2016 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2016 03

蕎麦(ソバ)屋から出たら 、そこは刑事ドラマの事件現場のようだった

kage

2016/02/24 (Wed)

【 ここまでの経緯(いきさつ) 】

 お昼をまわると、都会の食事処が混むのは当たり前。
特にラーメン屋が混むことは、百も承知。

 何故か「ラーメンが食べたくなった」という先輩に連れられて、いつもより50分も早く食事に行く羽目に。
〝早く食べてしまうと、夕方には腹がすいてしまう”と思いつつも、ラーメン屋に向かう二人。
目的のラーメン屋着くと、11:30開店で、入口はまだ閉まったまま。
待つには時間が有り過ぎ。

 それではと、向かった先のラーメン屋は一度も入ったことのない店。
〝*来”と店の名が書かれたテントシートは薄汚れ、陳列ケースも食欲を抑える古めかしさ。
思わず言っていまう私。
「なんか、美味くなさそうだけれど・・・」
この言葉に反応したのか、停車場でバスを待つ一人の女性が、こちらに振り向いて店を凝視。

 〝仕方ない”と、ラーメンを諦め、お好み焼きにしようと先輩は言うけれど、〝お好み焼きじゃ腹は膨れぬ”と、心でつぶやく私。
ラーメン屋にケチをつけた手前、スゴスゴとお好み焼き屋に付いて行く事に。

ところが、ラッキーにも、店の主に11時半過ぎまで開けないと言われ、お好み焼きも諦め、隣りの蕎麦屋に入ったのでした。
蕎麦では、腹持ちが悪いのでカツ丼を注文。

 カツ丼を食べながらテレビを観ていると、突然画面に流れてきたテロップは、〝江東区深川に立てこもり事件発生”の文字です。

 外が騒がしい。
救急車の音、パトカーの音、消防車の音。
ヘリコプタ―の音、大きな拡声器の音。
入口に映し出される多くの人影。


【 ドアの外は、瞬間移動してやって来たテレビや映画の中の世界に思えた 】

 ビックリでした。
いきなり切り替わった画面に写し出された映像は、我々の食事している店の上空だったのです。
ざわめく店内。

 食事が終わったのは、それから10分近く経った12時10分頃。
入り口のドアを開けて、もっとびっくり。
普段は閑散とした場所が、人気スポットのような人だかりになっていたのです。

深川事件 驚く間もなく、次々とやってくる人たちを追いやるように数人の警官が全ての道路を封鎖しました。
新大橋通りと清澄通りの交差点の真ん中が、あっという間に三十メートル四方の空き地に早変わりです。

 すると、そこへ三台の灰色の護送車が到着。
メットに盾と棒をもった人間が次々と降りて来ました。
機動隊か。
あれよあれよという間に、百人くらいが周りを取り囲みます。
警察官を合わせれば、二百人近くはいたでしようか。
まるで、そこは刑事ドラマの事件現場のようでした。  

 事件現場へ向かう隊の後を追って、行った先にあったのは、つい50分ほど前に通ったラーメン屋の前。
取り囲む警官や救急隊員の間から見えた道路に倒れている物は、何だったのでしようか。
どうも、ただの立てこもり事件ではないようでした。

 次々と到着する報道関係者たち。
あちらこちらで、実況中継をしているテレビやメディアのレーポータの声が聞こえてきます。

 そこで、初めて知りました。
子供や女性を刃物で刺し、乳母車の乳児まで突き刺したことを知るのです。
もっと驚くべきは、もしかしたら入っていたかもしれなかった先程のラーメン屋に、殺人犯が立てこもっている事でした。

 バス停のやや下手に溜まった大量の赤い液体。
もしや、刺された女性の血なのか。
先程バス待ちをしていた女性なのか。
人質になった女性が、あの女性なのか。  


 更に、更に驚いた事がありました。
それは、 〝事件の起こった時間が、私たちがその場所にいた数分後だった” という事です。
 

 
 次回は、〝どこの週刊誌もテレビもネットも、未だに誰も報道していないし、知られていない事件の真相を聞いた” です。





にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
 

世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 

 

ラーメンをソバにして凶悪事件から難を逃れた

kage

2016/02/17 (Wed)

 【 それが起こった年の出来事 】

 1981年は、日本にとって宿命的大殺界の年だったのかも知れません。
それが証拠とばかりに、日本では類を見ない大事件や大事故が数多く起こった年とも言えます。

 いくつか挙げてみましよう。
皆さんは、どれだけ覚えていらっしゃるでしようか。
ピンクレディー(ペッパー警部)
・昭和で最も人気のあった国民的アイドルコンビ、ピンク・レディーが解散しました。
・国内でおよそ100年ぶりに新種の鳥発見ヤンバルクイナ
・日本人の死因のトップが、脳卒中からガンへ。
・『ウーロン茶』が世間に認知され、〝なめネコ”や〝ノーパン喫茶”が世間を席巻。
・元俳優のロナルド・レーガン氏が第40代米大統領に就任した年でもあります。
・日本にとって初の、マザー・テレサ来日もありました。
・当時、一番の大物作家であった向田邦子さんが飛行機事故で亡くなられました。
この飛行機には、野口英世を超えるとも言われた世界的に有名な日本人医師も、乗っておられたと記憶しております。
・日本の炭鉱完全閉鎖へ拍車をかけた、北炭夕張新炭鉱ガス突出事故
・東京地裁、小佐野賢治記憶にありません"に有罪判決。
・ロッキード事件丸紅ルート公判で榎本三恵子さんの証言、(蜂の一刺し
・世界一安全だったはずの日本初の偽造キャッシュカードによる現金引き出し事件
・日本人初のノーベル化学賞受賞、福井謙一さん。
・三和銀行大阪茨木支店行員伊藤素子の1億3000万円詐取事件。
・オランダ人女性留学生殺害容疑で佐川一政逮捕(パリ人肉事件)。
・ロサンゼルスで三浦和義氏の妻が撃たれた事件(ロス疑惑
 そして、私たちがニアミスした深川通り魔無*別殺人事件でした。


森下2 結局ラーメンを止め、ソバにした私たちは、注文して10分ほど待つとソバが来ます。
店の入り口上に設置されたテレビを観ておりました。
この年は、ビートたけしやB&Bが一世を風靡した年でもあります。
だから、テレビの番組はお笑い中心で、テレビに映し出されたのは漫才番組。
お昼近くになっても増えないお客の数は、時間的に早かったからだと認識していたので、僅か10分そこそこの時間で入口の先が一大事になっているなどとは、知る由もありませんでした。

 「ソバじゃ、物足りなかったな。」
「洋食にすればよかったですね。」
この蕎麦屋から道路を挟んだ正面が、私の行きつけの洋食屋だったのです。
ラーメンを止めてお好み焼きにしようとした為、こちら側に来たのでした。  

 外が騒がしい。
救急車の音。
『事故か。』
パトカーの音。
消防車の音。
『火事か。』
ヘリコプタ―の音。
大きな拡声器の音。
入口に映し出される多くの人影。
『事件か』

 突然、テレビの画面が切り替わり、映し出された場所に見覚えが・・・。
なんと、我々の食事している店の上空だったのです。

 次回は、〝蕎麦屋から出てみたら” です。


 さて、 この事件の時の犯人の年齢を御存じだったでしようか。
  29歳 でした





にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
 

世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 




運命に操られる事を経験する

kage

2016/02/10 (Wed)

【 それが起こった年 】

 それは、1981年6月17日水曜日の事でした。
記憶が正しければ、浜町までだった都営新宿線が、森下、菊川、住吉、大島まで開通した年だったと覚えています。
この界隈は開通イベント盛りだくさんで、特に賑わっていた年でした。

 【 スターがいなくなるとスターを獲得する巨人軍の不思議 】

  BASEBALL KING ニュース
原辰徳入団 その少し前に、東海大学から原辰徳さんが巨人軍に入団した話題が世間の中心だった年でもあります。
今では考えられないほどの人気を誇っていたプロ野球でした。
その中で最も人気のあった伝統の巨人軍に彼が入団したのです。

 巨人軍史上最大の看板スター長嶋茂雄選手が引退すると、日本の高校野球やプロ野球史上最も人気スターとなった定岡正二さんを獲得します。
そして、V9戦士で阪神の江夏豊投手と共に人気と実力ナンバーワンを争っていた堀内 恒夫投手が衰え始めた年、当時の日本の高校と大学野球の記録を次々と塗り替え、ドラフトの規則の盲点を突いた空白の一日でも有名な江川卓さんを獲得。
トップクラスの実力の持ち主篠塚三塁手がいるのに、彼より人気が見込める原辰徳さんを獲得すると宣言する巨人軍。
またもや、ドラフトで一番くじを引いてしまう幸運の巨人軍。
江川ドラフト問題より神がかり的な不思議な力で、人気者たちを次々と入団に成功させる巨人軍。

 長島監督退任の後の藤田監督に、前代未聞の引退による助監督というポストを充てられた王貞治選手の指揮官としての采配も注目を浴びていた年に、王選手に代わる人気者と期待の原辰徳さんの入団です。
プロ野球に興味のない人以外にとっては、これが話題の中心だった年でした。 


  【 何が起こったのか 】

 いつものように、お昼になると先輩と外食をする私です。
その頃は、食事に行く処がほぼ決まっていて、そのいくつかの店をローテーションしている毎日になっていました。
大体が、ステーキレストラン、ハンバーグ専門店、そして洋食屋、寿司屋、二か所の蕎麦屋、二か所の洋食屋、お好み焼き屋、ラーメン屋、魚料理の定食屋、あとは出前でたまに居酒屋。

 13日の土曜の昼は『長寿庵』から出前を取り、夜は、歌舞伎町の『くまもとラーメン』を食べに。
日曜は蕎麦屋に、夜はハンバーグ専門店に。
月曜日に洋食屋『煉瓦亭』に、その夜はポークソテーを食しに人形町『キラク』へ。
火曜日は昼間に寿司屋『多喜』へ、夜はもう一つの洋食屋さんに。
食後は、純喫茶『オアシス』か『珈琲館』か団子喫茶『伊勢屋』へ。

 いつもは、11時50分になると食事に出発します。
そして、問題の水曜日。
11時を過ぎたあたりで、先輩に食事に行こうと誘われたのでした。
急にラーメンが食べたくなったと言い出したのです。
開店時間の遅いラーメン屋も11時になれば店も開くので、混まない今のうちに行こうと。

 この近辺には中華料理専門店を除けば、ラーメン屋は2つ。
しかし、一番近くのラーメン屋は、まだ開いていませんでした。
仕方なく、10分近く歩いたところにあるラーメン屋に行くことに。
そのラーメン屋の店構えは古びていて、客足も多いように見えません。
考えてみれば、この店の前は何百回も通っているのに、一度も入ったことが無かったのです。

 つい、先輩に言ってしました。
「なんか、美味くなさそうだけれど・・・」
すると、
「そうか、そうだな。」
「お好み焼きにしようか」
急遽、広島風お好み焼き『どんどん亭』にすることに。

 店が、開いていません。
丁度現われた顔馴染みの店長が、11時半まで待ってくださいと。
「また、今度寄らせて頂きます」
結局、隣りのもう一つの蕎麦屋『京金』へ。

 この10分余りの一連の行動が、我々二人の運命を救ったのかも知れない事を、ほんの一時間後に知ることになりました。


 次回は、運命のいたずら。

 さて、この事件のあった町の名前は何でしょう。
森下でした。





にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
 

世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 

え~っと、誰だったけ、・・・あっ、思い出した

kage

2016/02/03 (Wed)

 【 とんだ失礼を・・・ 】

 度忘れすることって、ありますよね。
特に、人の名前を。
忘れてしまったからと言って、人に迷惑をかけたりしなければ、別に問題はありません。
しかし、本人を目の前にして間違うことはいけませんね。
間違われた本人がどれだけ傷つくか、考えも及びません。

次回の話は 歴史的凶悪事件と・・・  です。
内海好江 前を歩いていた大柄な女性たちが、ビューティーペアの二人かどうか、顔を確認しようとしていた時だったからでしょうか。
突然前からやって来た、十数年来、私がファンになっていた有名人の登場に焦ってしまったのでしょうか。
彼女が一人で歩いていたのなら、握手やサインを求めていたかもしれません。

 ビューティーペアの二人は、今、世界的に有名になっているASUKAこと華名さんの数倍の人気を誇った女子プロレスラーでした。
そんな二人だったら、もちろん、握手を求めるでしよう。
しかし、そんなタイミングで、女性漫才師として最も好んでいた彼女が現われたのです。
優先順位が替わってしまったのかも知れません。
ところが、度忘れをしてしまったのでした。
友人の問いかけに、すぐさま答えられないどころか、名前を思い出さない不始末。  


 彼女は、私達の目前に迫った瞬間、私たちが見つめる眼差しに応えるように、ニコッと微笑んでくれたのです。
私たちの前に近づくにつれて歩みを遅くしてくれていたのでしよう。
連れの男性が、突然歩みの遅くなった彼女に、気付いたようでした。
彼女は、『何でもないわよ』と言っているような手振りをします。

 声を掛けたそうにしている素振りが判ったのでしよう。
私の顔をちらりと見て、顔を赤らめながら通り過ぎてしまいました。
その瞬間、彼女の名前を思い出します。
そして、友人に教えたのです。

 『思い出した、庄司敏江さんだ!』
思わず、大きな声を発してしまいました。

 やはり、彼女は私達を気にしていてくれたのでしよう。
私のその言葉を聞いた途端、その言葉に反応し、右肩を大げさにガクッと落とし、コケる真似をしたのです。

 それを見た私は、
『あっ、間違っちゃったんだ』
と、気付きます。

 びっくりしたのは、彼女の連れの男性でした。
本当にコケかけたと思ったのでしよう。
肩に手をやり、気遣う様を目にします。

 そして彼女は、こちらをチラ見し、うつむき加減になりながら、去っていくのでした。
絶好の遭遇のチャンスに、ファンとは呼べそうもない大失態をやらかしてしまった訳です。

ビューティーペア それだけでは、ありません。
反対側にいたはずの女子プロレスラーらしき二人も、見失ってしまいました。
はたして、ビューティーペアの二人だったのか。
確かめることは出来なかったのです。

小堺一樹 それからだいぶ経った頃、人気テレビ番組に彼女がゲストで登場しました。
残念ながら、今年3月一杯で終わってしまう小堺一樹さんのお昼の番組です。
この番組の中で、彼女の話したエピソード。
それは、まさしく、私と彼女が出会ったあの浅草での出来事そのものでした。
全く同じ経験を他でしていない限り、この出来事であるに間違いはないでしよう。

 そして、この番組に出演したほんの数年後に、天の国へと彼女は召されてしまったのです。 



 さて、次回の有名人は・・・。

有名人とのエピソードは、しばらく後に・・・。
そして次回は、事件や事故との遭遇話を。
浅草橋襲撃同時多発テロ事件や、蔵前橋交差点首なし事故、四ツ目通り夢の中のおじさん登場事故等、大きな出来事に遭遇してしまっている私ですが、これらよりも更に大きな事件に遭遇した話を。

 さて、次回の遭遇話は、
  歴史的凶悪事件と…した事です。




にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
 

世間(世間の事)最新記事へ戻る。