2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

衆議院総選挙の結果の不可解 ( 最終章前編 )

kage

2015/01/23 (Fri)

 【 衆議院選挙 】

 昨年末の衆議院選挙は、“自公圧勝・民主惨敗・共産躍進・維新伸びず”という見出しが殆どのメディアで取り上げられました。
しかし、不思議な事に気付かれましたでしょうか。
改選前に比べ、自民は3議席減らし、民主は11議席増えています。
本来なら、自民微減、民主躍進と付けるべきでした。
ここに、メディアの民主党には、再び政権に就いて欲しくないと言った想いが現れています。

 頭の回転の良い安倍総理と、回転がちょっとの海江田代表との差が出た選挙でした。
安倍総理は、選挙前に自公で安定目標317議席、もしくは3ぶんの2以上の確保と述べたの対して、海江田氏は再び政権の取れる政党を目指すと宣言します。

 改選前に比べれば、低い目標の安倍総理に比べ、海江田氏の目標は現実離れした目標でした。
結果的には、海江田氏が落選したことで党の代表は交代することになります。
しかし、元代表でその時に何も出来なかった岡田氏を党の代表に再就任させるという、相も変らぬ愚かな事をやってしまいました。

鳩山由紀夫  管直人  岡田克也  前原誠司

人気ブログランキングへ にほんブログ村 コラム FC2 Blog Ranking


*初代の菅直人・鳩山由紀夫代表の功績は結党を達成した事 <---結果的に国民を翻弄。
*二代目の菅直人 <---理想を語るだけで何も出来ず。
*新生民主党初代の菅直人 <---国会を混乱させただけ。
*二代目の鳩山由紀夫 <---選挙で議席を伸ばすも小沢氏の言いなりで何も出来ず。
*三代目の菅直人 <---年金問題で国会を混乱させ、自らも年金未納で退任。
*四代目の岡田克也 <---きれいごとを並べるだけで、これまた何も出来ず。
五代目の前原誠司 <---党内を混乱させ、結局何も出来ず。
六代目の小沢一郎 <---真打ち登場で選挙で民主党大勝も、その後何も出来ず辞任。
七代目の鳩山由紀夫 <---何も出来ない人をまた選ぶもマスメディア等の後押しで選挙に大勝し、初の民主党の首相に。
案の定、言うこ事とやる事が違いチグハグ、そして辞任。
八代目の菅直人 <---またまた懲りずにこんな人を選んでしまう民主党。
震災での対応等、結果は日本を窮地にたたせ、やる事なす事おかしな行動ばかり。
九代目の野田佳彦 <---歴代代表の中でまともな発言を繰り返すも、前代表の震災での対応の不手際が響き、選挙惨敗で辞任。
十代目の海江田万里 <---野田前代表に次ぐ良識派も政治家としての資質が今一で、代表が選挙落選という汚名を作り辞任。
十一代目  岡田克也(新代表) <--- またもや懲りずに何も出来なかった人を再び選んでしまう民主党、先は見えてしまいました。

人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

小沢一郎 野田佳彦 海江田 万里 岡田克也

 次回は、最終章後編。
JA改革が景気を更に後退させてしまう可能性が大きい事を全く理解していない安倍政権と、就職難を解決する簡単な方法です。


イイネ!   にほんブログ村 小説ブログ コラムへヨイネ!

ヨカッタヨ!





世間(世間の事)評論家
 最新記事へ戻る。