2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

ちょっと芸能裏話 (阿久悠マジック その4、百恵に負けてはならない理由)

kage

2014/06/21 (Sat)

【 ホリプロ三人娘森田健作 】

 前回予告の(阿久悠マジック、天地真理と淳子と百恵に石川さゆり)は 次回に持越しする事を お詫びいたします。


 当時、新人歌手を売り出す為の宣伝費は500~1,000万円と言われています。
あの 桜田淳子さんや森昌子さんでも3,000万円位だと言われていました。

 南沙織さんの後に続くアイドルのいなかったCBSソニーは どうしても山口百恵さんを トップアイドルにする必要があり、例外的に1億円の予算を計上したと言われます。
それは、桜田淳子さんより、売れてもらう必要があったからでした。

   三人娘を 売り出す為に作った映画
  (和田アキ子・森昌子石川さゆり山口百恵

ホリプロ3人娘 山口百恵さんデビュー 森昌子さん、石川さゆりさん、山口百恵さんを 三人娘として売り出したかったホリプロダクションと思惑が一致。
「大きなソニー、大きな新人」とソニーが売り出せば、ホリプロも「ホリプロ三人娘のひとり」として 売り出します。

 そう考えると、もし桜田さんが ホリプロダクションに入っていたら、山口百恵さんの成功も、石川さゆりさんの現在も 無かったかもしれません。 
 
 何故、桜田さんより、売れてもらう必要があったのでしょうか。
当初、ホリプロは 桜田淳子さんの獲得に ほぼ成功していたのでした。
スター誕生史上最高の25社のし烈な競争を勝ち抜き、桜田淳子さんの両親と本人の了解まで得て 契約寸前まで行きます。
最高の金の卵の彼女が加入する事で、ホリプロダクションは 当時の最高峰“渡辺プロダクション”を超え、名実ともに 歌謡事務所のトップの座に君臨する願いが成就する筈でした。

 西郷輝彦さんの相澤秀禎マネージャー(後のサンミュージック社長)は 業務成績不振と素行不良が原因で会社を退社する時、西郷さんを引き抜き、彼と共に芸能事務所“龍美プロ”を立ち上げました。
会社をサンミュージックに改名後、森田健作さんの売り出しに成功します。
しかし、彼に続くスターのいなかったサンミュージックは  どんな事をしても、次のスターが欲しかったのでした。

 そこで目を付けた 桜田淳子さんの獲得に乗り出すも、ホリプロダクションに 先を越されてしまいます。
他のプロダクションが 彼女の獲得を諦める中、彼は 阿久悠さんをはじめ、スター誕生の関係者を説得するのでした。
「ひとつの大きな会社が スターを独占するのは おかしい。」
すでに、ホリプロは 森昌子さんや大勢の売れっ子の歌手をスター誕生から獲得していたのです。

 当時のプロ野球界で 一人勝ちだった巨人軍のように、金のあるところだけが更に潤うのは おかしい、混戦こそが人気の秘密、一強では 歌謡界の為に良くないと。
森田健作です

 結局、阿久悠さんや、スター誕生の関係者の説得をすることになります。
相澤さんの力説に、彼らは 納得し、相澤さんと一緒に桜田さん一家を 説得に行くのでした。
結局、桜田さん本人や彼女の家族が折れ、サンミュージックが 彼女の獲得に成功します。
ホリプロに行くと思っていた 多くのファンやマスコミを納得させる為、桜田さんに「大好きな 森田さんの事務所に行く事に決めました。」と言わせたと言われています。
 
 この事により、サンミュージックは 名声得て、更に彼女に影響された松田聖子さんをはじめ、トップスターを 次々と輩出する事務所になって行くのでした。
そして、阿久悠さんは 桜田さんを “最高のトップスターにしなければならない理由”が ここに出来ていたのです。
スター誕生優勝の瞬間 デビュー前の14歳の少女をめぐって、芸能界の裏側は 大激震していたのでした。
あの手この手の争奪戦が展開されていた事を 世間の方々は 殆ど知る由もなかったでしょう。
そして40年以上の間、これだけのオーラを纏った(まとった)スターの卵は 未だ現れていないのが現実なのです。

 残念なのは “本人がその事を ちゃんと自覚していなかったのでは”と言う事でしょうか。

 
  百恵と淳子、萩本欽一が「誕生!」の瞬間を初激白


 次回は 天地真理と淳子の事です。


 クリック いつもありがとうございます。
殆どの画像にマウスを乗せると コメントが出ていたのを御存知だったでしょうか?。

 少しでも気になったらなら、クリックを! 

次回は 百恵さんの事を少し  石川さんの事も 阿久さんが百恵さんに惹かれてしまいます 楽しんで頂けてるでしょうか





世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る