2013 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 05

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと芸能裏話 (阿久悠マジック その3、桜田淳子)

kage

2014/06/18 (Wed)

【 スター誕生 】

 1937年2月7日 の田舎生まれの彼は、父親が警察官と言う事もあってか、思う存分はしゃぐ事の出来ない子だったようです。
戦争で兄を亡くし、帝国主義から、民主主義に変わった時のジレンマを「昨日良かった事が、今日からは悪い事に。
昨日までは怒られたことが、今日からは褒められる世の中になった」と、話しています。

 彼は、「野球と映画と流行歌を、僕は 大人になってから、民主主義の三色旗と呼んだ」と 著書に書いていました。
この三色旗(さんしょくき)を “三色すみれ”の読み方に繋なげ、世間に知らしめたかったのでしょう。
そして、世間は 彼の思うツボのように そう認識するのです。

 彼は トーク番組で 阿久悠というペンネームにした経緯を 聞かれました。
普通、本名の深田公之(ひろゆき)を もじったり、憧れの名を付けたりするのですが、彼の場合は 違います。
友達にアクが強いとか、悪友と言われたり、英語で星座を「あなたは みずがめ座?」“アクエリアス ユウー”と聞かれたりとか、「ACT YOU?」等の事から、“阿久悠”を付けるのが 運命と思っていた感もありました。

  「また逢う日まで」、「朝まで待てない」、「白い蝶のサンバ」、「さらば涙と言おう」、「さよならをもう一度」、「こまっちゃうな」、「あの鐘を鳴らすのはあなた」、「先生」、「ピンポンパン体操」等で、すでに 大作詞家になっていた彼を ときめかした 運命の女の子が現れたのです。

 1972年(昭和47年)7月19日、当時中学2年生(14歳)の時に日本テレビの人気オーディション番組『スター誕生!』の秋田予選会場に現れた少女に 心を奪われてしまいました。
それも、二十歳も年下の 中学生に。
(今だったら、ロリコ*の 変人扱いかも)

 苦い少年時代を過ごした彼は 真剣に、女の子に恋心を抱いた青春時代が無かったのでしょう。
これが、彼の初恋だったのかも知れません。(後の著書にもこの出会いの衝撃を書いています。)

 淳子に心ときめいた



 一方、彼が、「君は 人気歌手(主役)になれない、ドラマの妹役ならなれる」と批評した山口百恵さんが 活躍するたびに、彼は 彼女の前に立ち塞がって行くのでした。


 次回は、百恵に負けてはならない理由の事です。



 * なつかしの番組 
 山口百恵さんがブレイクする前、夢の共演と言われた、森昌子さんと桜田淳子さんが出ています。
 後には 共演しまくりますけれど。

     TVドラマ「てんつくてん」最終回オープニング (音声のみ)




 *余談
 みなさんは 癒されていますか?
犬猫ブログが上位を独占しているランキング、世の中の人達が癒されたがっているのが 分る気がしますね。

 そういう私も、この世知辛い(せちがらい)中、癒しを求めています。
写真ブログは もちろん、癒されました。
しかし、今、犬猫ブログに一番癒されているのです。
どんな可愛い犬猫なんだ?ですか。
ん~、生きていないんです。
かと言って、死んでもいないんですが。

とりあえず、覗いてみませんか。
なぜか、見ているだけで 癒されています。

       すもものどーる日和
       ちりめん猫のハンドメイド日和      




 クリック いつもありがとうございます。
殆どの画像にマウスを乗せると コメントが出ていたのを御存知だったでしょうか?。
 
 少しでも気になったらなら、クリックを!

次回は 百恵さんの事を少し  阿久さんも人の子 阿久さんが百恵さんに惹かれてしまいます 43歳以下の人興味無いかも





世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る

 
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。