが壊れた3

* たまたまの偶然でしようが、この記事を書き始めてから電化製品が次々と壊れてしまいました。
買った時期はそれぞれ離れています。
記事には載せていませんでしたが、洗濯機のふたに衣服の金具が引っかかっていることを気づかずに始動したため(普段はネットに入れて洗っている)、物凄い音とともに洗濯機のふたが壊れてしまいました。
まぁ、洗濯する分には支障がないので、買い替えは先送りしますが。


【 事件にかかわった者たちの運命を知る 】

 偶然とはいえ、このラーメン屋の近親者に事情を聴いた方が私の知り合いだったのです。
この記事を書くにあたり、了解を取りたかったのですが、連絡を取ることは出来ませんでした。
どこかへ越されたのかも知れません。
詳しくは書けなくなりましたが、よく知られている事件の内容とは違うストーリーがあったようです。

 事件が終息しても、人生を変えて仕舞ういろいろなその後が起こってしまう事件でした。
お互い悪いわけでもないのに、被害に会われた誰も悪くないのに。
受け入れられない現実が存在し、結果的に残念な事になってしまうのは、とても悲しいことです。

 聞いたその真実に驚き、その真実に感動し、その真実の結果に涙するのでした。
返り血を浴びた犯人の衣服は薄汚れていたのに、パンツは、真っ白な新品。
彼は何故、猿ぐつわをされていたのか。
報道では、自殺を防ぐためと言われていましたが、実際は余計な発言をさせない為だったとも。
この後、何十年もの間に起った様々な事件で、犯人に猿ぐつわをさせられてる姿が映し出されたモノに記憶があるでしようか。


【 真実に恐怖する 】

 しばらくすると、誰もが知る有名なホラー・ストーリーテラーによって明かされたとされる真偽の判らぬ噂が、世間に広がりました。
殺された女性の一人の祖父は、この事件の犯人の祖父を殺害していた事実が判明し、因果応報と揶揄されてしまったと言うのです。

 犯人は、『電波が聞こえ、彼女を殺すように言われた』
『だから、刺した』と証言しました。
その聞こえた声の主は、地獄の悪魔殺された犯人の祖父だったのでしようか。
それは、ささやきだったのか、うめき声だったのか。

気の弱い方は、下の太文字にマウスを乗せてはいけません。

  どんな顔のどんな 
悪魔のうめき声 が聞こえたのか。
 次回記事予告↓
故障は続いていた



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

 

世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 

真実に驚き、真実に感動し、真実に涙する・・・しかし、恐怖することも・・・。その1

kage

2016/03/16 (Wed)

【 刑事の着ていた白衣の調達先 】

 事件の翌々日、その場所には幾つもの供花(くげ)がされていました。
歩道には、生々しい血跡。
引き摺られたような痕跡も。
もちろん、そのラーメン屋は閉まっています。

参照画像
川俣軍治 夜は『煉瓦亭』ではなく、もう一つの行きつけの洋食屋さんに。
事件当日食事をした蕎麦屋の真向かいが、この洋食屋さんでした。
ここの背の低い年老いた女将さんは詩吟をしていて、よく誘われていました。
ところがこの日、女将さんのお誘いはありません。
事件の余波が、少なからずあったようです。

 この店のグラウンドシェフとも顔見知りでした。
彼は、この店でよく見かける力士に負けないくらいのガタイの割には、なんともか細い声で話をする人です。
その話っぷりに、人の良さがにじみ出ているような人でした。

 当然、彼との会話に一昨日の事件の気になることを話し掛けます。
「あの犯人を捕まえたガタイのいい刑事さんたちは、出前持ちに変装して突入したんですよね。」
「あの衣装は、どこで用意するんでしよう。」
「警察に小道具みたいのがあるんでしようかね。」

 シェフは、いつものような優しい笑顔でニコニコしていました。
その笑顔に、なんとなくいつもと違う処に気付いた私が、彼に問いかけます。
「何か知っているんですね。」

 ニコニコ・・・・・・。
なんとなく得意げに、答えてくれました。
『あの白衣は、私のです。』
『刑事さんたちにお貸ししたんですよ。』
『お店まで来られて、貸して欲しいと。』
『もちろん、あの岡持ち(おかもち)もこの店の物です。』
「そうだったんですか、それはすごい。」
「ここにも協力要請があったんですね。」
「それにしても、よくここに来ましたよね。」
『いろいろ回ったそうですよ』
『ただ、サイズの合うのが無かったようで・・・』
「マスターのが丁度だった。」
「やっぱり、あの刑事さん達もかなりガタイの良い方々だったんだ。」
「犯人が小さいんじゃなく、突入した刑事さんたちがデカかったんですね。。」
「それにしても、あんなデカい出前持ちだったのに、おかしいと気づかなかったのかなぁ。」

 ニコニコ・・・・・・。
『ふふふふふ・・・』

 「もう返してくれたんですか」
ニコニコ・・・・・・。
『あんな事件に使ったものは、もう店では使えませんね。』
「じゃ、警察が衣装代とか感謝代とかくれるんですか。」

 ニコニコ・・・・・・。
『どうでしよう。』
『今のところ、もらっていませんけれど・・・』

 ニコニコ・・・・・・。 



次回は、真実に驚き、真実に感動し、真実に涙する・・・しかし、恐怖することも・・・その2です。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

 

世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 
 

深川事件の闇を知る

kage

2016/03/07 (Mon)


【 ここまでの経緯(いきさつ)、再 】

 何故か「ラーメンが食べたくなった」という先輩に連れられて、いつもより50分も早く食事に行く羽目に。
近くの、ラーメン屋に向かう二人。
目的のラーメン屋着くと、まだ開店前。

 それではと、向かった先のラーメン屋〝*来”は一度も入ったことのない店。
店前の停車場でバスを待つ一人の女性が、こちらに振り向いて店を凝視。
食を誘わない店構えに、入ることを止め、お好み焼き屋へ。

 ところが、店の主に11時半過ぎまで開けないと言われ、お好み焼きも諦め、隣りの蕎麦屋に入ることに。
カツ丼を食べながらテレビを観ていると、突然画面に流れてきたテロップは、〝江東区深川に立てこもり事件発生”の文字。

 外が騒がしくなる。
救急車、パトカー、消防車、ヘリコプタ―の音、大きな拡声器の音まで。
店の入口に映し出される多くの人影が気になる。

 いきなり切り替わったテレビの画面に写し出された映像は、我々の食事している店の上空だった。
店から出ると、瞬間移動してやって来たテレビや映画の中の世界のように。

 二百人近い機動隊や警察官やその関係者達が取り囲んだ先は、さっき入ろうとしていたラーメン屋だったと知って驚く。
マスコミの取材中継の内容を聞き、更に驚くことに。
店前のバス停付近で女性や乳児を殺傷。
店に人質を監禁し立て籠もり。

 また、事件発生の時間が私たちの訪れた時間と数分違いだと知り、そのニアミスに驚きが倍増。

【 犯人確保 】

*参照画像、修羅の門『若妻人質性拷問』(1983/野上正義監督)
深川通り魔事件 長時間にわたる監禁事件が終息を迎えました。
出前を要求した犯人に、洋食屋の白衣を着て変装した刑事が突入し、犯人を確保します。
そして、事件は終焉しましした。

 しかし、めでたしめでたしににならなかったのです。

 この犯人は、何故、下半身がパンツ一丁だったのでしようか。
この店で、何が起きていたのでしようか。
この犯人は、覚せい剤使用の禁断症状による心神喪失犯行であったのに、罪が軽くならなかったのは何故でしようか。

心神喪失とは、精神障害などによって自分の行為の結果について判断する能力を全く欠いている状態を言い、心神耗弱より重い症状のことで、刑法上は処罰されない。

 また、この店に突入したときの変装衣装はどこで調達したのでしようか。
そして、この店の主人夫婦のその後は どうなったのでしようか。


川俣軍治 これらの事の真実は、一切知られていません。
そのすべてを、何故か知ってしまう私がいました。

 そして、嘘か誠か、通りすがりで殺害された女性は、犯人と見ず知らずなのに、犯人との因縁が・・・。 


 次回は、その真実の一部を。

 クリックで拡大
両国戦没碑 備考、上写真の左側にいる刑事らしき人は、私ではありません。
まぶしそうにしている私に、体型やファッションまで似すぎていると言われています。
決して、この時の刑事さんではありません。
年齢と、脚の長さが違うと言うと、呆れられますが。

 上の写真は、深川通り魔殺人の事件もので、左側が演出中の野上監督、真ん中が主演の友川かずきさんです。

ちなみに、この写真が25歳の頃の私です。




次回記事予告↓


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
 


世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 


間が悪い

kage

2016/03/04 (Fri)

 オーブングリルトースターレンジが壊れた!!!!。
なんと、タイミングが悪いのでしよう。
スタートボタンを押しても動きません。
うんともすんとも言わない!

 パソコンに続き・・・・。
今年で、ちょうど10年目の電子レンジが動かなくなりました。
時期的には仕方ないのかも知れませんが。
間が悪い・・・。
電子レンジ

 起動してしばらくは動くパソコン。
その間に、コメントの返事や更新をしています。

 それにしても、痛い。
どちらかを優先するしかないでしよう。
私的には、とりあえず、パソコンの回復を・・・。




にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
 

世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 

余談

kage

2016/03/03 (Thu)

深川事件記事の影響か?
もしや、壊れてしまったのでしょうか~!
*こんなのが出てしまいました。

クリックで拡大します。
↓(安心してください、これは画像です)
問題が

パソコンの調子がよくありません。




にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
 

世間(世間の事)最新記事へ戻る。