2014 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2014 12

本質が解っていない経済経営学の専門家達と政治家 その1

kage

2014/11/25 (Tue)

 【 的を射ていない景気回復の専門家達 】

 景気が良くなる為の条件とは 何でしょうか。
     
  1. 国民の購買意欲が増すこと
  2. 物が売れること
  3. 雇用が促進されること
  4. 海外取引が増えること
  5. 生活に金銭的余裕が持てること
  6. 株の高騰
  7. ベンチャー企業などの増加
  8. 若者の雇用の促進
  9. 女性の雇用の促進
  10. 高齢者の雇用の促進
  11. 公共事業などの増加
  12. エトセトラ

下へ続く

   
 にほんブログ村 小説ブログ コラムへ にほんブログ村 政治ブログ 景気・雇用対策へ
応援クリックを。

上の続き

 バブル崩壊の後、超大手企業の経営者達や経営のカリスマと呼ばれた人、IT関連の成功者達や経済の専門家と呼ばれる人達、各方面の専門家や成功者達が、あの手この手で政府に協力したり、独自の方法論をメディアで述べたり本にしたりしました。
しかし、一時的回復を入れても、ほとんど効果が無かったのは 周知の事実でしょう。

 何故でしょうか。
それは、物事の根本と本質が解っていないからに他ありません。
たとえ解っている人がいても それを言わないのは、彼らにとって不利益を被る可能性があるからでしょうか。

 世界、いえ、日本における歴史を検証し垣間見れば、いとも簡単に景気は良くなります。
しかし、資本主義社会に於いてこれを実行する為には、強力な指導者が必要なのかも知れません。

 次回より、これまでの景気対策のやり方の間違いと簡単に経済が活性化する方法を、数回に別けて述べて行く事にしましょう。



世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。

おかしな国、日本の政治

kage

2014/11/19 (Wed)

 【 高倉健 】 
 昭和で活躍した最後の漢(おとこ)と言われた最高の男、スター高倉健さんが この世を去りました。
御冥福を 祈ります。

 【 解散・選挙 】

 またまた、やってしまいました。
日本の政治家は、国民のどんな声を聞いて 物事を判断しているのでしょう。
ちゃんと聞こえていれば、ましてや、こんな忙しない時期にやる事ではありません。

 戦後の教育において、一番の詰め込み教育と言われる時代の申し子のトップの総理大臣となった安倍さん。
スポーツ音楽等を除き、 あらゆるジャンルの世界最大の詰め込み教育を受けた世代のトップ達は ノーベル賞を連発受賞しているのも当然であります。
その日本のトップは 世界でもトップに成れるはずだったハズ。
所詮、日本の政治は 世界に対して、未だに三流を証明するかたちになってしまいました。

 何十年ぶりに、期待のもてる総理の登場と信じていましたが、最近は やる事成すことお門違いのこんこんちき状態。
またもやマスコミに誘導される形の解散選挙。
税のアップ等も やって批判を受けたのならともかく、行動を起こす前にやるべき事でしょうか。

 今回の選挙は 愚かな民主党を始めとする野党が仕掛け、墓穴を掘るかたちになったことは 明らか。
多少の議席を減らそうが、自民・公明党の勝利は 間違いないのに。
結果が解っている事をあえてやってしまう意味を、世界は どう判断しているのでしょうか。
もはや市場は、自民・公明が300議席を獲れるかが 、話題になっている現状。

 小渕大臣等の金の流れなど、あんなに時間をかけて国会でやる事だったでしょうか。
まずは、日本国民の生活と安全を優先するのが、国民の代表達の務めにも係わらず、相手を蹴落とす事、自分が優位に立つことを優先し、国会の進行を止めてまで 国民の税金から出費する時間給を稼ぎ、中国サンゴ・韓国慰安婦問題、北朝鮮拉致核問題もそっちのけでどこへ行くのやら。


 次回は、これらの中から、経済を簡単に活性化する方法を 絶対にやらない日本と世界の資本主義の国々の予定です。


   
 にほんブログ村 小説ブログ コラムへ にほんブログ村 政治ブログ 景気・雇用対策へ
.


世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。

納豆大好き その2

kage

2014/11/14 (Fri)


 【 本場のお土産 】

 前回、納豆の記事を書いている時、思い出した事がありました。
それは 私が小学三年生の頃の事です。
三日間の組合の研修旅行で、茨城県の水戸に行っていた父が お土産を持って帰ってきました。

 「本場の納豆を 買ってきたぞ。」
私達 子供は 大喜びします。
「なっとう、なっとう!」
私と兄がはしゃぐと、それに釣られた弟たちまで はしゃぎだしました。
「なっとう、なっとう!」
母も祖父母も 大笑いをします。

 自慢げに、「これが本場の納豆だ」と、父が 大きな袋から取り出した物は、藁(わら)の小さな束(たば)でした。
その束は、大きな袋にいっぱい入っていたのです。
「うぉ~!」
私達は さらに興奮。
「こんなにいっぱい、食べきれないね。」
私が 喜び満面に出した顔で言うと、がっかりな返事が 返ってきました。
「家で食べるのは 二つだけ、残りは 近所の人と親戚への土産だ。」
これだけあれば、納豆食い放題と思っていた私達は がっかりします。

 本場の納豆を、食する時が来ました。
父が、もったいぶるように藁を開くと 強烈な匂いがしたのです。
私達は この異臭に耐え切れず、その場を離れてしまいました。

 「しまった、腐っている。」
他の束も開き、次々に匂いを嗅いだ父は、納豆の藁を袋に戻しながら がっかりした様子で こう言ったのです。
「初日に買って、2日も経ってしまったから、腐ってしまったのかもしれない。」
「参った、全部腐ってしまった。」
「これじゃ、土産として渡せないな。」
「南の地方に、納豆が無い理由が解ったよ。」
そして、その本場の納豆は 私達の口に入ることなく、翌朝、庭先で 異臭を放ちながら袋ごと燃やされてしまいました。

 結局、私は 藁に包まれた納豆しか見ていなかったのです。
その時は 藁に包まれた本場の甘納豆が 腐ってしまっていたのだと、ずーっと 思っていたのでした。
だから、会社の食堂でも、納豆が出された時に あの納豆と同じものとは 判らなかったのです。
藁の束に包まれていれば、思い出したかも知れません。

 その時の父は 納豆が 甘納豆で無いことを解っていても、あの納豆独特の臭いは 知らなかったのでしょう。
普段無口な父が、滅多に見せない表情で 軽快に話していたのに、突然落胆した表情をしてしまった事だけは いまでも 私の記憶に残っているのです。


 次回は、最近の世の中の出来事に 少々論する予定です。

 

 少しでも気になったらなら、クリックを。
 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 

にほんブログ村 トラコミュ 完全ノンフィクション~添加物なし~ へ
完全ノンフィクション~添加物なし~ 
(世間の事も参加)

世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。

納豆大好き その2・・・のはず

kage

2014/11/11 (Tue)

【 えーっ! 】

*6日木曜の深夜 新記事を書き、日付が変わると同時に 記事保存ボタンをクリック。
無事送信のはずが、パソコンの画面が真っ白になり フリーズ状態。

 まったく動かず10分間。
何かしでかしてしまったかも知れないと、あちらこちらの配線を調査。
異常なし。

 電源を落とし、再アクセス。
“FC2にアクセス出来ませんでした、再度ログインして下さい。”の冷たい文字が表示され。
再度、アクセス。
繋がらない。

 何回も挑戦するうちに、やっと接続。
画面に 表示された文字を見て 脱力。
“ただいまメンテナンス中、しばらくしてから・・・・”

 なんて事!。
長々と書いた記事はどこにも保存されず、消失。
「えーっ!」
再度記事を書き、アップする気力も消失。

 FC2では 通信障害のようなことが、あちらこちらで起こっているようですね。
FC2に限らず、バージョンアップした最近のパソコンでは 起こりえないのかもしれませんが、2,3年前までのパソコンからアクセスすると 画面が崩れるサイトが増大。
あの、JRAのホームページまでも大きく崩れて、問い合わせが殺到しているようです。
さてこれは 中国や韓国からのクラッカーによるものなのか。
それとも、売れ行き不振のパソコンを買い換えさせる為の 大掛かりな策略か。

 気がつけば深夜の3時を回り、もはや朝とも呼べる時間に。
翌日からの4日間眼は パソコンの文字が歪んで見え、目薬を点しても 画面が白内障のように、薄ぼんやりゆがんでしまう始末。

 本日やっと落ち着いて 記事を書き始めることにします。
まずは、前回のアクセスの不具合を少々書いて、本記事に入るつもりが このボヤキ記事で終わってしまいそう・・・。
いや、終わる事になってしまいました。

 次回こそは 納豆大好き その2を。

 
 少しでも気になったらなら、クリックを。
 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  クリック ありがとうございます



世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。