2015 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 01

ファンが押し寄せて来た!

kage

2015/12/20 (Sun)

 【日本一のホコ天】

 都営新宿線森下町駅を降りて、清澄通りを門前仲町の方に向かって歩いていくと、日本一時間の長くて距離の短い歩行者天国がありました。
今では、その歩行者天国を高橋のらくろード(高橋商店街)と呼ぶようになっています。
 
 私が住んでいた頃のこの街は、よく賑わっていました。
将棋を打てる碁会所のようなところもある、何とも江戸風味を残した街です。
しかし、この近くにある森下町の端には、外国で云うスラムのような場所の名残がある街でもありました。
そして、何かと大事件や大事故の現場に、偶然にも居合わせてしまう私でしたが、この街でも遭遇してしまいます。

 その前に、他愛もないホコ天(歩行者天国)でのエピソードを。

 【代々木歩行者天国】

 代々木公園の横の大きな道路が歩行者天国になると、家族連れやアベック(カップル)中心の場所であったこの公園も、若者中心の場所に変化して行きます。
昼日中(ひるひなか)から公園で寄り添って寝そべったり、過激にいちゃつく様は、まるで解放された異国の場所に来たようでした。
特に十代だった私にとっては、目のやり場に困るような場所になります。

 しばらくすると、ジョギング族やラジコン族が現れ、広い敷地を占拠するようになりました。
しかし、半年もすると、大道芸や楽器を奏でる者や集団でダンスの練習をする者などが現われてきます。

 【原宿、歩行者天国】

 十代 歩行者天国になって久々に原宿駅で降りると、何かのお祭りでもあるのかと言わんばかりの人出になっていたのでした。
大道芸などのパフォーマンスを観たいと言う先輩とやって来た代々木公園に近い原宿駅でのひしめくような人の多さに、歩行者天国もここまで浸透したのかと驚きます。

 私たち二人が、混雑を避けるようにスクランブル交差点を公園入口に向かって歩いていると、前方より女子中高生二十人くらいの集団が、カメラ片手に奇声を挙げながら突進して来たのです。 

 【女子中高生のファンが押し寄せて来た】

沖田浩之 普段、私たち二人の時は、六本木や新宿だけの繁華街だけでなく、住んでいた地元の会社や茶店や街中でもOLや女学生達に声を掛けらた事が何回もあったので、それほど驚くこともなく立ち止まり、彼女たちに対応しようとしました。

 彼女たちは「キャーキャー」叫びながら、私達を取り囲みます。
よく見れば、「なんだ、なんだ」と言いながらも『やれやれ』といった表情をしている私達の顔を見る子は少なく、私たちは、私達のすぐ後ろの何かに彼女たちが集まっている事を理解しました。

 私たちが振り向くと、彼女たちは、2メートルほど後ろにいた奇抜なファッションの小柄な男の子に媚びていたのです。
何とも恥ずかしい態度を取ろうとしていた私達でした。
普通ならば考える間でもなく、女子中高生の集団が突然奇声を上げながら一般人に近づくハズもない事くらい気付くハズなのです。
あぁ~ぁ、勘違い。

 小柄で竹の子族のヒーローであったその男の子の顔は、印象的でした。
そしてその子は、金八先生へテレビドラマ出演し、歌手デビューしたのです。 

 (///∇///)


少しでも共感していただけたなら
ぜひ、クリックを。





にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
 

世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 

 平成生まれの人達の知らない言葉や物

kage

2015/12/15 (Tue)

 【 昭和生まれですけれど、何か? 】 

 昭和天皇崩御の年、昭和64年(西暦1989年)は一月七日で終わってしまいました。
そして、平成になって27年間の月日が過ぎ去ろうとしています。
当時まだ20代だった私も、それだけの歳を重ねている事に。

 平成生まれ(26歳以下)の人間たちと話していて、時々、彼らが首をかしげることがあります。
週2本の音楽番組と10本以上のドラマ(海外ドラマを含む)と10本以上のバラエティと20本以上のアニメを観ている私ですので、若者言葉を除けば若者の話題にも充分対応出来ると思っておりました。

 平成の人間たちの流行り言葉が使えなくても、何ら問題はありません。
しかし、20代頃の出来事として話す内容に、彼らは質問を繰り返します。
そこにそれらが、昭和時代の遺物になっている事に気付かされるのでした。

 彼らも当然知っていると思いながら話していたけれど、彼らが知らなかったものを挙げてみましょう。

○ インベーダー      ○ 純喫茶
○ ビックリマン      ○ キーパンチャー
○ プッシュホン      ○ 黒電話
○ 電信柱         ○ 8ミリテープ
○ バカチョンカメラ    ○ マル優
○ コーク(コーラの愛称) ○ アイスキャンディー
○ 砂消し(ペン消し)   ○ 超合金
○ ラジオカセット(ラジカセ)○ 駅の伝言板
○ 野球盤         ○ けろけろけろっぴ
○ アメリカン・クラッカー ○ モンチッチ
○ ゴロ・ピカ・ドン    ○ 即席ラーメン
○ フーテン        ○ ヒッピー
○ たいやきくん      ○ 竹の子族
○ とらばーゆ       ○ なめ猫
○ 花金(キン)      ○ 金妻

(o´д`o)=3

 昭和って、もう30年近く前の事なんだと、改めて驚くばかり。
歳を取るのが早いのではなく、月日が過ぎ去るのが速いのだと痛感仕切りの今日この頃です。


少しでも共感していただけたなら
ぜひ、クリックを。





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
 

世間(世間の事)最新記事へ戻る。
 


日本人の子供達を、未来永劫いじめられっ子にした南京虐殺の世界遺産登録。

kage

2015/12/09 (Wed)

 一か月半のごぶさたでした。
完全復活は、もう少し先になるかもしれませんが、徐々に更新して行きます。

 さて、たったこのひと月半の間にも、目まぐるしい出来事が休む間もなく続いていました。

「南京大虐殺」が世界記憶遺産登録 

 1948年より始まった世界の文化財などを守ろうとする運動で1975年に発足した世界遺産委員会。
この委員会の運営資金の殆どをアメリカ、日本が負担し、1978年の、十二の第1号の世界遺産リスト登録が行われます。
その後、世界遺産登録で力を持ったこのユネスコは、世界遺産登録を目指す国々の争いを尻目に権力が増大して来ました。

 最初こそ、アメリカや日本に遠慮がちだったこの組織も、国際サッカー連盟 ( FIFA) に並ぶくらいの存在に成長した結果、その数多く申請されたものに対するちゃんとした資料の審査が簡素化され、独善的な団体になってしまったのでしょうか。

 南京大虐殺事件を遺産化したことに対して、日本政府は猛抗議します。
負担金の凍結を諮詢(しじゅん)したのでした。
しかし、経済的に潤っている中国は、日本の負担金を肩代わりするくらいのお金は「習近平が支払う」との憶測が流れます。
そんなことになれば、日本の負担金という障害が無くなったこの委員会に対して、中国韓国が慰安婦に関する遺産登録などの日本人にとって不利益な登録運動を展開する行動に出ることは間違いない事だったでしよう。

 日本の意思に反して登録された時点で「負担金を無くすぞ」という脅しをしたことは、日本の政治交渉能力の低さを露呈させたも同然でした。
力を鼓舞し、相手をねじ伏せるやり方は歴史に学ばなければいけなかったのです。
世界のみならず、日本の戦乱の世の戦いを見れば一目瞭然。

 世界遺産登録がなされた時点でやる事、それは、
「負担金を凍結した」です。
「するかもしれない」は、それに関する対策を練る時間と日本に対する反撃のチャンスを与えるだけなのでした。

 この登録によって、世界に住む日本人の子孫たちは、虐殺した奴らの子孫として未来永劫イジメの標的にされる可能性が高くなった事は言うまでもありません


○ 安保についても

 日本で起こった反安保運動の結果、もし沖縄からアメリカ軍が撤退していれば、中国が侵入占拠する事は確実です。
過去の何千年の歴史で、隣国が領土を侵略されなかったり、しなかった国は、たった一つもありません。
何処の国の過去の歴史をたどっても、侵略を決行しなかった国は存在しないのでした。
チャンスさえあれば、領土拡大を狙っていると考えるべきなのです。

 日本を含めた世界の歴史上の戦争の英雄の殆どが、領土を領土拡大に成功した人物なのだと理解するべきでしょう。
イギリス軍が軍隊の縮小をした途端、アルゼンチンに占拠されそうになった話は有名です。
雇用問題を抱え、財政的にも貧窮していたイギリスは、議会の決定によるフォークランドからの軍の撤退をしました。
そこを、アルゼンチンは狙います。
怒り心頭、その時の首相サッチャーは、議会の反対にも無視して数多くの軍隊を派兵し、フォークランドの奪還に成功しました。
ここで、鉄のサッチャーと云う英雄が誕生したのです。


少しでも納得していただけたなら
ぜひ、クリックを。






にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


世間(世間の事)最新記事へ戻る。